« October 2016 | Main | December 2016 »

Nov 30, 2016

いま昼メシを平らげた。

スマホのバッテリーは98%

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 29, 2016

新おにぎり 銀ひらすと野沢菜:25点

Lrm_export_20161129_124245

Arrived at Global Shipping Center
ERLANGER KY 41025 Mon Nov 28 10:14:00 GMT-07:00 2016

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 28, 2016

甲乙つけがたい

「氷雨色のスケッチ」のライブ収録版、去年のTIN PAN IIのさとがえるコンサートが最高だと思っていたが、
いま続けて聴いたら、その前年収録版と甲乙つけがたい。
今年は聴きに行ってみたいが、ムリだろうなあ…日曜夕刻のNHKホール。
先々週あたりはまだじゅうぶんに空きがあったが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かもんぬ、サンタさん

Lrm_export_20161128_123613

PROCESSED THROUGH USPS FACILITY
CINCINNATI 45235 Sun Nov 27 16:56:00 GMT-07:00 2016

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 27, 2016

最初乗りたかったオレンジ

Lrm_export_20161127_155036

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2016

ミランダオートメックスとセンソレックスの違い - Yahoo! 検索

ミランダオートメックスとセンソレックスの違い - Yahoo! 検索

アクセス解析ログ(足あと)を辿ってみたところ、Yahoo! 検索から誰かさんが「ミランダオートメックスとセンソレックスの
違い」というキーワードで、このblogの「ミリンダを最後に飲んだのは何時のことだったか?」という記事を見に来て
くださっていたことが判った。

カメラのリンクショップ開店初日に目に留まったこのカメラを手に入れたのが、僕の「ニコンFマウント縛り」からの逸脱の
はじまりだったこと、頸肩アタマの痛みに苛まれながらその年の春から再開したフィルム撮影に五月六月の二度持ち
出し、35/2.8を手に入れて三度目に臨んだらこれがハズれ玉、販売元に修理依頼した翌々日に自らが入院、二週間後
退院…といった来し方を辿っていたら、投稿記事に公開された「モンブラン万年筆」なる差出人からのコメントspamを発見。

その頃から突如として舞い込み始め、都度都度見つけては削除しても追いつかなくなった挙げ句、遂にその年の暮れ、
コメント公開を保留に設定して今日に至るわけだが、どうやら、その皮切りとなったらしいものを見逃していた。ついでに
思い立ち、公開を保留したまま放置しておいた数百件に及ぶコメントspamを一掃した。
その多くは"Thank you! Quite a lot of knowledge!"といった英文のお為ごかしあるいは独り言のようなフレーズ、一方
差出人名は、日本語の「クロエ バッグ 人気」とか「ブルガリ 財布 激安」とかいう釣り文句に、決して踏んではいけない…
というか踏んでないリンクが仕込まれていた。

blog投稿者の僕が感知する必要なく自動的にspam判定されたコメントがさらに四百件以上あるが、草臥れたので後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 25, 2016

まったくもって手こずらせてくれたねPaypalってば

Lrm_export_20161125_195506

…これでようやく、かもんぬ、ちょっと早めのサンタさん。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 24, 2016

Lrm_export_20161124_074334

Lrm_export_20161124_074310

Lrm_export_20161124_074234

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 23, 2016

Vivian Maier:A Photographer Found

Vivian Maier:A Photographer Found

Lrm_export_20161123_151441

三週間前の週末、市谷砂土原町のカロタイプ・フォトワークスにて刮目したヴィヴィアン・マイヤーの写真集、
”Vivian Maier: Street photographer”
その日までまったく知らなかった口惜しさで速攻注文したコレを、ようやくきょう、ゆっくり紐解く。素晴らしい。
この写真集には、こうしたものも含めた多くのセルフポートレートや、1984年にカラー撮影された写真が載っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 22, 2016

アカツチ

On November 20th
minolta SR-7 Black Paint, AUTO ROKKOR-PF 55mm F2, Nikon L37c 52mm Filter and ILFORD XP2 Super 400
scanned with OpticFilm 8200i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r6)

2016112000_2

2016112005_2

2016112010_2

2016112014_2

2016112015_2

2016112021_2

201611203502_2

ミノルタSR-7ブラック(呼び名は…「黒い二号さん」にしようっと)のシェイクダウンも兼ねた散髪遠征。

メーターの数値は概ね「センパチ」に相当する明るさを示したがハナから信用せず、1/1000秒または1/500秒のf5.6~
f2.8の辺りで撮ったところ、ほとんどのコマが二段ほど露出オーバーの濃ゆいネガが上がってきた笑
そこでスキャナソフトSilverFastの露出量パラメータを-2に設定した上で、中間トーンとコントラストを調整、通り掛かる
たび目を留めていた赤錆た「エバラ マイコンポンプ フレツシャーズ ミニ」のあった空き店舗跡地の、生乾きのアカツチの
トーンをモノにした…つもり。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 21, 2016

目の錯覚だったのか?

きのうの昼下がり、久しぶりに暮らしの気配を垣間見たかに感じた青塗りの二階家、夕刻に通り掛かったら、やはり
二階の窓に葭簾が下がっていた。
しかし今朝、葭簾は取り払われていた。…はて?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 20, 2016

小春日和

気になっている青塗りの二階家、葦簀が取り外され窓が開いていた?
…乗客の頭越しに一瞬視界を過っただけなので定かではないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

九歳

On November 12th
gaf Ansco MEMO Ⅱ and フジカラー(業)記録用カラーフィルム ISO 400
scanned with OpticFilm 8200i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r6)

2016111204a_2

2016111210_2

2016111213a_2

2016111214a_2

2016111215_2

2016111217a_2

2016111223_2
Self-portrait Photographed by HARUTOTTO

あと…十一年かあ、盃を酌み交わせる日が来るまで。

一年ぶりのアンスコメモ II。未露光のコマはなかったものの、撮り始めにもたつき裏蓋開けてリロード繰り返しの結果、
5コマほどロス。
三段階のゾーンフォーカスを切替え、露出はマニュアルで1/30秒固定、絞りを最小f22から開放f2.8までブラケティング
したり(屋外だけね)しながら45コマ。最近接が0.9mというのはツラい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 19, 2016

Foggy Hasama Valley

Lrm_export_20161119_135451

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 18, 2016

コレのせいらしい。

Lrm_export_20161118_170253

ファインダー視野の上半分の一部がうっすら暗く靄って見えるのは、このスクリーン裏の汚れと小キズのせいらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 17, 2016

黒いモノが黒いモノを呼び寄せた。

minolta SR-7, AUTO W.ROKKOR-HG 35mm F2.8 and Toshiba 52mm S L39 3 (UV) Filter

Lrm_export_20161117_191517

まるで、お伽噺が繰り広げられたかのようだった、この数日。

黒いトップカバーが、より番号の若い完動品黒ボディを呼び寄せた。35/2.8と135/2.8のロッコールレンズ二本に、
kakoのストロボや、カメラとストロボの取説や、それら以外の取説やらに加えて、半世紀前の板橋区は小豆沢の
「フタバカメラ」の中古カメラのチラシやらと共に。ニコンFあたりは現在の金額と同じような数字が並んでる。

ファインダーの見え具合は、これらの倍の志を積んで米国から呼び寄せた黒い恋人にやや劣るが、シャッターは
B~1/1000秒の全速度で作動するし、何より露出計が生きている。…お伽噺が、まだ続いてるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

どうして?

auのキャリアメールって、一体全体いつから「送信者と件名のみ受信」や「添付ファイルを受信しない」とかの設定が
出来なくなったの?
どうして?
危ないったらありゃしない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 16, 2016

いろいろ届くし

隣町の密林からプリンタ用紙、隣国の密林からはスマホ充電台…そして都内から、昨夜競り落とした黒いモノが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 15, 2016

市谷砂土原町界隈へ

On November 5th
minolta SR-1 series V Black Paint, AUTO ROKKOR-PF 55mm F2, Nikon L37c 52mm Filter and ILFORD XP2 Super 400
scanned with OpticFilm 8200i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r6)

2016110500_3

2016110506_3

2016110507_3

2016110508_3

2016110510_3

2016110512_3

2016110525_3

昼のお稽古へ向かう道すがら、f8の1/500秒であまり迷うことなくシャッターを切る。指が滑ってf11で撮ったコマもあった。
夜のお稽古第一弾の皮切りは衣被。f2開放の1/60秒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2016

ダメだなこりゃ

Lrm_export_20161114_184902

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 13, 2016

久しぶりにeBayで買った黒いモノが届いた。

MINOLTA TOP PLATE FOR SR-7 IN BLACK, NEW OLD STOCK/184202

Lrm_export_20161113_161816

Processed Through Facility, JAPAN on November 12, 2016 2:52 am
Held in Customs KAWASAKI PORT, JAPAN on November 12, 2016 9:15 am
Processed through Facility KAWASAKI PORT, JAPAN on November 12, 2016 9:37 am
Arrival at Post Office, JAPAN on November 13, 2016 4:11 am
Your item was delivered in JAPAN at 11:28 am on November 13, 2016.

2016/11/12 02:52国際交換局に到着川崎東郵便局
2016/11/12 09:15通関手続中川崎東郵便局
2016/11/12 09:37国際交換局から発送川崎東郵便局
2016/11/13 04:11到着船橋東郵便局
2016/11/13 11:28お届け済み船橋東郵便局

成田に着いたのをわざわざ川崎まで運んで通関したんだ…なんてことより、一体全体どうするんだコレ?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 12, 2016

カネタタキ♩=60

Lrm_export_20161112_113451

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 11, 2016

久しぶりにeBayで買った黒いモノは成田に

Your item departed a transfer airport in NARITA, TOKYO, JAPAN on November 11, 2016 at 4:36 pm.
The item is currently in transit to the destination.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

久しぶりにeBayで買った黒いモノは遂に太平洋へ向け飛び立った。

Your item departed a transfer airport in INTERNATIONAL, SAN FRANCISCO, UNITED STATES on November 10, 2016 at 6:45 am.
The item is currently in transit to the destination.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 10, 2016

久しぶりにeBayで買った黒いモノはまだ米国西海岸にあるらしい。

Your item was processed through our ISC SAN FRANCISCO (USPS) facility on November 9, 2016 at 3:17 pm.
The item is currently in transit to the destination.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 09, 2016

久しぶりにeBayで買った黒いモノは今…

Your item departed our PORTLAND, OR 97218 origin facility on November 7, 2016 at 6:50 pm.
The item is currently in transit to the destination.

…もうとっくに川崎税関だろうか?あるいは…?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Nov 08, 2016

タコの八ちゃんがとまらない【追記あり】

(すっちゃちゃ、すっちゃちゃ、すちゃすちゃすちゃちゃん)
♪ほんわか ほんわか ほんわかホイ
♪ほんわか ほんわか ほんわかホイ
♪タコの八ちゃん ソレ来たホイ
♪九州生まれのタコ焼きホイ
♪ほにゃららほにゃららタコ焼きホイ
♪こんがり焼~けたアツアツの~ タコ焼き八ちゃん いかがです~(ちゃちゃ)
♪坊っちゃんも~ 嬢ちゃんも~
♪タコ焼き八ちゃん ソレ来たホイ(ちゃちゃ)
(すっちゃちゃ、すっちゃちゃ、すちゃすちゃすちゃちゃん)
《繰り返し》

さっき突如として海馬が踊り、一部不明な歌詞があるものの、イントロ含めて脳内ヘビロテが続いている。
九州の筑豊は後藤寺に暮らした頃か、松山へ移り住んでからか、あるいは中二の春に中野新橋へやって来た
後のことか…いずれにせよ、1970年代後半から1980年代初頭にかけて、僕の暮らした界隈で流れていた唄。
五~六歳くらいの女の子が精一杯唱っていた。
「♪タコ焼き八ちゃん いかがです~」の「ちゃん」の音がいちばん高く、思いっきり背伸びした発声の後、
ぐっと下げて「いかがです~」の「い」に繋げるのが見事だった。

【追記】
「タコの八ちゃん」でググったらば、呆気なく音源に辿り着いた。

♪ほんわか ふんわか ほんわか ホイ
だった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Nov 07, 2016

久しぶりにeBayで黒いモノを買った。

小さくて軽くて安いものだが、その分送料が割高に感じる。
USPSに託され、まだオレゴンに逗留中らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Nov 06, 2016

突きおろし

Lrm_export_20161106_150513

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 05, 2016

夜のお稽古

Lrm_export_20161105_225848

Lrm_export_20161105_225958

Lrm_export_20161105_230553

| | Comments (0) | TrackBack (1)

昼のお稽古

Lrm_export_20161105_213528

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 04, 2016

今朝は富士が見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 03, 2016

課題制作中…

Lrm_export_20161103_152733

…ああでもない、こうでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2016

課題はあす仕上げるし金曜寄れないだろうから…

Lrm_export_20161102_220739

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 01, 2016

久しぶりに

月初め、久しぶりにこんな頃合いに昼メシ。
久しぶりに、「もち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布」を食っている。
久しぶりに、父が眠る寺の方角を見遣っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »