« 九年 | Main | ついでに「デッドセクション越えの暗転」も再現してくれたら面白い。 »

Feb 17, 2011

身を置きたい場所であり続けて欲しいと願うのなら

米大手書店チェーンBordersが破産法適用申請 - ITmedia News

米第2位の書店チェーンBorders Groupは2月16日、米破産法第11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請
したことを明らかにした。

今後は全店舗の約30%を閉鎖するなどの再建策を進めていく計画。同社は電子書籍やオンライン書店の台頭に
押されて業績が低下していた。

…あれあれ。昨秋の西海岸滞在中に立ち寄ったSan Joseのモールにあった、まるで"往年のソニプラ"みたいだった書店だ。
そこは、広い店内にアカデミズムからエンタメ・ギーク方面に至る幅広いジャンルの書籍その他の品々が整然と並ぶ、浮き
浮きするような空間で、自分のお土産に写真集と、甥っ子向けにストリートカーのカレンダーと、思わず「どーもくん人形」
を買い求めた。

通販ももちろん好きだが、リアルのお買い物はもっと好きだ。売り場を歩き回って目に留まったものを手に取り、あるいは
目を惹かれるものに引き寄せられて歩いてゆく…、その繰り返しの中で味わう高揚感。

だが、リアル店舗が多種多様な在庫を取り揃え、そんな"祝祭空間"であり続けるというのは、実に大変なことなのだろう。

そこが身を置きたい場所でずっとあり続けて欲しいと願うのなら、まず何を措いても、そこに足繁く通うこと。

常日ごろ津田沼の丸善に通いながら、そう感じてきた。このところ足を運ぶ機会が増えたパルコのヴィレヴァンも、そんな
場所になりそうな気がしている。

|

« 九年 | Main | ついでに「デッドセクション越えの暗転」も再現してくれたら面白い。 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 身を置きたい場所であり続けて欲しいと願うのなら:

« 九年 | Main | ついでに「デッドセクション越えの暗転」も再現してくれたら面白い。 »