カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

Oct 27, 2019

撤収中

おかげさまをもちまして、グループ展「写真と小説」@祐天寺ペーパープール、盛況のうちに幕を閉じました。
現在、絶賛釘穴埋め中(見てるだけ:-p)

Lrm_export_68919370558953_20191027_17304

| | Comments (0)

日本橋小伝馬町

ルーニィで「第7回 楽ふぉと展」、アイアイエーで「岡嶋クラス習作展 Vol.7」いずれも最終日を堪能し、
「渾身のだし」は買わずに祐天寺ペーパープールのグループ展「写真と小説」最終日へ向かう。

Lrm_export_66588403460103_20191027_15504

Lrm_export_66608492867283_20191027_15510

Lrm_export_66636232337949_20191027_15513

On October 27th
RICOH GR III
transfered to Xperia XZ1 with Image Sync and retouched with Adobe Lightroom

| | Comments (0)

Oct 26, 2019

ヨタビザイロウ

…というか、ビーフカレー待ちのグループ展「写真と小説」@祐天寺ペーパープール。

Lrm_export_45102860674550_20191026_19145

| | Comments (0)

Oct 18, 2019

フタタビザイロウ

…とも言う。グループ展「写真と小説」@祐天寺ペーパープール

Lrm_export_6814098652657_20191018_204735

| | Comments (0)

Oct 17, 2019

ザイロウ

…とも言う。グループ展「写真と小説」@祐天寺ペーパープール

Lrm_export_30785490103251_20191017_20370

| | Comments (0)

アサーッ!

大気中金木犀度の濃ゆいアサーッ!
グループ展「写真と小説」の初日であります。会場である祐天寺ペーパープールの本日の営業時間は、18:00〜22:30
僕は19:00頃から20:30頃まで在廊する予定です。お目にかかるのを楽しみにしております。

Lrm_export_23187732444902_20191017_08083

| | Comments (0)

Oct 13, 2019

設営完了しました。

グループ展「写真と小説」@祐天寺ペーパープール、設営完了しました。僕は、なぐり(カナヅチ)すら使えないことが判明しますた。笑

Lrm_export_269942997698394_20191013_2051

Lrm_export_268596861061303_20191013_1925

| | Comments (0)

セツエイチュー

グループ展「写真と小説」、設営中。

Lrm_export_267081531368183_20191013_1752

| | Comments (0)

Oct 07, 2019

グループ展「写真と小説」に参加いたします。

先月来、日本橋小伝馬町、大阪は心斎橋と昭和町のグループ写真展に出展し、ここで息切れか…と思いきや、
急遽、祐天寺ペーパープールのグループ展「写真と小説」に参加することになりました。
足をお運びただけたら幸いです。どうかひとつ。٩( ᐛ )و

グループ展「写真と小説」
2019年10月17日(木) 18:00~10月27日(日) 17:00※(木)~(日)のみ営業、営業時間は曜日により異なります。
PAPER POOL
〒1530052 目黒区祐天寺2丁目16番地10号 たちばなビル2階

写真をされる方には読書家・読書好きの方も多くいらっしゃいます。
おすすめの小説に写真を添えて展示することで、読書の楽しみをお伝えできたら考えています。
それぞれの方がどんな本をお勧めしているか、書籍の現物も展示しますので、手にとって立ち読みしてみてください。

タイトルの語感上、「小説」としていますが、広義の意味で書籍を対象にしています。ノンフィクション、評論、エッセイ集、ルポルタージュ、句集、詩集なども含んでいます(写真集、技術解説本、雑誌、ムック、漫画はNGにしています)。

71484861_2234427676669012_69583758631381

72322247_2234427666669013_34788900519647

| | Comments (0)

Jun 05, 2019

キヘン

今夜は読めないな、コレ。瞳の虹彩を開く目薬がまだ効いていて、手元にピントが合わせられないから。
眼底出血や網膜剥離などのリスキーな前触れではなく、強度の近親と加齢による飛蚊症の亢進というのが、
三十年ぶりくらいに診てもらった眼科医の見立て。さらに同じく加齢による白内障の初期症状も出ており、
見せてもらった写真によれば、僕の水晶体はやや黄変が始まっていた。アトムレンズか。笑

Lrm_export_5308628656615_20190605_202517

| | Comments (0)

より以前の記事一覧