カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の記事

Mar 26, 2019

ギガゴエナラザルカ?

Lrm_export_4061350663916_20190326_195949

 

…まあ、ムリでしょね。笑

| | Comments (0)

Mar 22, 2019

メンドクサー

20190322

ココログメンテナンス・リニューアルに伴う障害や不具合は、まだまだ続いている。
公式発表では「DNS伝播の遅れ」もあり、ページ表示の遅れやログイン不可が解消されていないとのことだが、
幸いなことに僕は、その影響はもう被っていないようだ。だが、ブログツールそのものが、TypePadから何やら
不明なものに更新されたことによると思われるメンドクサーな状況に陥っている。

それは、改行部分に勝手に挿入される<div>タグ。「通常エディタ」に切り替えると表示される。文章一行のみ
ならず、写真一枚ごとのHTMLの行頭に必ず<div>、行末に必ず</div>。

「リッチテキストエディタ」や「PCプレビュー」では気づかないが、実際の投稿記事では、たとえば上のスクショ
のように、写真と写真との間に意図して設けた空白行がなくなってしまう。公式FAQに質問するもなしのつぶて。
代わりに<p>タグで囲うという代替策を公開しているユーザーもおられるが、僕は、原則として記事全体の冒頭
のみに<div>、末尾のみに</div>で対処した。そうすると、下のスクショのように意図した空白行が現れる。

理由はわからぬが、ここ二週間ほどの投稿記事のみにこの現象が発生しており、この対処を行った。もっと過去の
記事まで遡るつもりもヒマもないが。

201903222

| | Comments (0)

Mar 20, 2019

ヘンタイモンゼツ

Lrm_export_45813505587781_20190319_16040

20:57 on March 19th
f5.6, 1/30, ISO 800, RICOH GR II

ぐはぁ…大は小を兼ねてはくれなかった。GXRで使えるのはSDHCカードまでだと事前に調べておくべきだった。

それにしても、ココログ売り物の「メンテナンス障害」、僕の場合は当初終了予定から24時間で復旧した
ようだが、果たしてこの投稿はどうなるか?ニフティの情報提供の遅さマズさも相変わらず。やれやれ。

| | Comments (0)

Mar 05, 2019

Bye bye TrackBacks.

201902170208_2

まずは告知です。いよいよあすから、写真展「光の在り処〜未来を紡ぐ北星学園余市高校〜」が始まります。

2019年3月6日(水)~3月10日(日)11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)
ピクトリコ ショップ&ギャラリー 表参道
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目14−5 Cabina表参道 1F

先月、大阪は心斎橋ギャラリー・ソラリスの「駄カメラ写真グループ展 大阪」のトークイベントで、熱い思いを込め、
この写真展と北西余市高校を紹介する写真家の戸澤裕司先生と、アシスタントの山田淳子さんの写真を再掲します。
一人でも多くの方にご覧いただきたいと思い、会期終了まで、このblog冒頭に写真展のご案内を掲載しています。

(Facebookなどのリンクからスマホやタブレットでご覧の方で、「スマートフォン表示」になっている方は、いちばん
下までスクロールして「PC表示に切り替え」をタップするか、ブラウザのメニュー(GoogleChrome for Androidの場合、
右上の・がタテに三つ並ぶあたりをタップ)から「PC版サイト」を選択してください。黄色とグレーのツートンになったら
きょうの日付「Mar 05, 2019」の上にある「Main 」をタップすればオーケーです。)


…という流れから、きょうの本題へ。ニフティ株式会社から「ココログ全面リニューアルのお知らせ<ココログ>」という
メールが届いた。十年以上前、それが終わるたび障害に見舞われた「メンテナンス」や「バージョンアップ」という言葉は
用いていないが、やはり、良い報せではない。何より、「トラックバック機能の終了」に目が点(・。・)

コレは、十五年くらい前(もうそんな昔のことなのか…)「Web2.0」などと持てはやされていたWeblogのウリの一つだった
はずなのだが、ココログでは3月19日以降、使えなくなるのですね。
まあ、自分の投稿記事中で自分の過去記事や写真へリンク貼ってトラックバック飛ばして相互リンク、という使い方しか
してないし、外部から来るのは、おおむかしの一時期を除いてトラックバックスパムばかり(それでも最近は激減)だし、
そもそもexblogなどでは「トラックバック(会員専用)」だったり、トラックバックそのものがなかったりするワケだし。
でも、自己完結相互リンクすら叶わなくなるのか。切ないな。手足をもがれたような気分だな(そんなことはない笑)。
利用可能ディスク容量10GBの76%にまで迫ろうとしている僕のようなユーザは、いずれどうなるのか?何も書かれては
いないが、届いたメールの内容を、以下に抜粋引用。

平素はココログをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 昨年の12月にココログは15周年を迎えました。システムが老朽化しているの
 と今後もよりよい機能を提供し続けられるようにするため、2019年3月19日、
 サービス開始以来、最大規模の全面リニューアルを実施します。
 対象はココログの全利用者です。
 これにより、管理画面の停止を伴うメンテナンスや、終了する機能、
 新規に追加される機能などがありますのでお知らせいたします。


━【1】リニューアルのメンテナンスについて━━━━━━━━━━━━━

 下記時間帯でメンテナンスを実施しますのでご確認ください。

 ◇対象

  ・ココログベーシック/プラス/プロ

  ・ココログフリー

 ◇メンテナンス日時

  2019年3月19日(火)1:00 - 13:00
  ※管理画面の利用ができなくなります。
   ブログの閲覧は可能です。

 ◇リニューアル日時

  2019年3月19日(火)13:00

━【2】主な変更点、サービス終了、制限事項━━━━━━━━━━━━━

 リニューアルによる、主な変更点、制限事項は以下の通りです。

 ◆主な変更点

  ・パソコン版管理画面リニューアル
  ・スマートフォン版のURLがパソコン版と同一に
   ※今までのスマートフォン版のURLにアクセスされた場合は
    パソコン版URLにリダイレクトします。
  ・スマートフォン版閲覧画面リニューアル
   ※パソコン版閲覧画面は基本的に変更ありません。
  ・ココログTOPページリニューアル(パソコン版、スマートフォン版共通)

 ◆主なサービス終了、制限事項

  ・ココログ公式スマートフォンアプリの終了
   (ココログ for Android、ココログ for iPhone)
   ※4月中にスマートフォン用管理画面を提供予定
  ・トラックバック機能の終了
   ※すでに受けた情報は保持します。
  ・携帯電話(ガラケー)からの投稿、閲覧
  ・記事への写真以外のアップロードの一旦中止(4月中に対応予定)
  ・ココログtopのカテゴリー別新着記事の終了
  ・ZIPファイルでの画像登録

   ※代わりに10枚までまとめてドラッグ&トロップで登録可能に
  ・マイリストの「読み込み/書き出し」の終了
  ・マイリストの「人」の終了
  ・システム側の作成したディレクトリはファイルマネージャーで
   削除不可に
  ・記事の日毎、週毎表示の終了
  ・お絵描きツールは終了

 ※リニューアルに関して今後追加の情報がある場合は、
  下記「お知らせココログ」にてお知らせいたします。
 http://opt2.nifty.com/mail/u/l?p=4zyFvNAPc-TsuKpTt2BQwgZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 24, 2018

きのうの軽量化体感画像を差し替えるも、

締まりが足りなかったきのうの軽量化体感画像を差し替えるも、当然ながらFeedlyのフィード画面のサムネイルに
反映はされない。
サムネイルをクリックすると開かれるはずの元画像はすでに削除した後なので、やはりそれも開かれない。

Chrome 69で右クリックして「検証」 ⇒ サムネイル部分でさらに右クリック ⇒ "Edit as HTML"で、新しい画像への
フルパスを七か所、"dat title="ファイル名(拡張子なし)""を四か所打ち換えると、このPC上ではインスタントに反映
されるが、それがフィードそのものに反映されるわけではなかった。…はい、以上で三連休しゅうーりょー。

Feedly_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 03, 2018

テスト:IFTTTによるcocolog ⇒ Facebook自動連携

僕は、このblogへ投稿した記事へのリンクを、TwitterとFacebookへ連携している。
五、六年ほど前、TwitterfeedIFTTTという無料サービスを組み合わせて設定したのだが、その後間もなく
Facebookだけが自動連携されなくなって以来数年間、手入力で連携してきた。

きょう、何とはなしに調べてみたところ、Twitterfeedは終わっていたことを知るに至り、改めてIFTTTの
サイトをよく読み込んで、Facebookへ自動連携されるよう設定してみたのだが、果たして首尾は如何に?
それから、なぜか順調に自動連携されてきたTwitterへの影響の、ありやなしや?

Lrm_export_20180803_114859

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Aug 21, 2017

久しぶりにCSSを編集

いつ以来のことなのか憶えていないくらい久しぶりに、このblogのCSSを編集した。

コンテンツなどを「font-family: 'Trebuchet MS', "游ゴシック", "MS Pゴシック", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", 'MS Gothic',
'OsakaMono', Osaka;」と設定。"游ゴシック"を追加する一方、「'Verdana'」を削除。

Windows10PCのChrome60とAndroid7.0スマホのChrome59では本文が読み易くなったと感じているが、Android環境
ではタイトルも本文もその他も、"g"は、旧ロゴ"Google"の"g"のようには表示されないんだな、相変わらず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 12, 2017

コダクローム フィルムスキャン画像 - Google 検索

コダクローム フィルムスキャン画像 - Google 検索

アクセス解析ログ(足あと)を辿ってみたところ、Google 検索から誰かさんが、「コダクローム フィルムスキャン画像」というキーワードで、
このblogの「コダクローム再スキャン」という記事を見に来てくださっていたことが判った。
コレは、一週間ほど前の足あとから、数ヵ月ぶりに辿ることができた検索結果だが、最近こういうことは滅多にできなくなった。
検索サイトのセキュリティ設定がデフォルトでそうなったからなのか、ココログのアクセス解析ログの仕様ゆえなのか。

・コダクローム再スキャン - umblog Apr 17, 2015

思うところあり、八年前に撮ったコダクロームスライドを現在使用中のフィルムスキャナーplustek OpticFilm 7600i Ai で再びスキャンしてみた。 スキャナソフトSilverFastのフィルムパラメータをそのものズバリ「コダクローム」に設定し、期待を持って臨んだのだが、 最初に生成されたTIFファイルの暗く諧調に乏しくネムい上がりに失望。もちろん原版は、劣化褪色などしていない。

そこでPhotoshop CCでトーン調整やらあれやこれやの挙げ句、ようやく、下に再掲した当時のコニカミノルタフィルム
スキャナーで取り込んだ際のトーンに近づいた…が、京都市営バスの東天王町停留所から「日の出うどん」へ向かう
道筋で通り抜けた錦林市営住宅の鬱金色が、記憶色より物足りない。

On April 17th 2015, scanned with plustek OpticFilm 7600i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.5.0 r3)
2007062330_2

On July 8th 2007, scanned with KONICAMINOLTA DiMAGE Scan Dual42007062330

On June 23rd 2007, Nikon F3 with Ai Nikkor 50mm F1.8S and Kodachrome 64

先月末、Facebookの赤城先生のローライ・バリオクロームについての投稿にコメントしたのは、まさしくこのときのこと。

あれから二年あまり経った今、十年前のKONICAMINOLTA DiMAGE Scan Dual4の凄さを改めて思い知る。このスライドを
今使っているplustek OpticFilm 8200i AiとSilverFast Ai Studio 8.8.0 r9で再々スキャンしてみたら、果たしてどうなるだろう?
…だなんてことはさておき、検索結果の驚きのリンク先に目が留まる。

・コダックがコダクロームの再販売を検討中 - デジカメinfo

エクタクロームの再販売のニュースの後で、コダックのCEO Steven Overmanによると、コダックはコダクロームも復活させるかもしれない。Steven Overmanは次のように述べている。

「我々はコダクロームについて調査をしており、コダクロームを復活するために何が必要か検討している。エクタクロームは市場に戻すのがずっと容易で、素早く戻せるが、コダックの歴史的遺産を愛している人達がおり、個人的には、我々はその思いに応える責任があると感じている」

個人的な意見と断ってはいますが、コダックのCEOはコダクロームの復活にも前向きなようなので、エクタクロームだけでなくコダクロームも復活するかもしれませんね。

ただ、コダクロームのK-14処理で現像可能なラボが存在しないので、現像処理をどうするかという課題がありますね。

2017年1月10日 | コメント(23)

えぇーっ!!半年前にこんなニュースが流れてたんですか?ホントでしょうか?昨夜半過ぎ「僕のコダクローム」にうるうるしたのは
…ひょっとして、何かの啓示だったりするのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2017

エムニトリオロシカブリ

On April 30th
Leica M2, Voigtländer Ultron 35mm F1.7 Aspherical, Lens Hood LH-9 B and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 8200i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r8)

2017043031_2

2017043030_2

2017043026_2

2017043019_2

2017043016_2

2017043014_2

2017043007_2

撮影時系列降順に掲載。思えば、二月中旬以来のモノクロ撮影だった。また、今回よりサムネイルの幅を720pixelに、元画像の
短辺幅を1600pixel程度に設定。


ことの顛末は次のとおり。

危惧していたフィルムの装填は、田中長徳氏の「ライカワークショップ」P152に掲載の英語取説を見ながら落ち着いて試行錯誤
した結果、三分も要しなかった…笑

そこで勇んで手習いに出発。例によって御成街道を西へ、津田沼の西の最果てまで撮り歩き、ロール・エンド。装填時忘れずに
0にセットしたカウンターは、37あたりを指していた。

巻き戻し用レバーをRに合わせ、ギザギザローレット刻みの巻き戻しノブを右手の親指と人差し指でぐりぐり回す。…フィルムが
戻ってくるような手応えを感じた気がして回し続け…それを百回以上は繰り返しただろうか。手応えが軽くなったような気がした
のを頼りに、ベースプレートを外すと、ちょっとだけ開いたバックプレートの下には…まだ、フィルムがあった。

…高山写真館へ辿り着くと、三年前の「リコーマチック35撮りおろしフィルム巻き戻し時破断事件」の数倍増しの無力感で暗室を
お借りし、今回は自らフィルムの救出を試みる。真暗の中、昨秋受けた赤城師匠のモノクロフィルム現像・プリントワークショップ
のリール巻きの場面が甦る。再びベースプレートを外して、パトローネの軸を指でつまみ直接回して巻き戻しを試みる。こんどは
確かな手応えが感じられたが、指が持たない。そこで、開いたバックプレート越しに直接フィルムを指で送り、再びパトローネ軸を
…というのを延々と繰り返すが、全く先が見えない。きのう現れたマメは、おそらくこのときの負荷が原因だろう。

ここに至ってようやく、ネットで検索してみようと思い立つ。バックプレートとベースプレートを元に戻し、スマホを取り出してググる。
M型ライカ フィルム入れ方、取り出し方法 - YouTube

…えっ?巻き戻しノブを引き上げるだけでよかったんデスか…そういえば、ニコノス-Vもそうだったなあ。

カブリの影響は28コマ目以降に現れ、最後の3コマはほぼ喪われていた。


…いま、改めて「ライカワークショップ」P152の英語取説を見直したところ、「装填前にカメラにフィルムが入っていないことを確認
するため、巻き戻しノブを引き上げ戻し方向に回す。抵抗を感じたらフィルムが入っている証拠なので、巻き戻して取り出すこと…」
って、冒頭にしっかり書いてあった。ノブを引き上げた写真つきで…笑

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Apr 24, 2017

ココログ、アップロード制限を1MBから3MBへ緩和(2017/04/10更新)

…というお知らせに、実は昨夜の投稿途中で気がつき、元データから一旦1MB未満(1021KB以下)にリサイズしておいた
七コマを、改めて3MB未満(2.998MB程度以下)にリサイズ(いずれもPhotoshop CC 2017上の数値)し直してから、
アップロードしたのでありました。なので、ブラウザ上で幅640pixelで表示される「サムネイル」をタップまたは
クリックしていただくと、これまでより大きな、幅1100pixel程度(タテ構図の場合)のJpegをご覧いただけます。
…あ、以上はブラウザから「PC表示」で閲覧する場合です。

加えて今後、スマホで撮った写真の輝度や彩度などをLightroomMobileで抑える手間も少なくなります。

ココログ、アップロード制限を1MBから3MBへ緩和(2017/04/10更新)

◇対応

 ・2017年4月6日(木)15時

◇変更内容

 1度にアップロードできるファイルの上限を1MBから3MBへ緩和
※モブログの上限も3MBへ緩和しました(2017/04/10更新)

◇注意事項

 モブログからの投稿の場合は、本文、メール情報を含めた
 メール自体の容量が3MB以下である必要がありますので、
 ご注意ください。

とりあえず、めでたしめでたし。とはいえ、現在のアカウントでのファイル容量残約3416 MBを睨みながら余生を送る
ことになります笑。

因みに、@niftyブログサービス「ココログ」のアップロードファイル容量については、九年近く昔の経緯がありまして…

2008.08.25
アップロード1ファイルあたりの最大容量変更について

ココログをご利用いただきありがとうございます。

 先日本ブログにてお知らせいたしましたが、2008年9月2日(火)にココログベーシック/プラス/プロのバージョンアップを目的としたメンテナンスを実施いたします。

 今回のバージョンアップでは幾つかの機能が修正・追加されますが、アップロード時の「1ファイルあたりの最大容量」につきまして、以下のように変更されます。

---------------------------------------
【現状】

 40MB

【9/2メンテナンス以降】

 1MB
---------------------------------------

※9/2より前にアップロードされたファイルについては、現状通りとなります。削除などの予定はございません。

※上記変更は、後日予定しているココログフリーのバージョンアップにも適用されます。
 弊社にてココログ全体のファイルアップロード状況を調査させていただきましたが、1MB以上のファイルをアップロードしているアカウントのうち、大多数がいわゆるスプログと言われるブログや、ココログをファイル置き場としてのみ利用しているアカウントである結果が判明いたしました。

 また、通常利用をされているユーザーのほとんどの方は、1MB未満のファイルアップロードしか行っていないことにも鑑み、今回の措置を取らせていただきます。

 通常利用をされている方で、podcast配信などをされているお客様におかれましてはご不便をおかけしてしまう可能性がございますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

それ以前の1ファイルあたりのアップロード上限が40MBもあったこと自体が当時は驚きだったしオメデタかったなと。
上に書かれた利用法とは無縁だったし知る由もなかったが、そのせいで、当時持ち歩いていたコンデジ(GX-100や200など)
からmicroSD抜き挿しでそのまま1~2MB程度のJpegをアップロード…という使い勝手を封印される戸惑いを「トバッチリ」
という記事で綴っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧