« 2019年のきょう、ヘンタイ罷り通る。 | Main | 頼んますクロネコさん »

Mar 21, 2021

「東京開放区」前期、後期ともに盛況のうちに閉幕しました。

日本橋小伝馬町はアイアイエーギャラリーの「『東京開放区』−赤城戸澤写真道場グループ展− 」前期並びに後期が、盛況のうちに閉幕しました。
通しで二週間に及んだ会期中、多くの方々に足をお運びいただきました。天候不順の中、度々ご来廊の方もおられました。
出展者の一人として、厚く厚く御礼申し上げます。

昨秋から、自らが撮りたいものとお目にかけたいものとの間で葛藤と取捨選択を繰り返した半年間、たいへん勉強になりました。

前期展示作品「go ashore」の元画像をムービーに仕立てました。掲示したステートメントも改めてご紹介します。

go ashore

潮 匡人
USHIO Masato

古くは、歌川広重の「名所江戸百景」に描かれ、山本周五郎の「青べか物語」の舞台浦安の川向こうに浮かび、十年前「タモリ倶楽部」で取り上げられた、
東京二十三区内唯一の自然島、妙見島。

旧江戸川の鉄橋を渡る東西線からは「ラブホ島」にしか見えないが、浦安橋から初上陸して目を剥いたのは、小学生のころ暮らした筑豊の炭鉱町に聳えていた
ボタ山に迷い込んだかと見紛う、砂と土くれの山。

その山から零れ落ちた土砂が薄く積もって地続きになったような舗道と堤防のあいだに、マリンクラブやマーガリン工場や産廃処理工場が拡がり、
もはや何が祀られているのか判然としない小さな祠が点在していた。

次回は「祐天寺PAPER POOL5周年記念展『GOGO5!』」(前期:3/31〜4/11、後期:4/14〜25※水曜〜日曜のみ営業)の前期に出展いたします。
今回同様、前期・後期を通じて、ご高覧賜れば幸甚に存じます。

#アイアイエーギャラリー #赤城戸澤写真道場 #東京開放区 #妙見島 #GR3 #grsnaps #NikonDf #MicroNikkorPCAuto55mmF35 #yūtenji #paperpool #GOGO5!

| |

« 2019年のきょう、ヘンタイ罷り通る。 | Main | 頼んますクロネコさん »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

Mobile Circumstances」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2019年のきょう、ヘンタイ罷り通る。 | Main | 頼んますクロネコさん »