« 写真展七日目、折り返し | Main | 写真展九日目、千秋楽まで午後在廊 »

Jul 26, 2018

修錬あるいは制作

2018072506_2

2018072508_2

2018072511_2

2018072512_2

2018072524_2

ムリは利かないカラダで、ゆるゆると謎のブローニーイタカメBencini Koroll IIの修錬。f16、1/100秒でギロチン
シャッター8回押しなど。帰途、ピント調節可能だと判った後半三分の二は、半ば制作モードで撮った…つもり。

On July 25th
Bencini Koroll II, Lense Hood for Commet and Koroll Cameras and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r12)

|

« 写真展七日目、折り返し | Main | 写真展九日目、千秋楽まで午後在廊 »

心と体」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 修錬あるいは制作:

» 台風十二号「ジョンダリ」の吹き返しに、この日の津田沼は見舞われていた。 [umblog]
…と、いうのは僕の作り話で、ギロチンシャッターの謎のブローニーイタカメで習作モード。 マリオン裏坂の赤土の谷底 [Read More]

Tracked on Jul 31, 2018 00:34

« 写真展七日目、折り返し | Main | 写真展九日目、千秋楽まで午後在廊 »