Posts categorized "旅行・地域"

Feb 19, 2018

二晩寝かせると締まります。

Lrm_export_20180219_184404

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2018

制作中

ワークショップの暗室オプションは体調面から欠席しましたが、ブラザーとピクトリコにより鋭意制作中です。

Lrm_export_20180218_131323

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 14, 2018

おや?まだウクライナにいることに

Lrm_export_20180214_212107

とっくにサンタさんが届けてくれた、Leica Elmar-R 180mm F4、Aftershipによれば、まだウクライナにいることに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 13, 2018

節分のアウトプット - 結 -

動物のいない動物園。全くいなかったわけではないが、その気配や声や臭いを殆ど感じなかった場で四本目を撮り終え、
Nさんにお返ししたプラウベル・マキナ670。フィルム二本撮っただけだけれど、その感触が、どうしようもなく懐かしい。

201802030403_2

201802030404_2

201802030405_2

201802030410_2

On February 3rd
PLAUBEL makina 670 (equipped with Nikkor 80mm F2.8) borrowed from NINOMIYA-san and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 12, 2018

節分のアウトプット - 承 -

電池交換してもミラーアップしたままウンともスンとものブロニカEC-TLは、フィルムバックを外すと、シャッター幕下端に
1ミリほどの隙間を残したままジャムっていた。

「どなたか、予備で貸せる中判カメラをお持ちの方、いらっしゃいますか?」という師匠の呼びかけに応えてくださったのが
Nさんだった。出てきたカメラはなんと、プラウベル・マキナ670。十年ほど前にアラーキーの写真のキャプションで見て
その名前だけは知っていたカメラが突如として目の前に。有り難くお借りして、蛇腹の出し入れのお作法はしっかりアタマに
叩き込み、フィルム装填と取り出しはその都度お手数をお掛けするという段取りで、この日三本目の撮影に臨む。

久しぶりのレンジファインダーにしてレクタンギュラーなフレーム。…タテ位置が好きなんだなどうしても。

201802030301_2

201802030303_2

201802030307_2

201802030308_2

On February 3rd
PLAUBEL makina 670 (equipped with Nikkor 80mm F2.8) borrowed from NINOMIYA-san and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Feb 11, 2018

節分のアウトプット - 転 -

桜木町駅前に全員集合の後、初めて足を踏み入れた野毛の裏路地で、参加者一名の方の巻き上げクランクのネジが脱落。
が、表通りのすぐ先に「大貫カメラ」ありとのことで、全員そちらへ赴く。…応急修理待ちの店内で、見なかったことに
していたあるカメラに、その直後、向き合うことになろうとは、夢想だにしていなかった。

再び裏路地に戻った二本目の四コマ目、ひばりお嬢の像を撮った瞬間、僕のブロニカEC-TLがミラーアップした…。

節分の翌日、フィルムバックをDDR製ゼンザノン付きEC-TL llに付け替えて撮った五コマ目以降の津田沼ニシノハテ界隈は
まるで、野毛の裏路地から地続きのようだった。

201802030202_2

201802030204_2

201802040205_2

201802040211_2

On February 3rd and 4th
ZENZA BRONICA EC-TL, ZENZANON 100mm F2.8, Gobe UV 67mm Filter, Lense Hood or
ZENZA BRONICA EC-TL ll, ZENZANON MC 80mm F2.8 by CARL ZEISS JENA DDR, Gobe UV 67mm Filter, Lense Hood
and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Feb 10, 2018

節分のアウトプット - 起 -

…というか、インプットしてアウトプットというべきか。

朝イチリハを終え、前のめりトントン拍子で小一時間ほど早く到着した桜木町駅前で、集合時刻までの肩慣らしの一本目。
京浜東北線がホームに入る手前からずっと見えていた、東横線高架の遺構へと吸い寄せられるのだった。

201802030108_2

201802030107_2

201802030101_2

201802030111_2

On February 3rd
ZENZA BRONICA EC-TL, ZENZANON 100mm F2.8, Gobe UV 67mm Filter, Lense Hood and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Feb 05, 2018

祖父の祖父を知る。

十一年前に父が亡くなった後に取り寄せた戸籍を手繰っていて、祖父の祖父の名と命日と、祖父の祖父の妻だった女性の
生年月日と命日を知った。
「前戸主」とされている祖父の祖父の生年月日は不明だが、祖父の祖父の妻だった女性の生年は嘉永四年と記されていた。
ペリーの黒船来航前だ。

米子へ September 14th, 2007 - umblog

R0010600
16:40 on September 14th, 2007@父の実家

祖父が丹精込めていた鯉の池は枯山水の庭と成り果て、その周りでは沢山のカネタタキが
乾いた軽やかな音で鳴き合わせていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2018

撮りきりましたよ。

きのう、四コマ目でジャムったEC-TLのフィルムバックをDDR製ゼンザノン付きEC-TL llに取り付けて。
…昨夏以来の投資が奏功したと考えよう笑。

Lrm_export_20180204_155714

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ココハドコ?

Lrm_export_20180204_142157

Lrm_export_20180204_142246

Lrm_export_20180204_142437

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧