« February 2019 | Main | April 2019 »

Mar 31, 2019

ケフノハナ、キノフノハナ

きょう、津田沼は満開。
きのう、飯山満は五分咲き、新宿と中村橋は満開。

エスはじっくり撮れる。シャッター速度優先オート露出だけでなく、マニュアル露出も可能。レンズのキレも素晴らしい。
ジャーニーは手軽に撮れる。露出はフルオートながら、シャッターボタン半押し気味で針抑えとなり、AEロックが可能。
この個体だけ?

2019033136_2

2019033137_2

2019033127_2

2019033123_2

2019033115_2

On March 31st
Konica Auto S, MAPCAMERA MC-N 49mm Filter and FUJICOLOR C200
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

 

2019033005_2

2019033014_2

2019033020_2

2019033034_2

2019033035_2

On March 30th
Konica C35, MAPCAMERA MC-N 46mm Filter and FUJICOLOR(業)カラーフィルム ISO 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0)

きょうはエス

Lrm_export_83675774816823_20190331_13494

とりあえず小気味よい。

| | Comments (0)

Mar 30, 2019

ハナビエ

Lrm_export_46248964434175_20190330_19073 Lrm_export_46228208688871_20190330_19071 Lrm_export_46256938909901_20190330_19074

| | Comments (0)

シンカ・ケンザイ

Lrm_export_42849009925005_20190330_16232

ニコンプラザ新宿 フォトスクエアにて、高村啓子さんの個展「ETHER -エーテル-」を鑑賞。
「水のようで水ではない何か」に感じ入り、その眼と技の深化を見届けた後、解体中のスバルビル地下で、
新宿の目の健在を確認する。

| | Comments (0)

まずはジャーニー

Lrm_export_38950511000190_20190330_13371

船橋整形外科バス停、きょうはダイヤ乱れまくり。

| | Comments (0)

クロコニカビョウ

Konica C35

 

Lrm_export_13344914395323_20190330_01363

実を言うと、篠原カメラさんにコニカオートSを注文したその夜、物心ついた僕にはじめて父がシャッターを
押させてくれたジャーニーコニカも落札していた。黒塗装カメラを忌避していた父のこと、当然ながらそれは
白ボディだったが、僕は黒でそれをなぞる。こんなに小ぶりで軽いカメラだったのか。
嗚呼それにしても、今月はコレで3アイテム目。〆て4駄カメラ価格だが、のっけから己れに甘過ぎるな。笑

| | Comments (0)

Mar 29, 2019

サンチョウメ

Lrm_export_6132777367606_20190329_221538 Lrm_export_6099550420119_20190329_221505 Lrm_export_6141475466353_20190329_221547

| | Comments (0)

Mar 28, 2019

アゲバチョウ

Lrm_export_4284703588466_20190328_193008

| | Comments (0)

Mar 27, 2019

タイムシフト追っかけ中

Lrm_export_31841849776859_20190327_22330

 

三話通しで。

| | Comments (0)

僕にはカンケイナイですけれど…

「今なら、Apple PayのSuica定期券購入で、1,000円チャージプレゼント!」だそうで。

 

Lrm_export_28096158352090_20190327_20042

| | Comments (0)

Mar 26, 2019

コニカビョウ

KONICA Auto S

 

Lrm_export_6845996772801_20190326_222403

 

大阪は阿倍野の篠原カメラさんからお越しいただいた、清掃、整備済みのコニカ・オートS。ホントに塩梅がよい。

 

22:13 on March 26th
f4, 1/30, ISO 800, RICOH GR II

| | Comments (0)

ギガゴエナラザルカ?

Lrm_export_4061350663916_20190326_195949

 

…まあ、ムリでしょね。笑

| | Comments (0)

Mar 25, 2019

「写真家赤城耕一・戸澤裕司と行く『東京四季写真散歩』① 」講評で選んだ三コマと選ばなかった四コマ

R1659845_2

R1659829_2

R1659824_2

R1659820_2

R1659831_2

R1659846_2

R1659739_2

三週間後の第二回撮り歩きに同じ機材を持ち出そうかどうか思案中。あるいは…?

サブで携行したМ2とNOKTON 50/1.5で撮ったUltraFine Extreme 400は、今夜高山写真館へ預けた。来週末受け取り予定。

On March 24th
RICOH GXR with MOUNT A12, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L and View Finder for RICOH GR Lense 28mm F2.8

| | Comments (0)

Mar 24, 2019

半蔵門線全線走破

Lrm_export_33329395288949_20190324_11571

…とか書いてたら、曳舟で各停に乗り換え損ねる。笑

| | Comments (0)

Mar 23, 2019

リハビリマチ

Lrm_export_1691742541228_20190323_123917

この整形外科病院へ通って八年あまり、きょうはじめて、片足義足で歩き回る方を見かけた。
傍目には僕なんかよりはるかに達者だが、そこはそれ、その身体を抱えた本人にしかわからない何かがあるのだろう。

| | Comments (0)

Mar 22, 2019

メンドクサー

20190322

ココログメンテナンス・リニューアルに伴う障害や不具合は、まだまだ続いている。
公式発表では「DNS伝播の遅れ」もあり、ページ表示の遅れやログイン不可が解消されていないとのことだが、
幸いなことに僕は、その影響はもう被っていないようだ。だが、ブログツールそのものが、TypePadから何やら
不明なものに更新されたことによると思われるメンドクサーな状況に陥っている。

それは、改行部分に勝手に挿入される<div>タグ。「通常エディタ」に切り替えると表示される。文章一行のみ
ならず、写真一枚ごとのHTMLの行頭に必ず<div>、行末に必ず</div>。

「リッチテキストエディタ」や「PCプレビュー」では気づかないが、実際の投稿記事では、たとえば上のスクショ
のように、写真と写真との間に意図して設けた空白行がなくなってしまう。公式FAQに質問するもなしのつぶて。
代わりに<p>タグで囲うという代替策を公開しているユーザーもおられるが、僕は、原則として記事全体の冒頭
のみに<div>、末尾のみに</div>で対処した。そうすると、下のスクショのように意図した空白行が現れる。

理由はわからぬが、ここ二週間ほどの投稿記事のみにこの現象が発生しており、この対処を行った。もっと過去の
記事まで遡るつもりもヒマもないが。

201903222

| | Comments (0)

Mar 21, 2019

ハチダイメ

Canon AS-6

Lrm_export_28594268166435_20190321_09553

八台目駄カメラは、三台目のキヤノンにしてニコノスV以来の水中カメラ、$24.50。もちろん陸上でも使える。というか、
ウシオ、ダイビング始めるわけじゃないってよ。素通しファインダー、1.5m以遠固定焦点、露出はお任せオート。

09:50 on March 21st
f5.6, 1/15, ISO 800, RICOH GR II

| | Comments (0)

Mar 20, 2019

コンナカンジ

| | Comments (0)

ヘンタイモンゼツ

Lrm_export_45813505587781_20190319_16040

20:57 on March 19th
f5.6, 1/30, ISO 800, RICOH GR II

ぐはぁ…大は小を兼ねてはくれなかった。GXRで使えるのはSDHCカードまでだと事前に調べておくべきだった。

それにしても、ココログ売り物の「メンテナンス障害」、僕の場合は当初終了予定から24時間で復旧した
ようだが、果たしてこの投稿はどうなるか?ニフティの情報提供の遅さマズさも相変わらず。やれやれ。

| | Comments (0)

Mar 18, 2019

ヘンタイ

RICOH GXR with MOUNT A12, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L and
View Finder for RICOH GR Lense 28mm F2.8

Lrm_export_12224850318251_20190318

20:16 on March 18th
f5.6, 1/25, ISO 800, RICOH GR II

液晶は使わず、GR28/2.8用ビューファインダーでフレーミング、目測ピンでゆく。フードは付けてもいいかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 17, 2019

有酸素運動

Lrm_export_172893727119092_2019031

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2019

ケラレザルニアラザルサール

2019031606_2

2019031605_2

2019031607_2

2019031624_2

2019031623_2

…もとい、ケラレザルニアラザルルサール。ホントはケラレザルルサールと書きたかった。
もう、ナニ云ってんだかわかんなくなってるが、要するにケラれた。ステップアップリング咬ませた時点で、すでに負けてる
のだろうか。心斎橋ではもろに逆光を受けても、絞り羽根形などの軽微なゴーストが出ただけ。フードは必要ないのか?
指の写り込みを防ぐという役割を除いては。

成子天神社裏、牛像の前を通り過ぎてから態々戻ってきながらこっち向いてくれたお姉さん、もう一歩待ってシャッターを
切ればよかった。

AtelierNOVAグループ展 いとぐち 後半、いよいよあす3/20まで。フレンドリーな空間に、フレンドリーな人々、そして写真。

On March 16th
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Voigtländer 21/25mm
Viewfinder, Lense Hood LH-20N via MARUMI Step-up Ring 49-52 and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニシシンジュク

Lrm_export_135865407839573_2019031

四十年前から十数年間暮らした界隈の近所、地上は幾度となく通ったが、二十年前に出来たこの駅で降りるのははじめて。
ホームと別に改札口階があるとは想定してなかった。規模はともかく中野坂上駅並み。
さあいざ、AtelierNOVAグループ展後半いとぐちへ。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 15, 2019

比較検討中

Lrm_export_104610519745193_2019031

刷って五日後のレッドラベルプラスと刷りたてのシルバーラベルプラスを並べ、見比べる。うーん…黒の締まり具合は、
火を見るより明らかでシルバーに軍配。一方、ローラー痕の目立たなさは、紙厚も坪量も圧倒的に小さいレッドの勝ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 14, 2019

お茶とフレーム、

Lrm_export_67211107212900_20190314
アイアイエーギャラリーさんから届きました。これで、「フォト茶Vol.01」出展の支度が進みます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 13, 2019

ヤヤシマリツツアル

Lrm_export_15261519897300_20190313

ピクトリコ/GEKKO レッドラベル プラスを刷って三日後。二日前より、やや締まりつつあるような塩梅だが、小指の頭ほどの
長さの給紙ローラー痕が、用紙の挿入側にうっすらと。純正用紙とほぼ変わらぬ厚さ(その差0.03mm)だが、機械は愚直に
働くのか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Mar 12, 2019

Re: Re: Hooded

Viewfinder, Lense Hood LH-20N via MARUMI Step-up Ring 49-52 and Hood Cap on PICTORICO GEKKO Red Label Plus

Lrm_export_176102013218226_2019031

20:21 on March 12th
f4, 1/40, ISO 800, RICOH GR II

フォクトレンダー度上がる。ニッコール2.1/4用より傘部分の外径が指でわかる程度に大きく、高さは明らかに低い
カラスコ20/3.5用の中古フード。キャップまで付いてきた。コレでケラれなければよいが…というか、そもそも
奥二重なルサールにフードは要らないのでは?…とまで、楽屋裏では言われている。笑

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 11, 2019

ゲッコーレッドラベルプラスミキワメチュウ

Lrm_export_139828213373836_2019031

果たして、シルバーラベルやブルーラベルのように、日ごとに締まりゆくか?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Mar 10, 2019

マダネテルネ

Lrm_export_111986770234979_2019031

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケラレラサール

2019030915_3

2019030910_2

2019030900_2

2019030907_2

2019030905_2

…じゃなかった、ケラレルサール。49-52ステップアップリングを介したニッコール2.1cm /4のフードでは、全てのコマの
四隅に明らかなビネッティングガー笑
構図の水平垂直、被写体への正対は馴れてきたようだが、もっと、ぐわんぐわんの寄りで撮らナイト。

ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ウラハラルサール

2019030922_2

2019030925_3

2019030926_2

2019030927_2

20190309290_2

およそ四年半ぶりにウラハラへ潜入し、ヒカリノアリカへ。陽が長くなった。

On March 9th
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Voigtländer 21/25mm
Viewfinder, Lense Hood engraved "f=2.1cm 1:4 Nikon F JAPAN" via MARUMI Step-up Ring 49-52 and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 09, 2019

ヒカリノアリカニアリ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハナビライカ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 08, 2019

コヨヒシンジク

Lrm_export_60800904979874_20190308
Lrm_export_60959701840334_20190308
Lrm_export_61085772985963_20190308

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 07, 2019

ソッコー

Lrm_export_40841418268115_20190307

服用した途端、しゃつくり収まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キョウシュウジョマエケイユツダヌマグリーンハイツユキガ、ヒトツマエノテイリュウジョヲツウカシマシタ。

Lrm_export_36139143486159_20190307

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 06, 2019

Royal Mail Arrived.

Lrm_export_30790682619396_20190306

英国のRoyal Mailはホントに速達。一週間で届く。
…あ、コレは、フラグシップ駄カメラことCanon Autoboy ZOOM Superの輸出版、Canon SURE SHOT ZOOM XLの取説。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Warp

Lrm_export_23384626395034_20190306

電車遅延三すくみな状況で、総武快速ワープが奏効、いつもより十分ほど早く飯田橋へ。<

【追記】
なんか、綴りを間違えてそうでヤだな、きっと"worp"だったりするんだろうな、warは「ウォー」、warmは「ウォーム」、
awardも「アウォード」なんだし…と調べてみたらば、なんと、瞬間移動を指す「ワープ」なる言葉そのものが、英語には
存在しないらしい

因みに、やはりwarpは「ウォープ」で、「〈まっすぐ[平ら]なものを〉そらせる,ねじる,ゆがめる」という言葉だそうで。
ああそういえば、「時空をゆがめて折り畳んで、それを越える」とかなんとか、かのアニメでは解説していたよな…とか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2019

Bye bye TrackBacks.

201902170208_2

まずは告知です。いよいよあすから、写真展「光の在り処〜未来を紡ぐ北星学園余市高校〜」が始まります。

2019年3月6日(水)~3月10日(日)11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)
ピクトリコ ショップ&ギャラリー 表参道
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目14−5 Cabina表参道 1F

先月、大阪は心斎橋ギャラリー・ソラリスの「駄カメラ写真グループ展 大阪」のトークイベントで、熱い思いを込め、
この写真展と北西余市高校を紹介する写真家の戸澤裕司先生と、アシスタントの山田淳子さんの写真を再掲します。
一人でも多くの方にご覧いただきたいと思い、会期終了まで、このblog冒頭に写真展のご案内を掲載しています。

(Facebookなどのリンクからスマホやタブレットでご覧の方で、「スマートフォン表示」になっている方は、いちばん
下までスクロールして「PC表示に切り替え」をタップするか、ブラウザのメニュー(GoogleChrome for Androidの場合、
右上の・がタテに三つ並ぶあたりをタップ)から「PC版サイト」を選択してください。黄色とグレーのツートンになったら
きょうの日付「Mar 05, 2019」の上にある「Main 」をタップすればオーケーです。)


…という流れから、きょうの本題へ。ニフティ株式会社から「ココログ全面リニューアルのお知らせ<ココログ>」という
メールが届いた。十年以上前、それが終わるたび障害に見舞われた「メンテナンス」や「バージョンアップ」という言葉は
用いていないが、やはり、良い報せではない。何より、「トラックバック機能の終了」に目が点(・。・)

コレは、十五年くらい前(もうそんな昔のことなのか…)「Web2.0」などと持てはやされていたWeblogのウリの一つだった
はずなのだが、ココログでは3月19日以降、使えなくなるのですね。
まあ、自分の投稿記事中で自分の過去記事や写真へリンク貼ってトラックバック飛ばして相互リンク、という使い方しか
してないし、外部から来るのは、おおむかしの一時期を除いてトラックバックスパムばかり(それでも最近は激減)だし、
そもそもexblogなどでは「トラックバック(会員専用)」だったり、トラックバックそのものがなかったりするワケだし。
でも、自己完結相互リンクすら叶わなくなるのか。切ないな。手足をもがれたような気分だな(そんなことはない笑)。
利用可能ディスク容量10GBの76%にまで迫ろうとしている僕のようなユーザは、いずれどうなるのか?何も書かれては
いないが、届いたメールの内容を、以下に抜粋引用。

平素はココログをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 昨年の12月にココログは15周年を迎えました。システムが老朽化しているの
 と今後もよりよい機能を提供し続けられるようにするため、2019年3月19日、
 サービス開始以来、最大規模の全面リニューアルを実施します。
 対象はココログの全利用者です。
 これにより、管理画面の停止を伴うメンテナンスや、終了する機能、
 新規に追加される機能などがありますのでお知らせいたします。


━【1】リニューアルのメンテナンスについて━━━━━━━━━━━━━

 下記時間帯でメンテナンスを実施しますのでご確認ください。

 ◇対象

  ・ココログベーシック/プラス/プロ

  ・ココログフリー

 ◇メンテナンス日時

  2019年3月19日(火)1:00 - 13:00
  ※管理画面の利用ができなくなります。
   ブログの閲覧は可能です。

 ◇リニューアル日時

  2019年3月19日(火)13:00

━【2】主な変更点、サービス終了、制限事項━━━━━━━━━━━━━

 リニューアルによる、主な変更点、制限事項は以下の通りです。

 ◆主な変更点

  ・パソコン版管理画面リニューアル
  ・スマートフォン版のURLがパソコン版と同一に
   ※今までのスマートフォン版のURLにアクセスされた場合は
    パソコン版URLにリダイレクトします。
  ・スマートフォン版閲覧画面リニューアル
   ※パソコン版閲覧画面は基本的に変更ありません。
  ・ココログTOPページリニューアル(パソコン版、スマートフォン版共通)

 ◆主なサービス終了、制限事項

  ・ココログ公式スマートフォンアプリの終了
   (ココログ for Android、ココログ for iPhone)
   ※4月中にスマートフォン用管理画面を提供予定
  ・トラックバック機能の終了
   ※すでに受けた情報は保持します。
  ・携帯電話(ガラケー)からの投稿、閲覧
  ・記事への写真以外のアップロードの一旦中止(4月中に対応予定)
  ・ココログtopのカテゴリー別新着記事の終了
  ・ZIPファイルでの画像登録

   ※代わりに10枚までまとめてドラッグ&トロップで登録可能に
  ・マイリストの「読み込み/書き出し」の終了
  ・マイリストの「人」の終了
  ・システム側の作成したディレクトリはファイルマネージャーで
   削除不可に
  ・記事の日毎、週毎表示の終了
  ・お絵描きツールは終了

 ※リニューアルに関して今後追加の情報がある場合は、
  下記「お知らせココログ」にてお知らせいたします。
 http://opt2.nifty.com/mail/u/l?p=4zyFvNAPc-TsuKpTt2BQwgZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2019

Re: Hooded

Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Voigtländer 21/25mm Viewfinder and Lense Hood engraved "f=2.1cm 1:4 Nikon F JAPAN" via MARUMI Step-up Ring 49-52 on PICTORICO GEKKO Silver Label Plus

Lrm_export_107590628383742_2019030

21:59 on March 4th
f4, 1/40, ISO 800, RICOH GR II

僕はけっして、カメラ純正原理主義者ではなく、あくまで実用本位を旨としているつもりである。だが、きのうの組み合わせ
だと深くてケラレるのでは?…という助言と、そもそもピン決めの都度角形フードを回すなんてやってらんないだろうし…
と我に帰り、ステップアップリングを介して手持ちのニッコール2.1cm F4用フードを兼用させることにした。加えて、左右
シンメトリーなルサール純正外付けビューファインダーを、左へオフセットされたコレまた手持ちのフォクトレンダーへ交換、
レンズの光軸中心線上ではないものの、明かり取り窓脇のビス上までビューファインダーのセンターが移動した。

ただ、三百円ちょっとのマルミのリングは「合わせ買い対象」、んじゃ、復活した月光シルバーラベルプラスをお取り寄せし
てみるか、デッドストックの旧シルバーラベルの在庫、まだ二パックあるんだけど、ま、いーか。笑

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Mar 03, 2019

Hooded

Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Viewfinder, Haoge 49mm Screw-in Lense Hood LH-E3T and Cap-HG-B

Lrm_export_66393189413053_20190303

暮れに取り寄せた「ZIGGY STARDUST」のDVDようやく見ながらコレを書いている。スんバラシイが、Starman入ってないんかぃ。

13:54 on March 3rd
f4, 1/40, ISO 800, RICOH GR II

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ウメノカ・ホウカイ

201903020317_2

201903020314_2

201903020319_2

201903020324_2

201903020305_3

今年も僕は、梅の香には鈍感だ…というより、全くと言っていいくらい、わからない。金曜夕刻、飯田橋の揚場町では、
マスク越しにまだ見ぬ沈丁花を嗅いだというのにだ。

ツダヌマニシノハテノハテの舳先を形作る擁壁に刻まれたクラックの一部が崩壊、目玉のような穴が開いていた。

On March 2nd
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Viewfinder and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 02, 2019

ツダヌマハサマラサール

2019022307_2

2019022305_2

2019022303_2

201903020112_2

201903020120_2

…じゃなかった、ツダヌマハサマルサール。
習志野文化ホールの背後に姿を現し、津田沼駅北口から見えるようになったタワマンとそれを組み上げるクレーン、
飯山満は吹上の丘からは、千葉工大ツインタワーと居並んで見えるようになった。

On February 24th and March 2nd
Leica M2, KMZ PyCCAP MP-2 20mm F5.6 via Rayqual Camera Lense Adapter L-M 28/90L, Viewfinder and
ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ルサール習錬中

Lrm_export_33188985283376_20190302

先週末の好天ときょうの好天の下、二十四枚撮りを二本。
フードはY!オークションに丸型の出物があるが、いちおう角形のコレを見繕っておいた。
ピン決めの都度、リテーナーを弛めフードを回転させる使い方になるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Mar 01, 2019

コトシハツヒョウメンチョウリョク

Lrm_export_4131024581806_20190301_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

meiji ave.

Lrm_export_1766521762031_20190301_


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »