« 次世代のことなんて見当もつかないけれど | Main | 今年は何を託そうか »

Dec 01, 2010

SantaFeの行く末…

今朝、津田沼駅に向かう道すがら、バオバブ銀杏の駐輪場沿いに並んでいる「津田沼南口商店会」の街灯にはためく幟が
目に留まった。「奏の杜」という文字が見てとれた。「かなでのもり」と、読ませたいらしい…

・津田沼駅南口 7千人規模新たな街 -asahi. com

JR津田沼駅南口土地区画整理組合(三代川利男理事長)が、習志野市谷津1、5、6、7丁目一帯の元農地
など35ヘクタールで進めている整備のうち、来年1月から戸建て住宅やマンションの建設が本格化する。2
012年度に「まちびらき」の予定で、新たに7千人が居住する計画だ。

現地は駅から300メートル~1キロと立地に恵まれる。計画案によると、総事業費は150億円。国、県、
市が補助金など計82億円を支出する。残りの事業費は用地のうち約1・9ヘクタールをマンション業者に
73億9千万円で売却し、その収入を充てる。24階建てマンション4棟(721戸)が建設される予定だ。

中低層や低層住宅地も445戸分ほど整備される。ここは地区計画で敷地の最低面積を135平方メートル
(約41坪)に制限。建築物の外壁色にも「原色を避ける」制限を付けた。景観と防犯面から、塀は生け垣
か透視できるフェンスとし、ブロック塀を規制する。

全域で電線を地中化、住宅地と歩道や道路の境に幅50センチ長さ7・63キロや 幅3メートル長さ1・1
6キロの低木緑地帯を設け、景観や住環境に配慮する。

この一角はニンジンやキュウリ、ナス、トマトなどの農地だったが、地権者250人が07年に組合を設立。
東京ドーム7・5個分の所有地を供出。所有地をマンション業者らに売却したり、道路や歩道など公共用地
に提供したりする。地元で代々農業を営んできた三代川理事長(75)は、「緑化や公園を充実させ、習志
野の表玄関づくりをしたい」と話している。(吉井亨)

三年ほど前「味々」の大将に見せてもらった未来予想図が目に浮かぶようだ。…これで谷津のSantaFeの行く末が明らかに
なった。

・奏の杜 津田沼 - Google 検索

|

« 次世代のことなんて見当もつかないけれど | Main | 今年は何を託そうか »

Photography」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/50184124

Listed below are links to weblogs that reference SantaFeの行く末…:

» 「奏の杜」方面を撮影し、帰ってきてから驚いた。 [umblog]
15:04@谷津一丁目 F7.8, 1/500, ISO 100, RICOH GXR with RICOH [Read More]

Tracked on Dec 05, 2010 at 16:46

« 次世代のことなんて見当もつかないけれど | Main | 今年は何を託そうか »