« メトロの空調吹き出し口って相変わらず強風 | Main | 颱風第十三号「サンサン」は… »

Aug 07, 2018

サニイオプティマ

201808060126_2

201808060121_2

201808060122_2

201808060110_2

201808060104_2

なんだか、日産の国内向け初代マキシマ「ブルーバードマキシマ」みたいだが、そうではない。いまや
貴重となったサニイ16を、ナツダカラ、コウナッタ、アグファオプティマ1035に詰めて持ち出すと、
優柔不断だった曇り空に陽が差してきた。

きっと違うよな…と思いながら、鏡筒のカミナリマークを指標に絞り値を合わせて撮ってみたが、案の定、
そんなことお構いなしのプログラム露出だった。カミナリ指標は、純正ストロボ使用時の絞り値指定用。

というわけで、目測ピンで、なおかつ、ボディ上側の鏡筒でクリックストップしファインダーにも表示される
近・中・遠のピクトグラムは頼らず、ボディ下側の鏡筒にある距離目盛りで被写体への距離に合わせる。
作業服姿のおじさん(って同年輩だろ笑)が対峙しているリベット止めの高架線柱、短いライトセーバーを
振り上げた交通誘導員、地下鉄工事中看板、飯田橋の下、狭い濠を泳ぐ二匹の亀、母の手を引く男の子。

ネガ及びプリントは、リクノトーコー35-Sとは逆に、やや露出アンダー気味の上がり。強めのシャドーを
SilverFastとPhotoshop CC 2018で持ち上げるなどして、全体のコントラストを弛める方向へ調整した。

On August 6th
Agfa OPTIMA 1035 sensor and Hillvale SUNNY 16 ISO400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r13)

|

« メトロの空調吹き出し口って相変わらず強風 | Main | 颱風第十三号「サンサン」は… »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/67028611

Listed below are links to weblogs that reference サニイオプティマ:

» クラウディオプティマあーっっ!! [umblog]
妙典山の麓で撮った日、途中から小粒の雨に打たれたせいか、きのう持ち出したオプティマ1035は、頗るご機嫌ななめ [Read More]

Tracked on Aug 12, 2018 at 17:52

» オプティマ・ザ・セカンド [umblog]
レンズキャップについてきた、¥1.95Kのオプティマ・ザ・セカンド、頗るご機嫌がよい。 やはり露出は暗め…とい [Read More]

Tracked on Aug 19, 2018 at 18:12

« メトロの空調吹き出し口って相変わらず強風 | Main | 颱風第十三号「サンサン」は… »