« January 2018 | Main | March 2018 »

Feb 28, 2018

さらば、如月

Lrm_export_20180228_172704

Lrm_export_20180228_172332

Lrm_export_20180228_173248

まだまだ気が抜けない、季節の変わり目だけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 27, 2018

最終日だけど寄り道せずに帰る。

二十世紀末回廊に広告が掲示されるようになり、なんというのか…二十世紀末感が弱まった。

Lrm_export_20180227_173342

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2018

短い付き合いだったけれど…

気が向いたら、また戻っておいで。マキちゃん。

Lrm_export_20180226_183842

| | Comments (0) | TrackBack (7)

Feb 25, 2018

二日目の二本目

一本目より改善が見られたが、やはりフィルム送り不良のため、再び挑んだリー・フリードランダーごっこの初っぱなは
エアー・ショット。その次のコマの二割ほど進んで以降は連続して露光され、不完全ながら十一コマがネガに記録された。
一コマ目、飯山満。f5.6、1/250秒。二コマ目・三コマ目、飯山満。f8、1/500秒。

201802240201_2

201802240202_2

201802240203_2

On February 24th
PLAUBEL makina 670 (equipped with Nikkor 80mm F2.8), Gobe UV 58mm Filter, Lense Hood and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

初日と二日目

初日、スタートマークをキチンと合わせたにも関わらず、最初の三コマは重なりながら失われていた。
四コマ目、銀座。f4、1/30秒。幻と化したキャバレー「白いばら」は見つからなかった。初めから幻だったのか。

二日目、八コマ目からは巻き上げ二回でもシャッターがチャージされなくなったが、それを何セットか繰り返した後に
突然復帰、残り三コマを撮りきった…つもりが、フィルムロールはすでに巻き上げられた後だったらしく、全て未露光。
五コマ目・六コマ目、津田沼。f8、1/500秒。

2018022304_2

2018022405_2

2018022406_2

On February 23rd and 24th
PLAUBEL makina 670 (equipped with Nikkor 80mm F2.8), Gobe UV 58mm Filter, Lense Hood and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Feb 24, 2018

津田沼現像待ち

数週間ぶり、高山写真館に身を委ね、ドキドキの数十分。

Lrm_export_20180224_143859

Lrm_export_20180224_143850

Lrm_export_20180224_143737

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Feb 23, 2018

いつも点くワケじゃなかった復刻版非常灯

Lrm_export_20180223_190633

かわうそ商店で愛用のブローニーフィルムを三本買ってオマケのパトローネ形キーホルダーをもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 22, 2018

銀ブラはあすにしよう。

周回する場所は決まってるし濡れずに行けるのだけれど。

Lrm_export_20180222_164716

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 21, 2018

ご快復をお祈りしています。

Lrm_export_20180221_174951

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 20, 2018

イルミネーションらしかった何かがいつの間にか撤去されてるね。

Lrm_export_20180220_164024

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 19, 2018

二晩寝かせると締まります。

Lrm_export_20180219_184404

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2018

制作中

ワークショップの暗室オプションは体調面から欠席しましたが、ブラザーとピクトリコにより鋭意制作中です。

Lrm_export_20180218_131323

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 17, 2018

リハ終了、

寄り道せず帰って見るか、それともイオンの家電売り場で見るか。

Lrm_export_20180217_132454

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2018

ヒタイショウ

Lrm_export_20180216_170618

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2018

ちゃんと届くだろうか?

きのうポチったボウイのCDの配送業者、すっかりバズワード化してるデリバリープロバイダに初めて当たった。
ステータスは一応、船橋市内で配達中らしい。

Lrm_export_20180215_170833

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 14, 2018

おや?まだウクライナにいることに

Lrm_export_20180214_212107

とっくにサンタさんが届けてくれた、Leica Elmar-R 180mm F4、Aftershipによれば、まだウクライナにいることに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Amazonポイントで「ほしい物リスト」からボウイのThe Next Dayをポチるなど

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 13, 2018

節分のアウトプット - 結 -

動物のいない動物園。全くいなかったわけではないが、その気配や声や臭いを殆ど感じなかった場で四本目を撮り終え、
Nさんにお返ししたプラウベル・マキナ670。フィルム二本撮っただけだけれど、その感触が、どうしようもなく懐かしい。

201802030403_2

201802030404_2

201802030405_2

201802030410_2

On February 3rd
PLAUBEL makina 670 (equipped with Nikkor 80mm F2.8) borrowed from NINOMIYA-san and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 12, 2018

節分のアウトプット - 承 -

電池交換してもミラーアップしたままウンともスンとものブロニカEC-TLは、フィルムバックを外すと、シャッター幕下端に
1ミリほどの隙間を残したままジャムっていた。

「どなたか、予備で貸せる中判カメラをお持ちの方、いらっしゃいますか?」という師匠の呼びかけに応えてくださったのが
Nさんだった。出てきたカメラはなんと、プラウベル・マキナ670。十年ほど前にアラーキーの写真のキャプションで見て
その名前だけは知っていたカメラが突如として目の前に。有り難くお借りして、蛇腹の出し入れのお作法はしっかりアタマに
叩き込み、フィルム装填と取り出しはその都度お手数をお掛けするという段取りで、この日三本目の撮影に臨む。

久しぶりのレンジファインダーにしてレクタンギュラーなフレーム。…タテ位置が好きなんだなどうしても。

201802030301_2

201802030303_2

201802030307_2

201802030308_2

On February 3rd
PLAUBEL makina 670 (equipped with Nikkor 80mm F2.8) borrowed from NINOMIYA-san and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Feb 11, 2018

節分のアウトプット - 転 -

桜木町駅前に全員集合の後、初めて足を踏み入れた野毛の裏路地で、参加者一名の方の巻き上げクランクのネジが脱落。
が、表通りのすぐ先に「大貫カメラ」ありとのことで、全員そちらへ赴く。…応急修理待ちの店内で、見なかったことに
していたあるカメラに、その直後、向き合うことになろうとは、夢想だにしていなかった。

再び裏路地に戻った二本目の四コマ目、ひばりお嬢の像を撮った瞬間、僕のブロニカEC-TLがミラーアップした…。

節分の翌日、フィルムバックをDDR製ゼンザノン付きEC-TL llに付け替えて撮った五コマ目以降の津田沼ニシノハテ界隈は
まるで、野毛の裏路地から地続きのようだった。

201802030202_2

201802030204_2

201802040205_2

201802040211_2

On February 3rd and 4th
ZENZA BRONICA EC-TL, ZENZANON 100mm F2.8, Gobe UV 67mm Filter, Lense Hood or
ZENZA BRONICA EC-TL ll, ZENZANON MC 80mm F2.8 by CARL ZEISS JENA DDR, Gobe UV 67mm Filter, Lense Hood
and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Feb 10, 2018

節分のアウトプット - 起 -

…というか、インプットしてアウトプットというべきか。

朝イチリハを終え、前のめりトントン拍子で小一時間ほど早く到着した桜木町駅前で、集合時刻までの肩慣らしの一本目。
京浜東北線がホームに入る手前からずっと見えていた、東横線高架の遺構へと吸い寄せられるのだった。

201802030108_2

201802030107_2

201802030101_2

201802030111_2

On February 3rd
ZENZA BRONICA EC-TL, ZENZANON 100mm F2.8, Gobe UV 67mm Filter, Lense Hood and ILFLORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Feb 09, 2018

渋谷だよおっかさん

Lrm_export_20180209_184845

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中村橋で上り急行線を通過してった電車が京急トレインに見えたが、きっと何かの間違いだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 08, 2018

ケサノウカイ

今朝、津田沼駅へ着いたのが少々遅れて総武快速で錦糸町までワープを選択したのが、結果的にいい巡り合わせとなった。
ほどなくして、ドア上の表示に「中央快速・総武各停運転見合わせ」の文字が流れ、迂回を決断。

勝手知ったる馬喰町で降り、いちばん東京寄りのエレベーターで1フロア上がって都営新宿線の改札口で振替乗車を告げ、
新宿三丁目で四両目付近のエレベーターから改札フロアへ上がり、再び振替乗車の旨を告げると、駅員さん流れるように
Suicaのタッチ履歴クリア。
何となく、三十年以上昔の土地勘に付き従ってエスカレーターを上がるとC4出口、二回左折で末広通りの一本東の路地を
北上、明治通りの大二股ロスを回避してさらに北上、およそ二十分後に会社へ到着。

Lrm_export_20180208_122804

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 07, 2018

つくばねの…

Lrm_export_20180207_165050

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 06, 2018

こっち側はこうなってた。

大江戸線飯田橋駅の後楽園側、二十世紀末回廊の長さは半分ほどで。エレベーターがある。そしてここは、地下六階。

Lrm_export_20180206_175945

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 05, 2018

祖父の祖父を知る。

十一年前に父が亡くなった後に取り寄せた戸籍を手繰っていて、祖父の祖父の名と命日と、祖父の祖父の妻だった女性の
生年月日と命日を知った。
「前戸主」とされている祖父の祖父の生年月日は不明だが、祖父の祖父の妻だった女性の生年は嘉永四年と記されていた。
ペリーの黒船来航前だ。

米子へ September 14th, 2007 - umblog

R0010600
16:40 on September 14th, 2007@父の実家

祖父が丹精込めていた鯉の池は枯山水の庭と成り果て、その周りでは沢山のカネタタキが
乾いた軽やかな音で鳴き合わせていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2018

撮りきりましたよ。

きのう、四コマ目でジャムったEC-TLのフィルムバックをDDR製ゼンザノン付きEC-TL llに取り付けて。
…昨夏以来の投資が奏功したと考えよう笑。

Lrm_export_20180204_155714

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ココハドコ?

Lrm_export_20180204_142157

Lrm_export_20180204_142246

Lrm_export_20180204_142437

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2018

ブロニカEC-TL、二本目の四コマ目で突如ミラーアップ

バッテリー交換し、師匠の手も煩わせてあれこれ矯めつ眇めつするも復旧せず。
ところが有り難いことに、参加者の方がサブで携行していたマキナをお借りすることができ、三本、三十コマ撮影できた。

Lrm_export_20180203_160116

| | Comments (0) | TrackBack (3)

朝イチリハ終了

Lrm_export_20180203_105525

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 02, 2018

きょうは役立たずでヨカったけれどこの冬あと何度こんな思いをするのあすは節分

Lrm_export_20180202_163445

| | Comments (0) | TrackBack (0)

屋根が、白い。

Lrm_export_20180202_091753

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2018

どうかこのままで…

Lrm_export_20180201_144901

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2018 | Main | March 2018 »