カテゴリー「習志野 / 船橋 界隈」の記事

Jan 18, 2020

JapanTaxi最強伝説更新

予報が外れ小雪混じりとなった千葉県北西部東京湾岸地域。リハビリ通院の足をクルマからタクシーへ切り替えよう
とするも、コールセンターは輻輳で繫がらず。そこで、四年前、京都東山は青不動で帰途の途方に暮れてダウンロード
した「全国タクシー」だった頃
から数えて三回目、「JapanTaxi」を起動すると、今回も即座にキャッチした付近を
流すタクシーが、きっかり五分で到着。

Dsc_5455

| | Comments (0)

Jan 17, 2020

モトヤワタ

ニッケコルトンプラザは、電車で来るとこではないが、映画「フォード vs フェラーリ」、観に来てヨカッた。

Dsc_5452

Dsc_5453

Dsc_5450

| | Comments (0)

Jan 14, 2020

あと十日程度

三か月ぶりの整形外科主治医診察。肋軟骨炎は、あと十日程度で痛みを感じなくなるらしい。
次回診察時には、七年ぶりに頚椎のレントゲン撮影だ。

Dsc_5437

| | Comments (0)

Jan 13, 2020

ファースト・エルマー、ラスト・ナチュラ

帰ってきた黒いキヤノンに、初めてのエルマー50/3.5と最後のナチュラ1600で、あえて光線条件に恵まれない場面を
選んで撮った。その歩留まりはよくない結果となったが、絞り開放でも破綻せず、絞り込んでもそのまま深度だけが
深くなるというタマなのかしらと感じた。
いっぽう、二度と味わえないであろうナチュラは、実に懐が深く色転びのしにくい感材だった。ただし、有効期限を
過ぎて実効感度は落ちていたようだったが。
そして、黒いキヤノンは絶好調で小気味よい。だが、暗所でのピント合せは、M2を手にしてまだ二年足らずの僕の
苦手とするところ。

On January 10th and 11th
Canon IV Sb repainted in black, Leitz Elmar 50mm/F3.5 and FUJICOLOR NATURA 1600
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r17, NegaFix:Fuji Super HG 1600)

2020011002_2

2020011009_2

2020011129_2

2020011127_2

2020011235_2

| | Comments (0)

Jan 12, 2020

宇宙人ジョーンズは、津田沼では降りなかった。

Dsc_5430

| | Comments (0)

AYA初め

比内鶏と岩ノリとセリのお雑煮、それから田酒のヒヤウメンチヤウリキ

Dsc_5426-2

Dsc_5428

| | Comments (0)

Jan 11, 2020

連れ出して二日目

昨夜からNATURA 1600を詰めて撮り始めた黒いキヤノンとエルマー、きょう日中、夕刻そして夜で撮り終えた。

Canon IV Sb repainted in black and Leitz Elmar 50mm/F3.5 Yr.1951 with FISON Type Lens Hood

Dsc_5426-1

| | Comments (0)

Jan 08, 2020

ヨギリダヌマ

Dsc_5410

| | Comments (0)

Jan 04, 2020

初漕ぎ

仕事初めより先にいつもの週末、リハビリ初め。肋軟骨炎は快方に向かいつつも、姿勢によってはアイタタタ。
そういえば、今年はまだフィルム一コマも撮ってない。

R0001432

R0001435

Dsc_5404-1

On January 4th
Including Images with RICOH GR III
transfered to Xperia 5 with Image Sync and retouched with Adobe Lightroom

| | Comments (0)

Jan 01, 2020

ハハソハノ

R0001374

R0001379

R0001381

R0001389

R0001390

On January 1st
RICOH GR III
transfered to Xperia 5 with Image Sync and retouched with Adobe Lightroom

| | Comments (0)

より以前の記事一覧