« April 2018 | Main

May 21, 2018

土祝振替休日が終わる

RICOH 999, Ansco Xyton 35mm F3.5 with Toshiba SL-1A 55mm Filter and RIKENON 50mm F1.9 with Kenko SKYLIGHT 55mm Filter

Lrm_export_20180521_174550

先週半ばに届いていたアンスコ銘の35/3.5を着けたスリーナインで撮ってみようと思っていたのだが、
まるでジェットコースターのようだった土日の疲れが、予想以上に溜まっていた。

三本ある交換レンズの最後の一本、同じくアンスコ銘の100/4にもめぐりあい、ケンタッキーのUSPS
海外発送拠点で足踏みしている。それが届けば、あっという間にシステム・コンプリート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2018

急転直下、店仕舞い

Lrm_export_20180520_174634

先週末から急転直下、「居抜き」で引き継ぐハナシが没となり、「ほうとう家」は店仕舞い、そのお手伝いに常連客が集った。
…いまの心持ちを精いっぱい取り繕うとするならば、まるで笠間の陶器市状態。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 19, 2018

リハ終了、御茶ノ水へ向かいます。

Lrm_export_20180519_111703

Hさん、お世話になります。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2018

スモッギイ

Lrm_export_20180518_124030

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2018

乗りきろう、あと一日

Lrm_export_20180517_190230

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2018

ようやっと銀青

Lrm_export_20180516_203245

いまのクルマもこういう色を選びたかったのだが、ディーゼルモデルはアテンザとデミオにしか、この色設定がなかった。

その原点は、中二の時に買ったブリキの二段式工具箱の色、三十一年前の夏に新宿伊勢丹の脇によく停まっていたベスパ
の色、そして、十一年前の秋に錦糸町の裏町で出くわしたコルベットの色

【2018/5/17追記】
もっと幼かった頃の銀青原体験を思い出した。それは、米子の父方の祖父が吸っていた煙草のハイライトのブルー
これより明度や彩度が高いが、デザイナー和田誠が「1960年代東京のくすんだ青空」を表現したと言われる銀青。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2018

きょうはダイジョブ

Lrm_export_20180515_125003

機種変直前にもバックアップ取っといた方がいいんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2018

やってまった…

Lrm_export_20180514_123442

昼休みにスマホを取り出したらば、なんと電池残量が3%!このスクリーンショット取ってLrmobileでトリミングを
し終えたところで、あえなくシャットダウン。予備バッテリーの持ち合せはなく、会社で盗電するわけにもいかず。

アップグレードプログラムの一年半縛りが解け、webから機種変予約したら地元店入荷連絡まで十日以上待たされた
挙げ句、いよいよあすの帰りに機種変と相成り、毎晩WiFiで自動クラウドバックアップされるのを態々手動で走らせ
クレードルに置いて眠りに就く…その時点で残量が50%を切った程度だったのは覚えているが、肝腎のACが刺さって
いなかった。

それでも今朝はアラームが鳴って目覚めると、いつもと同じようにWiFiをOFFって機内モードにして持ち出した。
殆どの朝はWALKMANに身を委ね、スマホを触ることは滅多にない。

それでも今朝、アラーム鳴らせるだけの電池残量があったのが、まだしも幸いだった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 13, 2018

ホウトウヤスリーナイン

2018051222_2

2018051227_2

2018051226_2

2018051230_2

2018051232_2

市ヶ谷から津田沼へ舞い戻り、三か月ぶりのほうとう家へ。

…と言っても、病気療養中のマスターがお店を再開できるわけではなく、マスターに代わって、お店をどんがらにせず
引き継げる方が決まったことを、都合のつく常連客に伝えるためのお声掛かり。久しぶりに再会し、陽の高いうちから
振る舞い酒をいただき、Tさんのボトルを四名で飲み干す。今後もお世話になる一方、盛り立てていける人でありたい。

レイモンド・ロウイーのスリーナイン、暗いとこではピン決めが困難である。でもカメラブレは回避し易い。たとえ1/15秒
であっても。

On May 12th
RICOH 999, RIKENON 50mm F1.9, Toshiba SL-1A 55mm Filter and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r11)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 12, 2018

イチガヤスリーナイン

2018051211_2

2018051204_2

2018051207_2

レイモンド・ロウイーのスリーナイン撮りおろしは、市谷砂土原町カロタイプ・フォトワークスの赤城師匠ワーク
ショップ初日の往還。よく写ってる。フィルム装填時に気になったパトローネの据わりの悪さは杞憂に終わり、
ネガストリップのど真ん中に撮像されたコマが並ぶ。でも、やっぱりコマ間は落ち着きなく、パーフォレーション
の上に鋏が入った。

On May 12th
RICOH 999, RIKENON 50mm F1.9, Toshiba SL-1A 55mm Filter and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r11)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

三か月ぶりのカウンター

Lrm_export_20180512_183131

| | Comments (0) | TrackBack (2)

もう成田に着いて、発っている。

Lrm_export_20180512_162127

eBayのサイトには"Departed, TOKYO, 2d 2h ago"と表示されてるにもかかわらず、Aftershipも日本郵便もTrackingが追いついていない。
ところが、USPSのサイトによれば、もう成田に着いて、しかも発っている。川崎東郵便局送りになってるのだろう、
RICOH 999用の35/3.5。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 11, 2018

実に…三十九年ぶりか

Lrm_export_20180511_195949

RICOH 999のリケノン50/1.9用に55mm径のUVフィルター、できれば銀枠のWalzが手に入らないものかと中野へ
寄り道というか回り道してフジヤカメラのジャンク館へ来たら呆然、建物取り壊しのため仮店舗にて営業中…と
案内され向かったその先は、なんとブロードウェイのいちばん奥の二階。
中二で中野新橋へ転校してきた直後の頃クラスメートたちと足を踏み入れて以来だから、実に…三十九年ぶりか。

路面店舗だった頃の半分にも満たないであろう店内を渉猟する老若男女を掻き分けぐるりとひと回りした挙げ句、
入り口の直ぐ左脇に目指す中古フィルターの棚はあったが、古めのモノはKenkoとToshibaの黒枠のみ。もうじき
35/3.5も届く頃だから、その二つを押さえた。

サンモールどころかブロードウェイの端まで足を延ばしたんだから、いっそのこと新装開店間もない日東商事へも
…と思ったが、19時で店仕舞いしてることが分かったので、ブロードウェイのすぐ西隣を南下する路地を見つけ、
その突き当たりで左へ折れサンモールへ戻って下る。文字どおり下る。駅へ向かってこんなに下るんだったのかと。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 10, 2018

アメアガレ

Lrm_export_20180510_124537

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2018

今夏の駄カメラ候補、など

今年は真夏に開催予定と伝え聞く「駄カメラ展 5?」へのエントリーカメラだが、大阪は阿倍野の篠原カメラさんから
駄カメラ価格(税込)で手に入れたNikon F-401で遊ぼうか、それとも、去年真面目に撮ってしまったRICOHMATIC 35で、
今年は遊んでみようか。

因みに、いちばん下のは駄カメラにあらず。クラカメ専科の古本で見初めたその日に某オークションサイトで出会った、
RICOH 999 designed by レイモンド・ロウイー。
感度は微妙ながらセレン露出計は生きており、それとは無関係の絞りもマニュアルレンズシャッターも全て作動する
完動品。発売された1960年当時のアメ車のようなそのデザインの基調は、その翌年生まれた半ズボン小学生に素朴に
受け継がれているようだ。

Lrm_export_20180509_201608

Nikon F-401 with AiAF Nikkor 35-70mm F3.3-4.5S, RICOHMATIC 35 and RICOH 999(equivalent to Ansco Anscomark M in USA) with RIKENON 50mm F1.9

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 08, 2018

ハシリヅユサムシエリマク

Lrm_export_20180508_190256

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2018

連休明けの朝、Mellow Waves

Lrm_export_20180507_085705

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2018

クダンシタキタロクナナマル

201805050204_2

201805050206_2

201805050207_2

201805050208_2

201805050210_2

さほどインスパイアされなかった写真展の帰途、九段下から飯田橋まで、西陽射す目白通りを辿った。

On May 5th
PLAUBEL makina 670, Gobe UV 58mm Filter, ALSTONHAND Lens Hood for Makina Plaubel 67/670 and
ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r11)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2018

九段下

希望を追いかけて ~フロリダ州立大学所蔵写真展~

Lrm_export_20180505_151049

かなり保存状態が悪かったというASA10のコダクロームスライドをデジタイズして銀塩プリントし展示したとのこと
だが、十三年前に日本橋三越新館で見た「CAPA IN COLOR」のインクジェットプリントのようなときめきを感じる写真
は少なかった。順光で東京の街角を捉えたスナップ何枚かを除いては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2018

ヒサシブロニカ

…どろろんっ!フィルムうらがえしのじゅつ~爆

Lrm_export_20180504_172533

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2018

あすは出かけよう

Lrm_export_20180503_173937

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2018

やまないね…

Lrm_export_20180502_185506

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2018

今年もクスノキ谷はじまる

Lrm_export_20180501_183943

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2018 | Main