« フィルム撮り初めは幻と化すもスキャン初めは甦り | Main | 十八時二十八分 »

Jan 09, 2017

でも、気になってるのはソレじゃないんだ。

きょうは、星に帰った日と遺作「★」の発売日から一年を迎えるデビッド・ボウイをフィーチャーしたRolling Stone二つ
の記事

友人のシェアに「いいね」をした。

不意打ちに塚ちゃんの案内で始まったNHK「にっぽん紀行」の大久保で取り上げられたのは、日本で一旗上げて家族を
母国から呼び寄せようと慎ましく奮闘しながら暮らすネパール人やミャンマー人に、職を失いながらも夜を徹して写経を
仕上げた中国人とそれを見守る大家さん…といった、ハートウォーミングな物語。
しかし、新宿の外れにある会社から目と鼻の先で繰り広げられているそんな暮らしに何だかホッとしたのは、今世紀初頭
くらいまで己がアタマに刷り込まれてきた、日本で暮らすアジア人のステレオタイプに同調してしまったからかも知れず。

でも、気になってるのはソレじゃないんだ。

Fri. 6 Jan 18:30 PM
Exported i-Parcel and in transit to country of destination

のまま、少なくとも72時間statusに変化の見えないups i-parcelは、今いずこ?

海外サイトで購入したものがi-parcelで配送された時の荷物の追跡方法まとめによれば…

”Completed customs clearance process”という情報が既に記載されていればi-parcel(trackmyparcel@
i-parcel.com)にメールで問い合わせをすることでSGHグローバル・ジャパンの追跡番号を教えてもらうこと
が可能です。


続いてSGHグローバル・ジャパン株式会社のサイトを開き、画面左にある”海外貨物追跡はこちら”の欄に
先ほどメールで教えてもらった追跡番号を入力。右横の検索をクリックします。

…ということなので、成田か羽田で通関後にみたび変わるトラッキングナンバーを追い、最後は佐川クオリティに期待して
待つ…という定めだ。

それにしても今回は、日本時間の12/23昼過ぎに落札してから二週間余り。かなり待っている状態だ。落札からちょうど
二十四時間経った頃、売り主からこんなメールが届いた。
"I will get it in the mail as soon as I can, but it is bad timing for shipping stuff. I might can get it in the mail
tomorrow morning, and I will try, but the day is crazy busy with Christmas stuff, and also I would rather it
not get stuck in the rush."

そしてこの三日後にモノは出荷され…、現在に至る。彼の国のホリデーシーズンは侮れない。
2011年の暮れから2012年の元日にかけ、日本の物流は暮れ正月でも止まらないことに驚いたのも、もはや懐かしい。

|

« フィルム撮り初めは幻と化すもスキャン初めは甦り | Main | 十八時二十八分 »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Mobile Circumstances」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿界隈」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/64742679

Listed below are links to weblogs that reference でも、気になってるのはソレじゃないんだ。:

» 十八時三十八分 [umblog]
東の空を見遣る…あるいはもう届いてやしないだろうかと。 [Read More]

Tracked on Jan 11, 2017 at 19:10

« フィルム撮り初めは幻と化すもスキャン初めは甦り | Main | 十八時二十八分 »