« 工場送り | Main | 最後のコダクローム64上がる »

Jan 14, 2011

何を想像してみようか

「想像上の行為」も現実的影響:食べ物で実証 - WIRED VISION

チョコレートの『M&M's』を食べるところを想像してみよう。自分の前にボールいっぱいのM&M'sがあり、その
ひとつを口に入れて噛み、味わい、飲み込む。次のひとつも。その次も――『Science』に昨年12月10日付けで
発表された論文によると、30個の想像上のM&M'sを食べたあとに実際のM&M'sを食べる場合、想像しない場合よ
りも、消費が少なくなるのだという。

想像の対象がブラウニーであれ煙草であれ、リアルに想像すると、いったんはそれに対する感度が高まり、対象
に感じる魅力が強まるかもしれないが、実際に摂取するところを何度も繰り返し想像するうち、対象に感じる魅
力は薄れていくと考えられる。

こ の研究は、体重を減らすためのダイエットや、禁煙、飲酒制限などに応用可能かもしれない。ま た、なんらか
の恐怖症を和らげるためにも役立つかもしれない。

|

« 工場送り | Main | 最後のコダクローム64上がる »

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/50585486

Listed below are links to weblogs that reference 何を想像してみようか:

« 工場送り | Main | 最後のコダクローム64上がる »