« Twitter is over capacity. | Main | 残っていた欄干 »

Jun 26, 2010

寝不足

R0010726_2
18:37 on June 24th@浅草橋五丁目
1/400, f4.1, ISO 200, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@24mm

R0010727_2
18:46 on June 24th@浅草橋四丁目
1/400, f4.6, ISO 200, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@24mm

On June 24th
先週末に交換したバッテリーが早くもカラ欠表示になったGXR。一枚撮っては落ち、しばらく歩いてまた一枚撮っては落ち。
もともと、翌日午後のヤマ場に備えて早寝を決め込んでいたが、未明のヤマ場に備えて早寝をしましょうというTVの呼び掛け
に気づいて目覚ましを3時25分にセットしたのは、結局ふだんと変わらない頃合いだった。


On June 25th
前半立ち上がり、なかなかボールを支配できない展開から目を離せなかったが、本田がFKを決めてからは、少し安心して
横になりながら見ていられるようになり、後半以降はうつらつら…5時のアラームでいつものように朝風呂。

午後のヤマ場に向けた追い込み、眠くなることもなくおそらく手抜かりもなく、掠れた喉と詰まり気味の鼻で臨んだヤマ場その
ものも何とか乗り切れた。

久しぶりに白山眼鏡店へ。やや拡がったフレームの調整のついでに、ハーフリムの下半分を支えているナイロン紐の点検を
頼んだところ、新調から十ヶ月ということで無料交換してくれた。交換の目安は一年。次回以降も無料とのこと。

ほうとう家、駅のMonthly Sweetsのロールケーキを快気祝いのつもりで持ち込んだら、引き続きお見舞いの品と相成った。
Sさんとは、清里駅前のパステル喫茶での数年間を隔てたニアミスのほかにも、地下鉄丸ノ内線方南町支線沿線で確実に
すれ違っていたらしいことが判明。中野新橋の写真短大へ写真展を観に行くことを話していたら掘り出されたネタw

R0010728_2
18:31 on June 25th@上野四丁目
1/200, f3.2, ISO 200, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@24mm

R0010729_2
18:46 on June 25th@上野四丁目
1/160, f3.2, ISO 200, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@24mm

R0010731_2
18:47 on June 25th@上野四丁目
1/160, f2.9, ISO 200, RICOH GXR with RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4@24mm

|

« Twitter is over capacity. | Main | 残っていた欄干 »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿界隈」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/48723909

Listed below are links to weblogs that reference 寝不足:

» 丸ノ内線 タイガー田中 - Google 検索 [umblog]
丸ノ内線 タイガー田中 - Google 検索 アクセスログから辿った、誰かによるテキスト検索結果。確かに六月 [Read More]

Tracked on Nov 06, 2010 at 11:47

» アメ横にカネを落とさずに済んだ。 [umblog]
一本道を間違え、電車から眺めたことしかなかった摩利支天の門前に迷い出たりしながら辿り着いた一年ぶりの白山眼鏡店 [Read More]

Tracked on Aug 05, 2011 at 20:49

« Twitter is over capacity. | Main | 残っていた欄干 »