« 神の子vs.知恵伊豆 | Main | 気分転換を目論んで、 »

Sep 12, 2014

無限遠は合っていると考えてよいだろう。

R0029150_2
18:07
f4.5, 1/9, ISO 800, RICOH GXR with Mount A12 and Voigtländer SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
for Nikon F/F2 Mirror Lockup(and hundreds of other cameras) via RAYQUAL NF-LM V3 Mount Adapter

R0029157_2
18:11
f4.5, 1/34, ISO 800, RICOH GXR with Mount A12 and Voigtländer SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
for Nikon F/F2 Mirror Lockup(and hundreds of other cameras) via RAYQUAL NF-LM V3 Mount Adapter

最近接距離0.3mで撮影した後、距離環の指標を無限遠に合わせ、1.7km離れた地点に立つ三山タワーこと千葉テレビ
船橋三山放送所の鉄塔先端付近の航空標識灯が点った瞬間を狙った。…ややブレているのと高感度ノイズとリサイズ
jpegのため判り難いが、ライブビューで拡大表示したときの実感からみても、無限遠は合っていると考えてよいだろう。
…要は、僕の撮り方如何だ笑。

攻めよ、表現者。D750 - ニコンイメージングジャパン

小型・軽量、薄型で強度、剛性の高いボディー

D750は、ニコンFXフォーマットモデルで初めてモノコック構造を採用し、従来の構造では不可欠だった
大型の骨格部材を廃止。外装が骨格を兼ね、強度部材として内部構造を堅固に守るこの構造が、高い
強度・剛性を保ちながら小型・軽量化に大きく貢献しています。このモノコック構造の採用を可能にした
のが、「新素材の活用」です。前ボディー(下に掲載のモノコック構造イメージ図のオレンジ色の部分)と
ボディー前面のカバーには、軽量でありながらアルミニウムやマグネシウム合金に迫る強度・剛性を備
えつつ、表面外観性にも優れた炭素繊維複合素材(新素材※)を採用。さらに、背面カバー・上面カバー
にはマグネシウム合金を採用しており、軽さと同時に酷使に耐える強度と剛性を確保しています。

D600以来縁遠くなった51点AFが羨ましいが、この構造を生かした薄くて軽い「Dfの次」の商品企画が後藤研究所内で
立ち上がっていることを切に願う。
ペンタ部のストロボは要らないからD4のファインダー系組み込んでもらって、液晶はティルトしなくていいからコンデンサ
が要らなくなるのと合わせてさらに薄くしてもらって…と、妄想が拡がる。

新製品情報と共に紹介されていた画像共有・保存サービス「NIKON IMAGE SPACE」にはとりあえず登録したが、PCでない
とフル機能は使えず、「ニコン製カメラをお持ちの方は、スペシャルアカウントにアップグレード」しようにも出来ない。

|

« 神の子vs.知恵伊豆 | Main | 気分転換を目論んで、 »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

10VALVES / YCMtg」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無限遠は合っていると考えてよいだろう。:

» ホントに…もう一息小振りで軽かったらなぁ [umblog]
13:31 on October 4th f5.6, 1/640, ISO 100, Nikon Df wit [Read More]

Tracked on Oct 07, 2014 01:03

« 神の子vs.知恵伊豆 | Main | 気分転換を目論んで、 »