カテゴリー「旅行・地域」の記事

Mar 14, 2019

お茶とフレーム、

Lrm_export_67211107212900_20190314

アイアイエーギャラリーさんから届きました。これで、「フォト茶Vol.01」出展の支度が進みます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 11, 2019

ゲッコーレッドラベルプラスミキワメチュウ

Lrm_export_139828213373836_2019031

果たして、シルバーラベルやブルーラベルのように、日ごとに締まりゆくか?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Mar 10, 2019

ウラハラルサール

2019030922_2

2019030925_3

2019030926_2

2019030927_2

20190309290_2

およそ四年半ぶりにウラハラへ潜入し、ヒカリノアリカへ。陽が長くなった。

On March 9th
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Voigtländer 21/25mm
Viewfinder, Lense Hood engraved "f=2.1cm 1:4 Nikon F JAPAN" via MARUMI Step-up Ring 49-52
and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 09, 2019

ヒカリノアリカニアリ

Lrm_export_82553640762354_201903_2

ようやっと足を運べた写真展「光の在り処〜未来を紡ぐ北星学園余市高校〜」、本日は19:00まで。
いよいよあす、3月10日(日)11:00〜17:00まで

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目14−5 Cabina表参道 1F

イイですよ!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 06, 2019

Royal Mail Arrived.

Lrm_export_30790682619396_20190306

英国のRoyal Mailはホントに速達。一週間で届く。
…あ、コレは、フラグシップ駄カメラことCanon Autoboy ZOOM Superの輸出版、Canon SURE SHOT ZOOM XLの取説。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2019

Bye bye TrackBacks.

201902170208_2

まずは告知です。いよいよあすから、写真展「光の在り処〜未来を紡ぐ北星学園余市高校〜」が始まります。

2019年3月6日(水)~3月10日(日)11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)
ピクトリコ ショップ&ギャラリー 表参道

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目14−5 Cabina表参道 1F

先月、大阪は心斎橋ギャラリー・ソラリスの「駄カメラ写真グループ展 大阪」のトークイベントで、熱い思いを込め、
この写真展と北西余市高校を紹介する写真家の戸澤裕司先生と、アシスタントの山田淳子さんの写真を再掲します。
一人でも多くの方にご覧いただきたいと思い、会期終了まで、このblog冒頭に写真展のご案内を掲載しています。

(Facebookなどのリンクからスマホやタブレットでご覧の方で、「スマートフォン表示」になっている方は、いちばん
下までスクロールして「PC表示に切り替え」をタップするか、ブラウザのメニュー(GoogleChrome for Androidの場合、
右上の・がタテに三つ並ぶあたりをタップ)から「PC版サイト」を選択してください。黄色とグレーのツートンになったら
きょうの日付「Mar 05, 2019」の上にある「Main 」をタップすればオーケーです。)


…という流れから、きょうの本題へ。ニフティ株式会社から「ココログ全面リニューアルのお知らせ<ココログ>」という
メールが届いた。十年以上前、それが終わるたび障害に見舞われた「メンテナンス」や「バージョンアップ」という言葉は
用いていないが、やはり、良い報せではない。何より、「トラックバック機能の終了」に目が点(・。・)

コレは、十五年くらい前(もうそんな昔のことなのか…)「Web2.0」などと持てはやされていたWeblogのウリの一つだった
はずなのだが、ココログでは3月19日以降、使えなくなるのですね。
まあ、自分の投稿記事中で自分の過去記事や写真へリンク貼ってトラックバック飛ばして相互リンク、という使い方しか
してないし、外部から来るのは、おおむかしの一時期を除いてトラックバックスパムばかり(それでも最近は激減)だし、
そもそもexblogなどでは「トラックバック(会員専用)」だったり、トラックバックそのものがなかったりするワケだし。
でも、自己完結相互リンクすら叶わなくなるのか。切ないな。手足をもがれたような気分だな(そんなことはない笑)。
利用可能ディスク容量10GBの76%にまで迫ろうとしている僕のようなユーザは、いずれどうなるのか?何も書かれては
いないが、届いたメールの内容を、以下に抜粋引用。

平素はココログをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 昨年の12月にココログは15周年を迎えました。システムが老朽化しているの
 と今後もよりよい機能を提供し続けられるようにするため、2019年3月19日、
 サービス開始以来、最大規模の全面リニューアルを実施します。
 対象はココログの全利用者です。
 これにより、管理画面の停止を伴うメンテナンスや、終了する機能、
 新規に追加される機能などがありますのでお知らせいたします。


━【1】リニューアルのメンテナンスについて━━━━━━━━━━━━━

 下記時間帯でメンテナンスを実施しますのでご確認ください。

 ◇対象

  ・ココログベーシック/プラス/プロ

  ・ココログフリー

 ◇メンテナンス日時

  2019年3月19日(火)1:00 - 13:00
  ※管理画面の利用ができなくなります。
   ブログの閲覧は可能です。

 ◇リニューアル日時

  2019年3月19日(火)13:00

━【2】主な変更点、サービス終了、制限事項━━━━━━━━━━━━━

 リニューアルによる、主な変更点、制限事項は以下の通りです。

 ◆主な変更点

  ・パソコン版管理画面リニューアル
  ・スマートフォン版のURLがパソコン版と同一に
   ※今までのスマートフォン版のURLにアクセスされた場合は
    パソコン版URLにリダイレクトします。
  ・スマートフォン版閲覧画面リニューアル
   ※パソコン版閲覧画面は基本的に変更ありません。
  ・ココログTOPページリニューアル(パソコン版、スマートフォン版共通)

 ◆主なサービス終了、制限事項

  ・ココログ公式スマートフォンアプリの終了
   (ココログ for Android、ココログ for iPhone)
   ※4月中にスマートフォン用管理画面を提供予定
  ・トラックバック機能の終了
   ※すでに受けた情報は保持します。
  ・携帯電話(ガラケー)からの投稿、閲覧
  ・記事への写真以外のアップロードの一旦中止(4月中に対応予定)
  ・ココログtopのカテゴリー別新着記事の終了
  ・ZIPファイルでの画像登録

   ※代わりに10枚までまとめてドラッグ&トロップで登録可能に
  ・マイリストの「読み込み/書き出し」の終了
  ・マイリストの「人」の終了
  ・システム側の作成したディレクトリはファイルマネージャーで
   削除不可に
  ・記事の日毎、週毎表示の終了
  ・お絵描きツールは終了

 ※リニューアルに関して今後追加の情報がある場合は、
  下記「お知らせココログ」にてお知らせいたします。
 http://opt2.nifty.com/mail/u/l?p=4zyFvNAPc-TsuKpTt2BQwgZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 01, 2019

コトシハツヒョウメンチョウリョク

Lrm_export_4131024581806_20190301_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 27, 2019

ゾク・ダ・カメラ・クエスト

Bencini Koroll IIs(a later model considered to be "IIc")

Lrm_export_20180814_130420

ベンチーニ・コロールⅡで試行錯誤しながら「駄カメラ写真グループ展#5」出展作制作に勤しみ、ベンチーニのカメラ
ついて勉強していた2018年8月、eBayで出会ってしまった後期型コロールⅡ、€20。
ギロチンシャッターは大陸系列三速から倍数系列四速となり、開放f8とf16のみだった絞りは、間にf11、さらにf22が加わり、
鏡筒の絞り環を回して絞り値を合わせる近代的な操作法に改められており、120フィルムで4.5x3cmという奇異なフォーマット
を除けば、そこいら辺にあるクラカメとおんなじ…かと思いきや、侮るなかれ、相変わらずの1群2枚単玉で撮影した世界は、
さまざまな収差で溢れかえっていた


Agfa OPTIMA 1035 sensor the 2nd

Lrm_export_20180817_085836

猛暑の昨夏、赤城ドクターのもとへ報告された「暑いからカメラが買いたくなる」という症例の典型だろう。
やはり2018年8月、古本の「クラカメ専科」を手繰っていて出くわしたその夜、4駄カメラ価格で落札した一号機が気に入り、
後日、さらに純正レンズキャップを涉猟していたY!オークションで、「キャップつき、ただし電池がないため本体動作未確認」
というのを¥1,950で落札。ところが幸いなことに、この「キャップに付いてきたカメラ」は頗る快調で、目測とASA感度一段
落とし
による「プログラムAE騙し」がキマるとよく写った
ともすればご機嫌斜めな一号機に代わり、この夏いちばん持ち歩いた、いざというとき(いつ?笑)の勝負駄カメラ。

因みに、駄カメラ価格ではないレンジファインダー機、OPTIMA 1535 sensorにも手を出したものの、距離計ズレのため、
ふたたび若き修理職人Kさんのお世話になって完調を取り戻した


KMZ ZORKI-10

Lrm_export_91486286429155_20180906

「駄カメラ写真グループ展#5」の出展者のお一人が使っていたのを見初め、マネされたリコーマチック35を持っているにも
拘わらず、手を出す。 eBayで$16.99。AEが作動せず、ストロボ同調用の1/30秒固定で絞りを選ぶ撮り方を余儀なくされた。
樽型の歪曲収差が顕著


RICOH AD-1

Lrm_export_39205325516238_20181017

2018年10月、Y!オークションで¥2,800で落札。
オートハーフ・ゾーンフォーカスをフルサイズにしてプログラムシャッターを組み込んだようなカメラ。その名の由来と思われる
「オートデート」とは名ばかりの、手動日付設定・写し込み機能は、設定ダイヤルの物理的限界により、発売された1979年から
1993年までしか対応していない。それを逆手に取った(?)「ニセ偽日記」を、篠原カメラ主催「第一回 駄カメラ写真グループ展
大阪」
へ出展。

…そして、クエストはひとまず、フラグシップ・ダ・カメラへと辿り着くのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2019

ダ・カメラ・クエスト

他のカメラやレンズみたいに訳がわからなくならないうちに、いま手元にある、あるいは僕の元から去ってった駄カメラ
たちを書き留めておく。

RICOHMATIC 35

Lrm_export_20171015_172123

まだ「駄カメラ」ということばも知らず、それを教えていただくことになる写真クラスタの方々(…と一括り失礼ご容赦)
ともご縁のなかった2014年1月、その数か月前に銀座教会の上で見初めた国内向けゾーンフォーカス機「オート35V」
の輸出版でレンジファインダーを備えたコレをeBayで見つけ、銀座の四分の一程度の$24.99で迎え入れた。
グリスの固着したピントリングヘリコイドを除けば概ね快調だったのも束の間、ほどなくしてセレンが昇天。部品取り用
に落札したオート35Vから取り外したセレン
とともにY氏に託して半年後、ヘリコイドも治って戻ってきた。
2017年12月、赤城耕一先生のご紹介により、「駄カメラ写真グループ展 4」の後期へ、コレで撮影した作品を初出展。


Nikon F-401 and AiAF Nikkor 35-70mm F3.3-4.5S

Lrm_export_20180509_201608

「駄カメラ写真グループ展#5」へエントリーする駄カメラ候補として、2018年5月、大阪は阿倍野の篠原カメラさんから
駄カメラ価格上限¥3,000でお迎えしたが、駄カメラとの出会いが相次いだこの初夏、本命の座を後続に奪われお蔵入り。
「駄カメラ写真グループ展#5」懇親会で知り合った群馬のMさん(先方はずっと以前から僕のことをご存知だった)の元へ
駄カメラ価格で嫁いでった。
因みに、いちばん下のリコー999は、駄カメラにあらず。修理職人Kさんの手により調子を取り戻し、頻繫に出動中。


Kodak Signet 30

Lrm_export_20180630_165727

2018年6月、eBayで$19.67。所有カメラ最高齢を更新した還暦カメラ、お迎えした当初、それなりに撮り込んでみたが、
そのアトムレンズの描写に期待したほどのクセが感じられなかったことに物足りなさを感じていた折、またもや後続に
追い落とされる。


Bencini Koroll II

Lrm_export_20180723_182003

灯台下暗し、2018年7月、個展開催中の高山写真館で駄カメラ価格¥3,000でゲットだぜ。120フィルムで24コマ撮れる、
なにコレ?…なイタリーカメラ。1群2枚の単玉でどう撮るかよりも先に、二段しかない絞りと三速のギロチンシャッターを
駆使した超多重露光に味を占め、それを作品として「駄カメラ写真グループ展#5」へ出展。

クエストは、まだまだ続く。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 24, 2019

ヒカリノアリカ

写真展「光の在り処〜未来を紡ぐ北星学園余市高校〜」
2019年3月6日(水)~3月10日(日)11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)

ピクトリコ ショップ&ギャラリー 表参道
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目14−5 Cabina表参道 1F

R0000200_2

北星学園余市高校

篠原カメラ主催「第一回 駄カメラ写真グループ展 大阪」で手にした写真集「いまを、生きる」を読み終え数日あまり、
トークイベントでも紹介されたその来し方と行く末について、改めて思いを馳せる。僕の高校卒業後に入学した後輩
たちとの交流は、三十年前を境に途絶えた。途絶えて以降の人生において、それを喪失や欠落だと意識したことは、
おそらく、ない。
だが仮に、母校の存続そのものが危ぶまれる事態になったとしたら、「ふるさと」と呼ばれるような土地や繋がりが
希薄な僕にとっても、「ふるさと」の喪失を意識せざるを得なくなる。それはきっと、耐え難いことだろう。
そういう自分目線はさて措いても、北星余市のような学びの場がなくなるのは、一地域にとどまらぬ社会的な喪失
なのではないだろうか。
この場も使って、応援したい。

201902170208_2

On February 17th
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Viewfinder and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r14)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

より以前の記事一覧