Posts categorized "恋愛"

Jan 15, 2019

今朝の二度寝の夢では、女子を背負い駆けていた。

まるで、日曜に見た「いだてん」のフラッシュバックのようだが、背負った女子の膝裏の感触が、掌に残っている。

Lrm_export_172061692193309_2019011

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 18, 2018

二十六年モノ

Lrm_export_654307461935_20181218_1

二十六年前、当時の交遊関係のツテで入り込んだファミリーセールにて三掛けで手に入れたYin & Yangのフラノの紺ブレ、
今冬初稼働。逆光に照らされるとちょっとアレに見えるけれど、まだまだ充分に着られる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 22, 2018

ヒョウメンチョウリョク

Lrm_export_5379369461435_20181122_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 22, 2018

写真展五日目、わいわあーい♪

in my neighbourhood - USHIO Masato volume 4
ご来場有り難うございます。本日は、18時でお仕舞いでした。

Lrm_export_20180722_172606

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 29, 2018

二十数年ぶり、

ドラマロケ中の松たか子を目撃し、連れに「あ、松たか子だ」と呟いて、ご本人からガン見喰らって以来の阿佐ヶ谷。

Lrm_export_20180629_222128

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 20, 2018

急転直下、店仕舞い

Lrm_export_20180520_174634

先週末から急転直下、「居抜き」で引き継ぐハナシが没となり、「ほうとう家」は店仕舞い、そのお手伝いに常連客が集った。
…いまの心持ちを精いっぱい取り繕うとするならば、まるで笠間の陶器市状態。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 12, 2018

三か月ぶりのカウンター

Lrm_export_20180512_183131

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 22, 2017

まだ一匹鳴いている。

ふだんはほとんど猫を見かけない自宅周辺で、昨夜半過ぎ、二、三匹ほどが野生の雄叫びを鳴き交わしていた。
そのうちの一匹が、まだ鳴いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 14, 2017

今朝は…

昔懇意にしていて、十年間ほど音沙汰知らずの方が夢に現れ、その人の体臭まで嗅ぎとれるほど近づいたところで目が覚めた。
コレってなんだろう?
日曜から連夜のスキャンで十四コマ取り込んだが、今夜はどうだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 29, 2016

マエバラニシノハテノハテ

On May 28th
minolta SR-1 series V Black Paint, W. ROKKOR-QH 21mm F4, CONTAX 55mm P-Filter, Voigtländer
21/25mm View Finder via SR Series Shoe Adapter
and Kodak Ektar 100
scanned with OpticFilm 8200i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r4)

2016052813_2

2016052817_2

2016052820_2

2016052824_2

2016052825_2

2016052830_2

2016052833_2

21/4の黒い恋人を連れ出し、吹上リハビリから駅前クリニックへ通院ハシゴ。
薬局待ちの間、昨春は28/2.8の新妻と恐る恐る潜入した前原西二丁目の最果てまで撮り歩いた。

裏路地だらけの界隈の裏路地をショートカットして線路沿いの谷底へ至り、そこから最果てへの上り坂を辿ろうとしたが
その先の道筋は去年以上に荒れ、飛び石状のコンクリ片と泥と水溜まりが行く手を阻んでいた。

総武線の下へ向かって潜ろうとする御成街道の側道へいったん迂回しようとする僕の前を横切って、ゴミ屋敷を囲む塀
の上に佇んでいた痩せ細った茶虎の猫は、よもや二年前に姿を消したヒョウちゃんではあるまいが、狭い階段を上った
側道沿いのバーの店先で見たシルエットは、そうだったのではないか。

…去年とは逆のアプローチで辿り着いたそこは、総武線と御成街道が鋭角を成して交差する最果ての舳先を見下ろす
マエバラニシノハテノハテだった。

例によって高山写真館にラボマシン・ホットスタンバイをお願いしておいてから現像を依頼。薬局に取って返して、豆を
仕入れてから戻ると上がっていた。去年は翌月の初個展に向け準備が進みつつあったが、開催日が凡そ一カ月遅い
今年は、修行に忙しい中、これから本格化させようとしている。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

より以前の記事一覧