« いちばん沁みる、 | Main | 風の先っぽが見えたよ。 »

Sep 03, 2018

何度目かの正直…になっておくれ。

Lrm_export_92229607306062_20180903

数年前から気になっていた、無印の「駅の時計」を遂に、キッチン脇の柱に掛けた。
設置してから48時間、とりあえず電波を受信しながら順調に時を刻み続けているが、
コレで何度目かの正直…になっておくれ。

なにしろコレまで、掛け時計腕時計を問わず、僕が手に入れてきた電波時計は、悉く
息永らえることはなかったのだから。
短いものはひと月足らず、長くても一年ほど経つと、正確に時を刻まなくなり、あるものは息絶えた。
「電波タフソーラー」が売り文句の■シオ●ショックも、🌗ロト▼ックも。

|

« いちばん沁みる、 | Main | 風の先っぽが見えたよ。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

Mobile Circumstances」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何度目かの正直…になっておくれ。:

« いちばん沁みる、 | Main | 風の先っぽが見えたよ。 »