« あすは夏期休暇行使その2、 | Main | お店のニオイ打ち消し薫るキンモクセイ »

Sep 27, 2018

三色刷り

Lrm_export_251828079915226_2018092
Lrm_export_252590377170925_2018092
Lrm_export_251844247961627_2018092

スリーナインの修理上がりを心待ちにしながら「まずは原典に当たれ」主義を実践し、アラカンながら非常に状態の良い
三色刷りのリーフレットを入手。

「魅力のポイント」冒頭に、「デラックスなスタイル……高級車のデザインで有名なホッヂマン・バーク社のデザイナーが
生み出した豪華なスタイル」と記されているが、固有名詞の「レイモンド・ローウィ」は出てこない。旧専売公社「ピースの
逸話」
からおよそ八年を経た当時でも、何かオトナの事情があったのか、それとも「わかるやつだけわかりゃいい」的な?

価格は標準50/1.9付きボディが¥31,800、ケース¥2,000、100/4がケース付きで¥17,700、35/3.5がケース付きで¥12,600と
されているから、もうこれは、一般耐久消費財ではなかった1960年当時のカメラの中でも、とりわけ高級品だったわけで。

五月の数週間で僕がボディケース以外をコンプリートするのに要した費用は、おおむね上記の半分程度だった。

|

« あすは夏期休暇行使その2、 | Main | お店のニオイ打ち消し薫るキンモクセイ »

心と体」カテゴリの記事

Mobile Circumstances」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三色刷り:

» バッチグースリーナイン [umblog]
ダンチデイキタヘテ以来三月あまり、河田商店さんに修理を託したスリーナインが、快調になって戻ってきた。 シャッタ [Read More]

Tracked on Sep 30, 2018 17:01

« あすは夏期休暇行使その2、 | Main | お店のニオイ打ち消し薫るキンモクセイ »