Posts categorized "音楽"

Sep 23, 2017

ツクツクホウシツクツクホウシカネタタキンモクセイ

Lrm_export_20170923_165253

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Sep 14, 2017

♪届いたんだけ~ど~👏👏👏

Lrm_export_20170914_205431

♪撮れない~の~さ~👏👏👏

お作法どおり、練習用フィルム装填→十二コマ空写し→巻き上げきって取り出し…のお稽古を繰り返すこと五回目くらいで
漸く、徹頭徹尾仕様どおりにカメラは機能した…のだが、その次に試みると、五コマ目でチャージされたはずのシャッター
が切れなくなって(レリーズボタンはスカスカ)、巻き上げも出来なくなり、頼みのデジャミング・スクリューを回しても、
ウンともスンとも。まあ、取り寄せたフィルムバックがマトモであることは判った。

イストさんにご相談か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 29, 2017

NHK総合火曜夜の鬼門「うたコン」で森高が「十七歳」を唄ってる♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 27, 2017

ハツツクツクホウシダンチ

On August 25th
ZENZA BRONICA S2, NIKKOR-P 75mm F2.8, Gobe UV 67mm Filter and FUJICOLOR PRO 160 NS
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r9)

2017082502_2

2017082504_2

2017082507_2

2017082509_2

2017082510_2

初ツクツクホウシを浴びた二か月ぶりの高根台団地には、高山写真館で初めて手にしたFUJICOLOR PRO 160 NSを詰めた
ゼンザブローさんを連れてった。

頭を垂れ、胸元の暗いピントグラスに浮かぶ左右逆像をルーペで拡大してピントの山を探るのはさほど苦ではなくなったが、
被写体に正対し、上下左右タテヨコ斜めを自在に決められるようになるには、まだまだ修錬が必要だと思う。

久しぶりの、そして、ブローニーでは初のカラーネガで臨んだスキャンには、予想していたほどの時間はかからず、5300dpiで
本スキャンに十分。うち四分半がスキャンと赤外線スキャン、残りの大半がPCでの「処理」で、最後の十秒ほどが「保存」。

最も時間を要したのはPhotoshop CCによる「書き出し」→「Web用に保存」という、blogに掲載可能なファイルサイズのJPEGを
生成するいちばん最後のフェーズで、一コマ当たり約二十分。

あそうそう、大切な備忘録を。二度目のブローニー撮影だった今回、フィルム装填時のスタートマーク合わせを律儀に行った
結果、最終コマの端が失われていた。コマ間が不揃いに広いからなのか、それともフィルムメーカーの違いゆえか。
こんどは、撮りおろしのときのようにオートマット気味に装填するとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 25, 2017

初ツクツクホウシ

東船橋病院診察前に高根台団地の結界へ行き、狙いどおり初ツクツクホウシを浴びた。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 24, 2017

楽しみだね

SONGSスペシャル待ち受け中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 12, 2017

コダクローム フィルムスキャン画像 - Google 検索

コダクローム フィルムスキャン画像 - Google 検索

アクセス解析ログ(足あと)を辿ってみたところ、Google 検索から誰かさんが、「コダクローム フィルムスキャン画像」というキーワードで、
このblogの「コダクローム再スキャン」という記事を見に来てくださっていたことが判った。
コレは、一週間ほど前の足あとから、数ヵ月ぶりに辿ることができた検索結果だが、最近こういうことは滅多にできなくなった。
検索サイトのセキュリティ設定がデフォルトでそうなったからなのか、ココログのアクセス解析ログの仕様ゆえなのか。

・コダクローム再スキャン - umblog Apr 17, 2015

思うところあり、八年前に撮ったコダクロームスライドを現在使用中のフィルムスキャナーplustek OpticFilm 7600i Ai で再びスキャンしてみた。 スキャナソフトSilverFastのフィルムパラメータをそのものズバリ「コダクローム」に設定し、期待を持って臨んだのだが、 最初に生成されたTIFファイルの暗く諧調に乏しくネムい上がりに失望。もちろん原版は、劣化褪色などしていない。

そこでPhotoshop CCでトーン調整やらあれやこれやの挙げ句、ようやく、下に再掲した当時のコニカミノルタフィルム
スキャナーで取り込んだ際のトーンに近づいた…が、京都市営バスの東天王町停留所から「日の出うどん」へ向かう
道筋で通り抜けた錦林市営住宅の鬱金色が、記憶色より物足りない。

On April 17th 2015, scanned with plustek OpticFilm 7600i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.5.0 r3)
2007062330_2

On July 8th 2007, scanned with KONICAMINOLTA DiMAGE Scan Dual42007062330

On June 23rd 2007, Nikon F3 with Ai Nikkor 50mm F1.8S and Kodachrome 64

先月末、Facebookの赤城先生のローライ・バリオクロームについての投稿にコメントしたのは、まさしくこのときのこと。

あれから二年あまり経った今、十年前のKONICAMINOLTA DiMAGE Scan Dual4の凄さを改めて思い知る。このスライドを
今使っているplustek OpticFilm 8200i AiとSilverFast Ai Studio 8.8.0 r9で再々スキャンしてみたら、果たしてどうなるだろう?
…だなんてことはさておき、検索結果の驚きのリンク先に目が留まる。

・コダックがコダクロームの再販売を検討中 - デジカメinfo

エクタクロームの再販売のニュースの後で、コダックのCEO Steven Overmanによると、コダックはコダクロームも復活させるかもしれない。Steven Overmanは次のように述べている。

「我々はコダクロームについて調査をしており、コダクロームを復活するために何が必要か検討している。エクタクロームは市場に戻すのがずっと容易で、素早く戻せるが、コダックの歴史的遺産を愛している人達がおり、個人的には、我々はその思いに応える責任があると感じている」

個人的な意見と断ってはいますが、コダックのCEOはコダクロームの復活にも前向きなようなので、エクタクロームだけでなくコダクロームも復活するかもしれませんね。

ただ、コダクロームのK-14処理で現像可能なラボが存在しないので、現像処理をどうするかという課題がありますね。

2017年1月10日 | コメント(23)

えぇーっ!!半年前にこんなニュースが流れてたんですか?ホントでしょうか?昨夜半過ぎ「僕のコダクローム」にうるうるしたのは
…ひょっとして、何かの啓示だったりするのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2017

ひよっこ録画を観てうるっとした後、ザ・ロニー・ウッドショーで「僕のコダクローム」が掛かってうるうるするなど

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 09, 2017

勘違いじゃなかったのかも知れない。

一昨日の朝、会社付近でクマゼミを聞いたような気がした…と書いたが、調べてみたところ勘違いじゃなかったのかも知れない。…あすは、どっちだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2017

換えて正解でした。

Lrm_export_20170808_191853

とてつもなく、快適であるね。…さて、コレがいつまで続くか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧