« 不変というほど不変じゃない Fマウント - Google 検索 | Main | ひとおもいに複写した。 »

Aug 20, 2010

とりあえずは…

プリンストンテクノロジー、フィルムをデジタルデータ化できるフィルムスキャナ−「デジ造フィルム」を発売
- 日経プレスリリース

本製品は、写真のネガフィルムやポジフィルムを簡単な操作で読み取り、デジタルデータに変換できるフィルム
スキャナーです。
300万画素のCMOSセンサーを採用し、解像度3600dpiのスキャニングを実現しました。フィルムならではの
細かな情報を余さずに読み取ることが可能です。フィルムカートリッジは、135フィルム用のほかにトイカメラなど
で使われる110フィルム用のカートリッジやスライド用カートリッジなど3種類をご用意しました。
また、デジタルデータ化した写真を加工・編集できる「ArcSoft MediaImpression(R) 1.2」が付属しており、
赤目除去や明るさ、色調など好みにあわせた画質調整が可能です。また、静止画からスライドショー動画を作成
することもできます。

価格は9,980円(税込み)、8月下旬より出荷開始予定です。


●製品仕様

センサ−:300万画素1/4インチCMOSセンサー
レンズ:F=2.8、 f=3.85、4P
焦点距離:固定
カラーバランス:自動
露出:自動
データ交換:24bit/R.G.Bカラーチャンネル
解像度:1800/3600dpi(※)
 ※3600dpi設定時にはフィルム読み込みの際に画像補正されています。
光源:白色LED3個
フィルムカートリッジ:通常(135)用カートリッジ、110用カートリッジ、スライド用カートリッジ
インターフェイス:USB2.0
電源:USBバスパワー
消費電力:最大0.9W
外形寸法(mm):(W)105×(D)98×(H)74
質量:約189g

…という内容から読み取れるのは、心臓部の構成が「タテヨコ4×5mm程度の大きさのCMOSに口径1.5mm弱のレンズ」らしい
ということくらい…って、コレで計算合ってるだろうか?w

この組み合わせで読み込んだ3600dpiのスキャン画像の解像度やファイルサイズがどのくらいになるか…については、面倒
くさいから計算しない(爆)…って、そもそも画像ファイルの形式が書かれてないし。それに「110フィルム」って、まだ手に入る
のか?分からないことだらけだ。

1万円を切る価格で果たしてどこまでのクオリティが得られるか…については、どこかにレビューが出るのを待つとして、この
週末はES-1+BR-5+Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D+D700で、きのう兄が届けてくれた三月撮影のPKR二本を複写して
みることにしよう。コレならとりあえず、"フルサイズ"センサーにほぼ等倍で取り込めるわけだし。

|

« 不変というほど不変じゃない Fマウント - Google 検索 | Main | ひとおもいに複写した。 »

Photography」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/49202691

Listed below are links to weblogs that reference とりあえずは…:

» ひとおもいに複写した。 [umblog]
15:01 f2.5, 1/30, ISO 100, RICOH GXR with RICOH LENS S1 [Read More]

Tracked on Aug 21, 2010 at 15:40

« 不変というほど不変じゃない Fマウント - Google 検索 | Main | ひとおもいに複写した。 »