カテゴリー「Photography」の記事

Mar 21, 2019

ハチダイメ

Canon AS-6

Lrm_export_28594268166435_20190321_09553

09:50 on March 21st
f5.6, 1/15, ISO 800, RICOH GR II

八台目駄カメラは、三台目のキヤノンにしてニコノスV以来の水中カメラ、$24.50。もちろん陸上でも使える。というか、
ウシオ、ダイビング始めるわけじゃないってよ。素通しファインダー、1.5m以遠固定焦点、露出はお任せオート。

| | Comments (0)

Mar 20, 2019

コンナカンジ

| | Comments (0)

ヘンタイモンゼツ

Lrm_export_45813505587781_20190319_16040

20:57 on March 19th
f5.6, 1/30, ISO 800, RICOH GR II

ぐはぁ…大は小を兼ねてはくれなかった。GXRで使えるのはSDHCカードまでだと事前に調べておくべきだった。

それにしても、ココログ売り物の「メンテナンス障害」、僕の場合は当初終了予定から24時間で復旧した
ようだが、果たしてこの投稿はどうなるか?ニフティの情報提供の遅さマズさも相変わらず。やれやれ。

| | Comments (0)

Mar 18, 2019

ヘンタイ

RICOH GXR with MOUNT A12, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L and
View Finder for RICOH GR Lense 28mm F2.8

Lrm_export_12224850318251_20190318

20:16 on March 18th
f5.6, 1/25, ISO 800, RICOH GR II

液晶は使わず、GR28/2.8用ビューファインダーでフレーミング、目測ピンでゆく。フードは付けてもいいかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 17, 2019

有酸素運動

Lrm_export_172893727119092_2019031

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2019

ケラレザルニアラザルサール

2019031606_2

2019031605_2

2019031607_2

2019031624_2

2019031623_2

…もとい、ケラレザルニアラザルルサール。ホントはケラレザルルサールと書きたかった。
もう、ナニ云ってんだかわかんなくなってるが、要するにケラれた。ステップアップリング咬ませた時点で、すでに負けてる
のだろうか。心斎橋ではもろに逆光を受けても、絞り羽根形などの軽微なゴーストが出ただけ。フードは必要ないのか?
指の写り込みを防ぐという役割を除いては。

成子天神社裏、牛像の前を通り過ぎてから態々戻ってきながらこっち向いてくれたお姉さん、もう一歩待ってシャッターを
切ればよかった。

AtelierNOVAグループ展 いとぐち 後半、いよいよあす3/20まで。フレンドリーな空間に、フレンドリーな人々、そして写真。

On March 16th
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Voigtländer 21/25mm
Viewfinder, Lense Hood LH-20N via MARUMI Step-up Ring 49-52
and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニシシンジュク

Lrm_export_135865407839573_2019031

四十年前から十数年間暮らした界隈の近所、地上は幾度となく通ったが、二十年前に出来たこの駅で降りるのははじめて。
ホームと別に改札口階があるとは想定してなかった。規模はともかく中野坂上駅並み。
さあいざ、AtelierNOVAグループ展後半いとぐちへ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 15, 2019

比較検討中

Lrm_export_104610519745193_2019031

刷って五日後のレッドラベルプラスと刷りたてのシルバーラベルプラスを並べ、見比べる。うーん…黒の締まり具合は、
火を見るより明らかでシルバーに軍配。一方、ローラー痕の目立たなさは、紙厚も坪量も圧倒的に小さいレッドの勝ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 14, 2019

お茶とフレーム、

Lrm_export_67211107212900_20190314

アイアイエーギャラリーさんから届きました。これで、「フォト茶Vol.01」出展の支度が進みます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 13, 2019

ヤヤシマリツツアル

Lrm_export_15261519897300_20190313

ピクトリコ/GEKKO レッドラベル プラスを刷って三日後。二日前より、やや締まりつつあるような塩梅だが、小指の頭ほどの
長さの給紙ローラー痕が、用紙の挿入側にうっすらと。純正用紙とほぼ変わらぬ厚さ(その差0.03mm)だが、機械は愚直に
働くのか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

より以前の記事一覧