Posts categorized "映画・テレビ"

Nov 10, 2017

サニイイ

On November 9th
OLYMPUS PEN-D3, Pen-D Hood, Gobe UV 43mm Filter and Hillvale SUNNY 16 ISO400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

2017110912_2

十年前、あちらこちらで出くわした宇宙人トミー・リー・ジョーンズを、主にガラケーカメラで撮りまくったことがある。
しかし二十五年前、最初のTVCMに登場したのは、サラリーマン姿の永ちゃんではなかったか。…当時の、少々やさぐれた
心境とセットの記憶。

閑話休題、サニー16イイ。イイね!ただ、スキャナソフトSilverFastのパラメータに該当がなく、"FUJICOLOR PRO 400H"に
設定してスキャンし、さらにPhotoshop CC 2018で記憶色と同プリ色との折り合いをつけた。
ペンD3もイイ。動作確実、メリとハリ、階調豊か。ハーフ判だからアッと云う間のデジタイズ。

2017110905_2

2017110918_2

2017110920_2

2017110924_2

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Oct 26, 2017

島津の選択

NHK-BS3 英雄たちの選択・選「“関ヶ原”敵中突破!! 家康に負けず 島津の力」

関ヶ原の戦いで西軍に与した島津義弘が、敗色決定的な局面に至り、家康の本陣目掛けて中央突破して退却し薩摩へ生還した
史実については、十数年前の大河ドラマで描かれて知っていたが、その島津が西軍敗戦以前と同じ本領を安堵された背景に、
不仲とされていた兄義久による家康に対する外交交渉という、兄弟連携があった…という考察。
そして、古代・中世以来、薩摩という独自な地勢・文化圏で続けられてきた様々な営みが引き継がれ、それが二百六十年後の
「倒幕・明治維新」へ繋がった…というあたりは、この本をちょうど三分の一ほど読み進めた今夜、よいタイミングだった。

そういえば史実とはいえ、大河ドラマ「おんな城主直虎」のネタバレ相当の解説もあったな。

本書の《「司馬史観」というタブーに向き合う》というテーマが展開されるのを目にするには、もうしばらく頁を手繰る必要が
ありそうだが。

Lrm_export_20171026_230211

徹底対論 明治維新 司馬史観という過ち - 原田 伊織 (著)、森田 健司 (著)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 12, 2017

コズミックフロント☆NEXTに青天目澄子…

…じゃなくて松本穂香が、度の入ってないメガネかけて素の関西弁で女子高生役演ってるから、
例によって耳痒い萩原聖人のナレーションによるヒッグス粒子が上の空でアタマに入らない笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2017

今夜のヒストリア

今夜の「歴史秘話 ヒストリア」は、再現ドラマを演じたのがイッセー尾形だったのと、二十数年ぶりに小布施の山車を
拝ませくれたのが良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 14, 2017

♪届いたんだけ~ど~👏👏👏

Lrm_export_20170914_205431

♪撮れない~の~さ~👏👏👏

お作法どおり、練習用フィルム装填→十二コマ空写し→巻き上げきって取り出し…のお稽古を繰り返すこと五回目くらいで
漸く、徹頭徹尾仕様どおりにカメラは機能した…のだが、その次に試みると、五コマ目でチャージされたはずのシャッター
が切れなくなって(レリーズボタンはスカスカ)、巻き上げも出来なくなり、頼みのデジャミング・スクリューを回しても、
ウンともスンとも。まあ、取り寄せたフィルムバックがマトモであることは判った。

イストさんにご相談か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 29, 2017

NHK総合火曜夜の鬼門「うたコン」で森高が「十七歳」を唄ってる♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 26, 2017

Kodak 35 RFフィルム装填講習の報酬

Lrm_export_20170826_204508

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 24, 2017

楽しみだね

SONGSスペシャル待ち受け中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 18, 2017

川本世津子さん

On August 18th
ZENZA BRONICA S2, NIKKOR-P 75mm F2.8, Gobe UV 67mm Filter and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r9)

2017081803_2

2017081806_2

2017081809_2

2017081801_2

体調が落ち着いた昼下がり、郵便局の窓口が閉まる前にゼンザブローさんを連れて家を出た。

川本世津子さんに見えたポスターは寄りが足りないが、コレは記念すべき一枚目ではない。
フィルム装填時、スタートマークに合わせるのを忘れていたが、十二コマ全て救われた。

新スキャナ、大したタマゲだ造りと性能であるが、フィルム自動送りの方法が分からない。マニュアルのどこにも記載がなく、
SilverFastにもそれらしきメニューやアイコンは見当たらず、ググってもまだ探し出せていない。
やむなく手でトレーを押して位置決めした真ん中のコマはプレスキャンはできるが、本スキャンは失敗。よって、ネガスリーブ
両端のコマ(を上下さかさまにトレーに乗せることによって)しかスキャンできず。

【追記】
決め手は"JobManager"と"Overview dialog"らしい。
35mmフィルム十二コマをがっと読み込んだインデックスから、あれとコレを選んで…とやっている。

【さらに追記】
"Overview"アイコンをクリックすると、今回の6x6判に合わせた三コマがさっとインデックス状に表示された。
真ん中の一コマを選択して"JobManager"に追加しダブルクリックすると、ようやくプレスキャンされた。パラメータを調節して
本スキャン成功。

2017081808_2

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 11, 2017

ひよっこ録画を観てうるっとした後、ザ・ロニー・ウッドショーで「僕のコダクローム」が掛かってうるうるするなど

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧