« さよなら、ひかり号 | Main | いろいろ聴こえる。 »

Jun 08, 2014

長玉一本撮り

On May 17th
OLYMPUS PEN-FT, E.Zuioko Auto-T 150mm F4, and Kodak Gold 200
scanned with OpticFilm 7600i Ai (on SilverFast Ai Studio 8.0.1 r48)

201405170a_2

2014051707_2

2014051711_2

2014051716_2


2014051719a_2

2014051721_2

2014051724_2

これは、田んぼの翌週で運動会の前の週のことだから…かれこれもう三週間、フィルム撮影をしていないことになるが、
35mm判換算210mm相当の長玉一本、48コマを一時間足らずで撮り切ったこのときの特殊な体験は、やはり三週間ぶり
に行ったフィルムスキャンでありありと記憶に甦ってくる。


率直に言って、何を撮ればよいのか…と戸惑う暇もないほどの短い間に、ずっと気になっている空色の未来ビルのペンキ
の剥がれ具合、ムクドリ除けのケーブルカバー、赤と赤、浮き雲、曲がり続ける線路などに次々と目が向いた。

空間圧縮された絵作りは新鮮だった。ピンも合わせ易く、手ブレし難いシャッターのおかげで、歩留まりも悪くなかった。

だが、いつもこの長玉だけではやっていけないし、標準や広角と持ち歩いて取っ換え引っ換え…というのは、このカメラの
取り回しのよさをスポイルすることになる。やっぱり難しいなあ長玉は。


今回のフィルムスキャンにあたりSilverFastを起動すると、バージョンアップを促すポップアップ。「ダウンロードして
自動インストール」を選択したが、ダウンロード進行を示すバーが伸びきってフィニッシュしたきり、何も起こらない。
Adminでログインしてやり直してみても同じ。そこで、もう一つの「ダウンロードだけでインストールしない」を選択し、
デスクトップに落としたインストーラーを起動…という手順を踏んで、r48にアップされた。

iSRDによるダスト/スクラッチ除去は、フィルム送りか巻き戻しの際に刻まれる横筋の顕著なものを除き、概ね効いている。

|

« さよなら、ひかり号 | Main | いろいろ聴こえる。 »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/59782502

Listed below are links to weblogs that reference 長玉一本撮り:

» フロンティアの向こう側 [umblog]
On June 14th OLYMPUS PEN-FT, G.Zuiko Auto-W 25mm F2.8 w [Read More]

Tracked on Jun 15, 2014 at 21:08

« さよなら、ひかり号 | Main | いろいろ聴こえる。 »