« 早く工場から戻ってこないものだろうか | Main | 明日にそなえて »

Jan 18, 2011

中野新橋 赤 欄干 - Google 検索

中野新橋 赤 欄干 - Google 検索

アクセスログから辿った、誰かによるテキスト検索結果。…幾度も幾度もココで取り上げているから、上位にランクされたのかw
ひび割れた赤い欄干は、もう無くなってしまったのだろう…と思い込んだ夏から十ヵ月経っても、どっこいそれは健在だった。

・中野新橋 神田川沿いに形成された城西第一の花街

地下鉄丸ノ内線、中野坂上駅より方南町行きに乗り換えてひと駅、中野新橋駅で降りる。駅すぐにある
赤い欄干の橋が「新橋」で、神田川を渡った右手一帯がかつての花柳界、いわゆる三業地(芸妓置屋、
待合、料亭)のあった場所である。昭和41年ころで、料亭41軒、芸者130人だったという。

橋の袂のちょっと北、上り坂の始まる直前で矯めるように低くなった新橋通りの左側に建つ古いビルの佇まいは、暮らしていた
当時のままだった。…が、今改めてそのときの写真を見直してみると、そのビルの側壁に掲げられていた「中野新橋三業組合」
の縦書き看板が無くなっている。

・遊里を歩く 第1話 東京 城西編 - 『日本集落探訪』

Nakanoshimbashi_scaret_3

|

« 早く工場から戻ってこないものだろうか | Main | 明日にそなえて »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

ヤナギタ・クニオー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/50615395

Listed below are links to weblogs that reference 中野新橋 赤 欄干 - Google 検索:

» 淀橋線_3 [umblog]
中学二年の春から十三年間近く暮らした中野新橋界隈を最後に訪れて以来、アッと言う間に二年余りが過ぎ去った。 川や [Read More]

Tracked on Mar 10, 2014 at 23:20

« 早く工場から戻ってこないものだろうか | Main | 明日にそなえて »