« あら…前玉汚れとるばい | Main | 白銀比? »

Sep 19, 2017

順光だとキリッと締まった描写になるのだけれど

On September 18th
ZENZA BRONICA S2, NIKKOR-H 50mm F3.5, Gobe UV 82mm Filter, Lense Hood and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r10)

2017091806_2

2017091809_2

2017091804_2

二週間前の同じ頃合いに撮った半逆光のコマに現れたハレーションの原因らしき前玉の汚れを見つけてしまったからには、
あえて西陽を画面に入れてみたくなるでしょ。

すると、予想を遥かに上回る大ハレーションとゴーストが出現。デカいフードがあったって意味がない。
コレが日陰だと柔らかく、順光だとキリッと締まった描写になるのだけれど。三コマいずれも絞り値はf5.6。

スキャナソフトウェアSilverFastの"Negafix"パラメータで、"ILFORD XP2 Super 400"の"ISO/ASA"設定に、"400 6x6"という
プルダウンがあることに、今回初めて気がついた。今まで設定していた"400"より若干ローキーな画像がプレスキャンされる。

|

« あら…前玉汚れとるばい | Main | 白銀比? »

心と体」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 順光だとキリッと締まった描写になるのだけれど:

« あら…前玉汚れとるばい | Main | 白銀比? »