Posts categorized "ヤナギタ・クニオー"

Nov 13, 2018

一堂に会した。

Carl Zeiss Jena Werra 3, Tessar 50mm F2.8 with Lense Hood, Flektogon 35mm F2.8 and Cardinar 100mm F4

Lrm_export_119755345667430_2018111

五年半前、牧さんの「カメラのリンクショップ」で見初めたにも拘わらず、目測ピンだからと当時は見初めなかったことに
していたWerra。それから長い月日を経たこんにち、3型ボディと交換レンズが一堂に会した。
ボディとテッサーとカルディナールはベルリンから、フレクトゴンはブダペストからお越しいただいた。

ファインダー内は周囲に汚れがあるものの、二重像合致はバッチリ。シャッターは、1秒が長すぎるのとBが閉じないの
に目を瞑れば実用可能と思われる。テッサーもフレクトゴンも綺麗で動作確実。ただ、カルディナールの絞りがボディに
連動せず、つけても外しても絞り込まれたまんまorz

21:32 on November 13th
f5.6, 1/20, ISO 800, RICOH GR II

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2018

きたぜ、ザギン、

キヤノンギャラリー。HARUKI先生の「遠い記憶。Ⅱ」
アメリカ橋ギャラリー以来二年ぶり。いやはや、スんバラしいです。カッコいいです。11月14日 14:30まで。

Lrm_export_176180983611689_2018110

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2018

やはりイチオシ。

矢野顕子による伝説のライブパフォーマンス「あしたてんきになれ~あめふり~相合傘」の二曲あとで、それを
清水ミチコがなぞる…という構成からして、僕が知るはっぴいえんどトリビュート盤の中では、やはりイチオシ。

Lrm_export_148354869861942_2018110

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 06, 2018

やっと手に入れた、

高校生の頃から欲しかった、浅井慎平「ビートルズ東京」の、いわば再編集縮刷版を。
風邪で体調崩して二日目の良い薬。

THE BEATLES IN TOKYO 1966, PHOTOGRAPHS BY SHIMPEI ASAI , TEXT BY PETER BAUM

Lrm_export_120347171680805_2018110

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 05, 2018

モンナカエッチュートヨス

201811030103_2

201811030108_2

201811030113_2

201811030118_2

201811030115_2

魚住整形外科のナースは元々、低解像度画像を拡大しすぎたせいなのか、輪郭はおろか木目も目鼻立ちもボヤけた姿で
左腕を上げており、その姿にバッチリ二重像合致させて撮った…と思ったら、この始末。
東京商船大学改め東京海洋大学の塀の上の木の実のすぐ手前に止まったハエにバッチリ二重像合致させて撮ったところ、
右手のやや離れた木の実の方が、まだ少々合焦気味だった。
都立第三商業高校グラウンドでサッカーに興じる子供たちや夕空背景の豊洲ビル群は、二重像合致無視の無限遠で撮影。
豊洲運河渡ってすぐのタテ構図も、そうして撮ればよかった。

ほかにULTRAFINE Extreme 400を詰めたマキナオートデートも携え撮り歩いて辿り着いた芝浦工業大学豊洲キャンパス
芝浦祭の写真部展示には、とてもインスパイアされた。僕が彼らの世代だった頃には獲得できなかったであろう視点と表現。
これから先が永遠のように長い彼らを、見守っていけたらいいなと感じた。
高山写真館の個展で出会ったSさんは不在だったが、八月に池袋の学外展を訪れた僕を覚えていた学生さんと、十分ほど
語らった。仮に人並みに所帯を営んでいたら息子であってもおかしくない年格好の彼は、臆することなく僕の話に付き合って
くれた。

高山写真館へ外注現像を託したULTRAFINE Extreme 400の120二本と135一本は、外注先で通常現像で扱ってもらえるよう、
日本カメラ11月号の赤城ドクター渾身の付録を見せて説明を付け加えておいたが、果たしてどうなることやら。

On November 3rd
Agfa OPTIMA 1535 sensor, MAPCAMERA MC-N 49mm Filter and Hillvale SUNNY 16 ISO400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r14)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Nov 04, 2018

ホンチョートデート

先週の日曜、ハサマダイヤから取って返すと、七月の個展をご覧になった方からご案内状をいただいていた、JRP
(日本リアリズム写真集団)千葉支部写真展 第26回「とぼぐち」へ赴くべく、88年当月当日のホンチョーへ。

波打つ舗道と原色とフェイクな広告が、ホンチョーのリアリズムだった。

On October 28th
RICOH AD- 1, HAKUBA 46mm MC Lense Guard Filter and FUJICOLOR (業) Color Film ISO 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r14)

2018102824_2

2018102814_2

2018102816_2

2018102809_2

2018102812_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2018

イヘエタンノウ

Lrm_export_5210553458270_20181102_

CAPA IN COLOR以来の日本橋三越新館。
…いやぁ、烏滸がましいけれど、ウマい。巧すぎます、伊兵衛さんてば。場と光を読んでます。ボケブレのコマが
あるのは仕方がない、ASA10だったんですから。

今回の展示の詳細は知らねども、おそらく、スライドをスキャンしてインクジェット出力したものだろう、裸眼で
思いっきり寄りで見極めた限りでは。

写真展 木村伊兵衛 パリ残像

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 01, 2018

よりみち、

渋谷区神宮前五丁目。

Lrm_export_56913715882033_20181101

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 29, 2018

ハサマダイヤ

201810280111_2

201810280104_2

201810280103_2

201810280102_2

巻き上げ忘れて二重露光させたコマもあるけれど、想定外によく写ってるの。

しかし先週と同様、PhotoshopCC 2019でカラーのブローニー判を一旦TIFFで保存した後、「書き出し - Web用に保存」
で3MB未満のJpegにリサイズするのに、一コマにつきたっぷり一時間かかった。昨夜二コマ、今夜二コマに分けて処理。
以前…PhotoshopCC 2018だった頃は、これほど待たされなかった。

そこでRAMを二倍に拡張するべくオーダーした8GB DDR4。きょう届いていたが、メモリスロットへ辿り着くために、都合
十本ほどのプラスネジを弛め、メデイアトレーを取り出してからバックパネル全体を取り外さねばならず、平日夜の作業
は断念。

On October 28th
RICOHFLEX DIA L, walz "Bay2" Lense Hood and FUJICOLOR PRO H400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r14)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Oct 28, 2018

ファインダー明るい、

Lrm_export_160026077619676_2018102

ビューレンズにもフード着けていたら、効果倍増だったか?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

より以前の記事一覧