« 町じゅうの空気が薫ってた。 | Main | 1986年との邂逅_2 »

Oct 06, 2010

どうにかして、息を吐くことなく吸い続けていることはできないものだろうか。

R0012320_2
21:07@浅草橋五丁目
F4.4, 1/80, ISO 100, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@72mm

R0012330_2
22:08@谷津一丁目
F4.4, 1/20, ISO 100, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@72mm

|

« 町じゅうの空気が薫ってた。 | Main | 1986年との邂逅_2 »

Photography」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿界隈」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋」カテゴリの記事

Comments

管楽器の奏法(?)で循環呼吸というのがあります
これはずっと吐き続けてブレス無しで楽器を吹き続けれるというものですが、うまくやれば鼻で息を吸い続けて、口から吐くというのは可能かも・・・

Posted by: ika | Oct 14, 2010 at 22:48

あぁ…来年の秋までにソレを体得するためラッパ吹きになりたい。

Posted by: USHIO | Oct 14, 2010 at 23:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/49668759

Listed below are links to weblogs that reference どうにかして、息を吐くことなく吸い続けていることはできないものだろうか。:

» ようやく… [umblog]
ようやくこの秋初めて、蔵前橋際〜江戸通り〜錦糸町ホーム〜津田沼までずっと、途切れることなく金木犀が薫っていた。 [Read More]

Tracked on Oct 16, 2012 at 20:48

« 町じゅうの空気が薫ってた。 | Main | 1986年との邂逅_2 »