« 沈丁花 | Main | 花火 »

Feb 27, 2010

温旧玉知新

Haniwaさんのblogのおかげで、ニッコール千夜一夜物語第四十二夜 ニコンレンズシリーズE 75-150mm F3.5
掲載を知った。高一の秋にマイ・ファースト・ニコンFEと一緒に買い揃えたものの二十年余りの間Kに貸したっきりで、数年前、
中古で再び手に入れたこのレンズのことが懐かしくなり、久しぶりに取り出してみる。
…僕のレンズのズームリングも、確かに、すかすかに近い滑らかさで勝手に上へ下へと動いてくれる。だが、新品当時だって
同じくらいの手応えだったような気もするしな…って、立てた状態で被写界深度表示の「花火」を眺めてはうっとりしていた(笑)
記憶もあるくらいだから、この個体にも典型的な経年劣化が出ているのだろう。

Fのファインダスクリーンでも問題なくピントが見極められる。マット面はもちろん、あまり使わないスプリットやマイクロプリズム
でも翳りは見られず合わせ易いと感じた。

R0011736_2
13:27
1/68, f2.5, ISO200, RICOH GX200@24mm

(Kに貸したっきりの)このレンズによる作例で手っ取り早く見ることができるのは、二十八年前に撮ったブレブレの丸ノ内線
電車と鉄塔淀橋線
くらいなので、今回改めてD700で試写。レンズ情報手動設定では、とりあえず「焦点距離70mm、開放絞り
値F3.5」と入力しておく。絞り開放で撮ると、背面液晶で見たとき周辺光量落ちが甚だしく感じられたが、実際はそうでもない。
f8まで絞るとシャキッとする。

Dsc_1901_2
13:42
1/8000, f3.5, ISO200, Nikon D700 with Nikon LENSE SERIES E 75-150mm F3.5@150mm

Dsc_1904_2
13:43
1/2000, f8, ISO200, Nikon D700 with Nikon LENSE SERIES E 75-150mm F3.5@150mm

|

« 沈丁花 | Main | 花火 »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/47676069

Listed below are links to weblogs that reference 温旧玉知新:

» 花火 [umblog]
きのう、手慰みの後で火が点き、降り出した雨もなんのその、サンアイカメラを目指す。…雨が上がった千葉駅界隈、心を [Read More]

Tracked on Feb 28, 2010 at 18:10

« 沈丁花 | Main | 花火 »