« 写真展七日目、折り返し | Main | 写真展九日目、千秋楽まで午後在廊 »

Jul 26, 2018

修錬あるいは制作

2018072506_2

2018072508_2

2018072511_2

2018072512_2

2018072524_2

ムリは利かないカラダで、ゆるゆると謎のブローニーイタカメBencini Koroll IIの修錬。f16、1/100秒でギロチン
シャッター8回押しなど。帰途、ピント調節可能だと判った後半三分の二は、半ば制作モードで撮った…つもり。

On July 25th
Bencini Koroll II, Lense Hood for Commet and Koroll Cameras and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r12)

|

« 写真展七日目、折り返し | Main | 写真展九日目、千秋楽まで午後在廊 »

Photography」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/66987642

Listed below are links to weblogs that reference 修錬あるいは制作:

» 台風十二号「ジョンダリ」の吹き返しに、この日の津田沼は見舞われていた。 [umblog]
…と、いうのは僕の作り話で、ギロチンシャッターの謎のブローニーイタカメで習作モード。 マリオン裏坂の赤土の谷底 [Read More]

Tracked on Jul 31, 2018 at 00:34

« 写真展七日目、折り返し | Main | 写真展九日目、千秋楽まで午後在廊 »