« Haynes Nasa Mission Apollo 11 Owners' - Google Image Search | Main | やってきた年 »

Dec 31, 2009

往こうとする年

新京成に乗って松戸へ向かうのは、いつ以来のことだったか。薬園台、北習志野、二和向台、くぬぎ山…と縁ある人びとの
住まう町を、タヌキ電車が右に左に折れながら通り過ぎるうち、背後では2009年最後の夕陽が落ち行き、正面には望月が
浮かび上がった。

三ヶ月間居候させてもらった松戸の家。父が亡くなるのと時を同じくするように事切れて取り替えた台所の天井の蛍光灯を
三年ぶりに兄が新調する。一方僕は、三年前に父が手こずって癇癪を起こした挙げ句諦めた、シンクの蛍光灯の瀬戸物の
台座を取り外し、グロー球を交換する。三年ぶりにシンクに灯りが点る。

腹もくちくなって、三年ぶりに生で見る白。ゆずの「逢いたい」がピンポイントに突き刺さり、そのおかげでアンジェラ・アキの
「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」が、久しぶりにプレーンに耳に届いた。

R0011418_2
16:55 on December 31st@緑ヶ丘
1/20, f2.7, ISO100, RICOH GX200@28mm

|

« Haynes Nasa Mission Apollo 11 Owners' - Google Image Search | Main | やってきた年 »

Photography」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

紅白、久しぶりにゆっくりくつろぎながら拝見しました。

年越しうどんを食った後、まさにumさんの心が射貫かれた頃、ぼくも同じような心境でした。

アンジェラアキも良いですね。

詩が心に響いた紅白でした。

夕方TSUTAYAに行ってこようかと思ったいる次第です。

Posted by: kuma019 | Jan 01, 2010 at 10:14

恭賀新年。良い年にしましょうね。
最近のTV番組の中では抜きん出て制作費がかかっていたであろうことはさておいて、あのイギリスのおばちゃんも
素晴らしかったし、「津軽海峡冬景色」はやっぱり名曲だったしで、いい紅白だったと思いました。ただ僕的には、
アンジェラ・アキには一つ前の連ドラ「つばさ」の主題歌を唄って欲しかったな…と^^;

Posted by: USHIO | Jan 01, 2010 at 10:45

年越しうどんと共に頂きましたワイン、効き過ぎまして途中で寝てしまい(笑)紅白の全ては嫁の頭の中なんですけど(^_^;
目が覚めている間の記憶を辿ると、やっぱり最近演歌が心に響くんですよね。
そんなお年頃なんでしょうか。


早速ですが、TSUTAYAに行って参りました。
昨日引っかかった木村カエラとsuperflyをいくつかカゴの中に。
TSUTAYAでは去年からCD4枚で1000円でレンタルなんてキャンペーンやっているんですが、6枚組のセットものjazzアルバムは流石にちゃうだろと思って、近くにいた店員さんに確認しますと、なんとこれも一枚換算とのこと。
勿論カゴの中へ入りまして、その他諸々jazzのCDを追加しレジで2000円支払い。
計17枚ものCDをお借りした計算となります(苦笑)

ただいまPCにて作業中。
ちょっと苦痛(^_^;

Posted by: kuma019 | Jan 01, 2010 at 17:18

その昔は、レコードやCDを"ダビング"しながら畏まって聴くことが出来たわけですが、
"リッピング"はそうした儀式とは無縁で、単なる待ち時間になってしまいますからね。
僕は、リッピングする前に出来るだけ圧縮前のCD音源を聴くようにしているんですが、
ソレをやってるとさらに時間がかかる道理になります(^^;

Posted by: USHIO | Jan 01, 2010 at 20:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/47169124

Listed below are links to weblogs that reference 往こうとする年:

« Haynes Nasa Mission Apollo 11 Owners' - Google Image Search | Main | やってきた年 »