« 色めいてきたバオバブ銀杏と四年ぶりのSさんや裕次郎を超えたIさんの強かさとまだまだ盛りの銀木犀と | Main | 今回は… »

Nov 14, 2010

何と云うことのない、当たり前の羊羹だった

R0014662_2
13:34
F2.5, 1/60, ISO 100, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@24m

昨年暮れの後藤哲朗氏特別講演会でもらった後、仏様にお供えしたままだった「ニコンようかん」

|

« 色めいてきたバオバブ銀杏と四年ぶりのSさんや裕次郎を超えたIさんの強かさとまだまだ盛りの銀木犀と | Main | 今回は… »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

どんな羊羹を期待していたのですか?

Posted by: x046 | Nov 14, 2010 19:05

黒糖の濃ゆい味わいとか栗羊羹とか、小豆の粒が寒天に浮いているようなヤツだとか。

Posted by: USHIO | Nov 14, 2010 20:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何と云うことのない、当たり前の羊羹だった:

« 色めいてきたバオバブ銀杏と四年ぶりのSさんや裕次郎を超えたIさんの強かさとまだまだ盛りの銀木犀と | Main | 今回は… »