« From Ukraine with Love, Again! | Main | Ambulance, Fourth Time »

Sep 10, 2018

ゾルキー10 一号機による二本目

"A"モードが生きていないらしいゾルキー10 一号機による二本目は、全てストロボ撮影用モード、すなわち、シャッター
速度1/30秒固定、絞りはセンパチ基準の当てカンで、明るさによりf5.6あたりからf22まで手動で設定して撮影。

ストロークの深いレリーズレバーも相まって、手ブレを防ぐのがムツカシイ…てゆーか、一コマ目を除き全てブレてないか?
どうやら、右人差し指はボディ上面角に添え、中指でレリーズレバーを優しく押し込むようにすると、歩留まりが良いようだ。
これは、"A"モードが生きていてシャッター速度が変化する二号機でも、有効な対処法に違いない。

二コマ目、カメラは上にも下にもあおってないにもかかわらず、左端の電柱は樽型の歪曲収差の世界に立っている。まるで
ヨンサンパーロクで撮ったときのよう。

On September 7th and 8th
KMZ ZORKI-10, Nikon L39 52mm Filter and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r13)

201809080204_2

201809080209_2

2018090919_2

2018090922_2

2018090925_2

|

« From Ukraine with Love, Again! | Main | Ambulance, Fourth Time »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/67147968

Listed below are links to weblogs that reference ゾルキー10 一号機による二本目:

« From Ukraine with Love, Again! | Main | Ambulance, Fourth Time »