« フロンティアの向こう側とこちら側と | Main | J:COM「スポーツの力」船橋オートレース »

Jun 22, 2014

きのうの巡り会わせ

Dsc_1451_2
15:32 on June 21st
f8, 1/80, ISO 100, Nikon Df with Ai Nikkor 28mm F2.8S and 52mm L37c Filter

きのうは、昼過ぎに吹上リハビリ通院後、上鷺宮まで散髪に赴いた後、津田沼に取って返してほうとう家ボー大懇親会
…というスケジュールだったので、徹頭徹尾公共交通機関で動くハラを決めていた。


一時間に一本の「津14」で早めに吹上に着いて、五週間ぶりに田んぼを撮って蕎麦を食べて…という目論見はしかし、
そのバスを逃がしたことであえなく瓦解、バス便の多いJR船橋駅北口からアプローチすることにしたが、最初にやって
来たのが、よりによって東船橋駅へ迂回し寄り道するバス。吹上に着いたのは、リハビリ予約時刻までに中途半端な
猶予しか残ってない頃合いとなったため、休暇で不在の担当PTのKさんに代わり半年振りにお願いするEさんを慮って
そのまま早めの受付を済ませて待機。

二度目のEさんは、最初に診ていただいた当時の状態との変化に目を見張りながら、このところの左頚肩と右肩上腕
のウィークポイントを緩和する施術を丁寧に施してくれた。

船橋駅北口へ戻るバスは遅れていた。その間、吹上の丘の上から25/2.8をつけたPEN-FTで二、三カット、青く伸びた
田んぼを捉えたが、丘のすぐ下の崖沿いを辿る細い流れから立ち昇る、1970年代の三鷹や後藤寺で嗅いだ溝臭さに
辟易して撮影中断。
遅れてやって来たバスはまたもや東船橋駅へ寄り道したが、船橋駅までの残りルートが大抵の場合渋滞に見舞われて
きたことを考え、ここから総武各停を決め込む。すぐ来た電車に乗れたのでロスはなかったものの、上鷺宮SPICULEは
予約時刻の三十分押し。…そして、富士見台駅南口を急ぐ僕の目に留まった、HONDAイーハトーブ。


当時の同僚のご家族のご縁で、大菩薩峠付近で一泊二日で催された「初心者向けバイクトライアル教室」に参加して
コーチやツッコミを受け、夜遅くまで酒を酌み交わした万沢康夫さんのことを思い出す。二日目の午前で早上がりする
際に走り出したTDM850が、まるで別モノのオートバイになったかのように乗りやすくなって驚いたことも懐かしい。

…そうか、あの戸惑う二度目のモラトリアムの季節が始まってから、もう十五年になるのか。

|

« フロンティアの向こう側とこちら側と | Main | J:COM「スポーツの力」船橋オートレース »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

10VALVES / YCMtg」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

筑豊」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference きのうの巡り会わせ:

» 郵便象さん、税関猿ちゃん、お願いだ。 [umblog]
On June 21st and 27th OLYMPUS PEN-FT, G.Zuiko Auto-W 25 [Read More]

Tracked on Jun 29, 2014 20:53

» f4で1/250秒 [umblog]
On July 5th OLYMPUS PEN-FT, Voigtländer Ultron 40mm F2 [Read More]

Tracked on Jul 06, 2014 21:23

« フロンティアの向こう側とこちら側と | Main | J:COM「スポーツの力」船橋オートレース »