« あったかくなったらまたおいで | Main | それでも乗り気にならない »

Jan 12, 2010

「目方でドン」だと分かりにくい

価格は金の8倍:パナソニックの新SDカード - WIRED VISION

パナソニックが発表した新しいSDXCカードは、足の指の爪ほどの大きさの銀に64GBが詰め込まれている。価格の方も600ドルと、驚きの価格だ。

米Adobe社のブログ『John Nock on Adobe』の記事において、John Nack氏とJohn Peterson氏は、これがどのくらいの値段であるのかを調べることにした。メモリの価格を金の価格と比較したのだ。その結果、パナソニックのカードは、同じ重さの金と比べて8倍の価値であることがわかった。

SDカードの重さは2グラム。金は現在1グラムあたり36ドルなので、この64GBのカードは、同じ重さの金の8倍の価格になっている。

一方、実際に標準サイズのSDカードを金で作った場合、その費用は約1000ドルになる。

カードの体積は約1.5cc。金の密度は19.32g/ccなので、純金のSDカードを作るには29グラム近くの金が必要 になり、その価格は約1000ドルになる。

…なんだか分かりにくい書き方だと思う。こうして"金本位制"的に書かれたところで、金の価格なんて読んだ直後ですら
アタマに残っていない体たらく(爆)ですもの。さっぱりイメージが掴めない。かといって、原文を読み込むヒマもその気も
ないが、要するに、新規格メディアの、しかも本家本元からのリリースは相当に割高なんだということだけは分かる。
そもそもSDXCカードが使えるような機器なんて、身の周りにまだ一つもないしw

分かり易く、ギガバイト当たり単価を割り出してみると、$600×¥90/$÷64GB≒¥843/GB
一方、先週末自宅PCに導入したUSB外付けHDDの場合は、¥9,000÷500GB≒¥18/GB

|

« あったかくなったらまたおいで | Main | それでも乗り気にならない »

Photography」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/47276215

Listed below are links to weblogs that reference 「目方でドン」だと分かりにくい:

« あったかくなったらまたおいで | Main | それでも乗り気にならない »