« November 2009 | Main | January 2010 »

Dec 31, 2009

往こうとする年

新京成に乗って松戸へ向かうのは、いつ以来のことだったか。薬園台、北習志野、二和向台、くぬぎ山…と縁ある人びとの
住まう町を、タヌキ電車が右に左に折れながら通り過ぎるうち、背後では2009年最後の夕陽が落ち行き、正面には望月が
浮かび上がった。

三ヶ月間居候させてもらった松戸の家。父が亡くなるのと時を同じくするように事切れて取り替えた台所の天井の蛍光灯を
三年ぶりに兄が新調する。一方僕は、三年前に父が手こずって癇癪を起こした挙げ句諦めた、シンクの蛍光灯の瀬戸物の
台座を取り外し、グロー球を交換する。三年ぶりにシンクに灯りが点る。

腹もくちくなって、三年ぶりに生で見る白。ゆずの「逢いたい」がピンポイントに突き刺さり、そのおかげでアンジェラ・アキの
「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」が、久しぶりにプレーンに耳に届いた。

R0011418_2
16:55 on December 31st@緑ヶ丘
1/20, f2.7, ISO100, RICOH GX200@28mm

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Haynes Nasa Mission Apollo 11 Owners' - Google Image Search

Haynes Nasa Mission Apollo 11 Owners' - Google Image Search

アクセスログから辿った、誰かによるイメージ検索結果。この、1ページ目の判で押したような絵柄も圧巻だが、先を捲ると、
ある画像と気になるキャプション。…大気圏に再突入し着水後に引き上げられた司令船に「大人の超合金云々」とある。
元のページをクリックし、そして…浮き足立つのだった。

【初回生産分限定特典】
大気圏突入後の司令船(CM)同梱。地球に帰還する際、大気との摩擦によってダメージをうけた司令船を再現したミニチュアモデルが初回生産分に限り特別に同梱。専用ディスプレイスタンド付属。
*初回生産分限定特典は、なくなり次第終了となります。

Haynesnasamissionapollo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 30, 2009

おおいそがし

R0011406_2

R0011413_2

大掃除をしてレジを締めて、それから…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 29, 2009

玉手箱_2

R0011404_2

実を云うとサンタさんにもう一つだけお願いをしていた。三年ぶりに二つ目の玉手箱。今回は全て独りで開梱して設置。
今までのをレンズ用に、これをボディ用に分けよう…とすると、ボディキャップとレンズキャップが足りないことに気がつく。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 28, 2009

自然な憶測・拾遺

<ニコン、NASAからの受注記念の特製携帯待受FLASHをHP上で公開・配信 - NIKKEI NET

「ニコン D3S」が宇宙へ!NASAからの受注記念特製携帯待受FLASHを公開

今回採用された製品は、特別に改良が加えられることがなく市販製品と同じであることから、「D3S」の
信頼性の高さが実証されたともいえます。すでに、国際宇宙ステーションに常駐しているデジタル一眼レフ
カメラ「D2XS」やNIKKORレンズ、スピードライトとともに、撮影機材として活躍する予定です。

後藤氏特別講演会のとき紹介されていたハナシで前回思い出せなかったこと。

・スピードライトに使われるキセノン管は真空中では発光しない?ので、宇宙服並みに与圧されたジャケットに入れられて
 船外活動で使用されている

実際、そういう映像を目にした。不細工な"白くだぶついた袋"に入れられ、発光部に着目しなければそれがスピードライト
だとは判らないようなシロモノだった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 27, 2009

衣替えの続き

Dsc_1807_2
13:29
1/160, f2, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

玄関の飾りその他はこれから調達する。
一本ずつ持ち手のついたカバーにくるまれた夏タイヤを所定の位置に収め、その上からさらにカバーをかけた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 26, 2009

41,294

R0011377_2
16:43@見浜園
1/125, f2.9, ISO100, RICOH GX200 @24mm

年内最終営業日のみなと近くのディーラーで二時間を過ごし、スタッドレスへの衣替えと夏タイヤの新調を済ませた。
入れ替わり立ち代わり客が出入りし、大賑わい。待ち時間にコーヒーと茶を三杯淹れてくれたのは、数年前国道沿いの
ディーラー
にいた女性。お互いのことを憶えていた。当時より愛想が良かった。
今朝電話連絡があったとおり、車検上がりの日に見積もってもらった旧型夏タイヤは在庫払底につき、一つ格上の"Playz"
になった。それでも、工賃・古タイヤ廃棄料・消費税込みで¥15,382/本。スタッドレス衣替えの工賃はサービス。

往きも帰りも県道15号はスムーズで眺めもよく、まったりドライブ気分。帰りはメッセの西で折れてカレスト幕張に立ち寄り、
タイヤカバーを見繕う。…ついでにタイヤ売り場を冷やかしたところ、同品はタイヤ本体だけで¥15,000。いい買い物だった
ということがわかった。春の履き替えが待ち遠しい。

Continue reading "41,294"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Dec 25, 2009

自然な憶測

ニコン、NASAからデジタル一眼レフカメラ「D3S」と交換レンズを受注 - NIKKEI NET

今回、ニコンがNASAから受注したデジタル一眼レフカメラ「D3S」、一眼レフカメラ用交換レンズ
「AF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G ED」は、今後スペースシャトルに搭載され、
国際宇宙ステーション(ISS)内の撮影機材として使用される予定です。
今回採用された製品は、特別に改良が加えられることがなく市販製品と同じであることから、「D3S」の
信頼性の高さが実証されたともいえます。すでに、国際宇宙ステーションに常駐しているデジタル一眼
レフカメラ「D2XS」やNIKKORレンズ、スピードライトとともに、撮影機材として活躍する予定です。

●NASAに関連するニコンの歴史
 ・1971年、アポロ15号で「NASA仕様 Nikon Photomic FTN(※)」が使用される
 ・1980年、「ニコンF3」をベースとしたモータードライブ付き「F3 “スモールカメラ”」と長尺フィルム
  用「F3 “ビッグカメラ”」を納入。スモールカメラは翌年打ち上げられたスペースシャトルコロンビア
  号に搭載される
 ・1991年、「ニコンF4」、「ニコンF4S」を納入
 ・1999年、「Nikon F5」「AI AF Nikkor」レンズが、スペースシャトルディスカバリー号に搭載
  され、船外活動(EVA)の撮影機材として活躍する
 ・2008年、デジタル一眼レフカメラ「D2XS」を 納入。現在も点検・整備など、記録撮影用に6台の
  「D2XS」が、宇宙空間での撮影で活躍
 ・この他、国際宇宙ステーションにはすでに約15種類 35本以上のNIKKORレンズが備えられて
  おり、船外および船内の撮影に使用され、NASAの宇宙活動をサポート
 ※「ニコン F」に、TTL中央部重点測光が可能なフォトミックFTNファインダーを搭載したモデル

中野サンプラザの後藤氏特別講演会の詳細については、近日中にフジヤカメラのサイトに掲載されるそうだから
公式な情報はそちらに譲るとして、そのとき伺った「スペースニコン」にまつわるあれこれを思い出してみると…

・最近の「スペースニコン」は市販品とほぼ同じであり、初期の頃の"全面金属張り"といった特別な改造は施していない。
 ただし、油脂類だけはNASA指定の(真空中でも蒸発しない)ものに入れ替えられている。

・F3のときは市販品開発と並行して進められたので発売同年の搭載となったが、通常は数年間の準備・試験期間を経て
 採用が決まる。だから、仮にD3等が宇宙へ行くとしても、もう少し先のことになるのではないか。

…といったことだった。僕のこの記憶が正しければ、先月発売されたばかりのD3Sの今回の扱いは、かなりの異例という
ことにならないか。…仮に、D3が世に出た一昨年あたりからすでに事が進行していたとして、その蓄積がベースになって
D3の"改良版"たるD3Sのハードルは低かった…と考えるのは、ちょっとムリがあるか。D3Sは"改良版"程度で収まる
ようなシロモノではないのだし。それよりむしろ、D3Sは相当早い時期に市場投入できる完成度になっていた…あるいは、
時系列的にF3と同様の経緯を経て市場に現れた…といった想像の方が、まだしも"自然な憶測"にならないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Dec 24, 2009

41,268

R0011368_2
16:37 on December 23rd@千葉みなと駅前
1/125, f2.9, ISO100, RICOH GX200 @24mm

「16時半頃に千葉みなと駅前ロータリーで」というのが、サービスアドバイザーとの申し合わせだったのだが、結局拾って
もらえたのは、これからさらに十五分後のことだったw。国道沿いのディーラーから異動してきて日が浅く土地勘のない
新担当者は、ロータリーとは反対側の駅前路上で定刻から待ち構えていた…ということだったから、怒る気にもなれず。

ディーラー側の記録にも、この備忘録にも実績のないATフルードとエアコンフィルターをはじめて交換。ヒビ割れ夏タイヤ
に関しては、旧型在庫処分につきお徳用だというBSモノを薦められる。込み込みで一本当たり¥14,322という見積もり。
果たして、高いのか安いのか。今週末、スタッドレス履き換えに行けたならそのときに決断する運び。
帰途は、新担当者から教えられたとおりに卸売市場前から県道15号ですんなりだった。

Continue reading "41,268"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 23, 2009

母の誕生日

Dsc_1754_2
11:01
1/1600, f2, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

Dsc_1761_2
11:06
1/160, f2, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

Dsc_1767_2
11:54
1/60, f3.5, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G and VELBON Twin1 R4N

七十四歳にあやかった(?)三本のローソクは、甥っ子が吹き消した。

Dsc_1779_2
12:49
1/50, f3.5, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

Dsc_1781_2
13:47
1/30, f2.8, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 22, 2009

えどがわドラマーと市川から望める押上と_5

R0011366_2
08:05@総武線江戸川鉄橋
1/250, f5.6, ISO100, RICOH GX200 @72mm

R0011367_2
08:05@総武線江戸川鉄橋
1/250, f5.6, ISO100, RICOH GX200 @72mm

今朝は、堤防にドラマーがいないことも見届けた上で、落ち着いて揃い踏みを捉えることができた。…って、別に定点観測
なんかするつもりはないけれど。

遠くの富士には陽が当たっている。…ピーカンもいいが、こういう空模様も大好きだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 21, 2009

えどがわドラマーと市川から望める押上と_4

R0011362_2
08:05@総武線江戸川鉄橋
1/500, f5.6, ISO100, RICOH GX200 @72mm

R0011363_2
08:05@総武線江戸川鉄橋
1/500, f5.6, ISO100, RICOH GX200 @72mm

ドラマーがいたかどうかには目もくれず富士とスカイツリーの揃い踏みに注力。辛うじて捉えた二枚をノー・トリミングで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 20, 2009

浴する騒ぐ預ける

R0011349_2
13:36 on December 19th@谷津一丁目

R0011359_2
17:44 on December 19th@銀座五丁目

土曜

SPICULE~西武線西武有楽町線~副都心線(旧有楽町新線)~丸ノ内線で銀座に至り、黒ケーキを救出した後、
ふたたび「西銀座なう」とつぶやいてから新橋SL前へと赴く。落ち合うべき連中と人混みとの色合いが紛らわしい。
…雪駄履きの足が手がかりになると気づいて足元に目線を落としはじめた途端、すぐに声をかけられた。

Continue reading "浴する騒ぐ預ける"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 19, 2009

教室 窓 背景 - Google Image Search

教室 窓 背景 - Google Image Search

アクセスログから辿った、誰かによるイメージ検索結果。…いま前川のこの窓から眺めたとしたら、棧のところではなく、
フレームのかなり右寄りにスカイツリーが見えることだろう。

Kyoshitsu_mado_haikei_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 18, 2009

えどがわドラマーと市川から望める押上と_3

今朝の寒空は、陽光が射す分だけ、まだ温かく感じられた。
本八幡で定位置を占めると、かすかに霞んだ西南方向の空を睨む。…ややコントラスト薄めの富士と比較的くっきりとした
スカイツリーが並んでいた。とりあえず、その姿を収めておこう…という浅はかな思惑を見透かすかのように悉く間合いを
外された。
堤防の上に、きょうも彼はいなかった。

会社の忘年会。長年馴染みの人と、思いもかけず筑豊のハナシで盛り上がる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 17, 2009

乗り気にならない…

ウィルコム、スマートフォン「HYBRID W−ZERO3」を発売 - NIKKEI NET

「HYBRID W−ZERO3」を2010年1月28日(木)より発売

専用新料金コース「新ウィルコム定額プランG」の開始について

〜「HYBRID W−ZERO3」が1,450円で利用可能に〜

…という書き出しなのだが、随分と勇み足というか、舌っ足らずなキャッチフレーズだ。コレはあくまで「電話機として」
のみ使い、かつ通話先がウィルコム電話機だけという場合であって、まぁ…あり得ないだろう。仮に、そういうユーザ群が
ある程度存在するとしても、この端末はその層に向けて仕立てられたものではないはずで、実際には、ITmediaに…

パケット通信料は、3Gが0円〜5250円、PHSが0円〜2800円の定額制となる。

なおHYBRID W-ZERO3のパケット通信は、初期設定では3Gのみを使う設定になっている。パケット通信
を3Gのみで行い、通話をウィルコム回線に限れば、月額最大6700円でHYBRID W-ZERO3が利用できる
計算になる(端末代金のぞく)。パケット通信をPHSのみ使う設定にすれば、3Gのパケット通信料が0円に
なるので、月額4250円で利用することも可能だ。

…とあるような価格帯になるのだろう。それでも、"純粋ウィルコマー"に挺身しようと考える人にとっては、相当にお得な
料金ということになる。だが多くの人は、FOMA網を目一杯使い、"穴"があるときだけPHS網で凌ぐ…という使い方になる
のではなかろうか。僕は知らないけれど、FOMAの3G網データ通信の通信品質はかなり良いと伝え聞くし。

ケータイ Watchによれば…

FOMA網およびPHSのパケット通信を上限まで利用した場合、パケット通信料は合計で月額8050円と
なる。

…と、この端末でモバイルのあれこれ全てを賄えるのならば、考えられなくもない金額かもしれない。だが、モノの出来が
全く分からない…というかあまり期待できないw…さらに、冒頭の日経プレスリリースに見つけた次の文言が、気にかかる。

※XGPサービスのエリア拡張状況などにより、今後、3Gサービスの提供を終了する場合がございます。
 その場合は、別途事前にご案内いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 16, 2009

サンタ支度

きょう、届いていた。いつもの見慣れたダンボールを開梱すると、いつもより緩めのシュリンク包装の内側に指定どおり
ラッピングが施されて収まっていた。慎重にシュリンクを剥がして取り出す。…あとは仕上げをご覧じろってか。
ところで、自分のサンタさんにお願いしたのは、ささやかながら新玉用のフードのみw

R0011341_2

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 15, 2009

ニッコール 55mm f1.2 - Google 検索

ニッコール 55mm f1.2 - Google 検索

アクセスログから辿った、誰かによるテキスト検索結果。三年前、F2 Photomic ASと共に入手したAi 55mm F1.2
の素性について書かれている記述を見つけた。

NIKKOR-S 55mm f1.2 - (裏ペネ)

…上記サイト(あるいはネタ元…あれ?よく参照するA Pictorial History of Nikon Camerasの中のページだ)によると
僕のAi 55mm F1.2すなわちType 6は、一つ前のType 5から「ほとんど全てNoct-Nikkor 58mm/1.2 と同じ」光学系を
引き継いでいるらしいのだが、本当だろうか?因みにシリアルNo.は421637だから、ほぼ最後期のロットだと思われる。

Nikkor_55mm_f12_2

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 14, 2009

不変のFマウント - Google 検索

不変のFマウント - Google 検索

アクセスログから辿った、誰かによるテキスト検索結果。…やや深いところまで渉猟してみる。僕が気にし始めたのは
最近になってのことだが、すでに2002年ごろから、その不変性というか普遍性を論じるサイトや2chの書き込みなどが
見られる。そんな中で、一つ掘り出し物があった。

赤城耕一 「アカギカメラ」第14回 ニコンF再燃

最新のコラム「第17回 F3に還る」の冒頭には

F3AFに通常のアイレベルファインダーを装着すると、ベーシックなF3となる。かなりヘソの曲がった
使い方であるが、使用にあたっては何ら問題はない。

…として、「アイレベルF3AF」の写真が掲げられている。まさしくコレ、僕が一昨年はじめて入手したF3AFでやったこと。
もちろん赤城氏の受け売り(笑)だが、ココではなくアサカメかポンカメの誌上だったか、ほかの著作に書かれていたか。

Eternal_fmount_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2009

f2

Dsc_1694_2
13:54
1/60, f2, ISO200, Nikon D700 with AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 12, 2009

Monopoly

R0011316_2

R0011317_2

R0011323_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 11, 2009

面目躍如か

ニコン、手ブレ補正(VRII)機構搭載のFXフォーマット対応大口径望遠レンズなど発売 - NIKKEI NET

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン
(社長:西岡 隆男、東京都港区)は、シャッタースピード約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する「手ブレ
補正(VRII)」機構を搭載したFXフォーマット対応大口径望遠レンズ「AF−S NIKKOR 300mm 
f/2.8G ED VR II」と、世界で初めて非球面レンズを採用したFXフォーマット対応テレコンバー
ター「AF−S Teleconverter TC−20E III」を2010年1月29日から発売します。

希望小売価格が税込み80万円に届こうとするサンニッパは全く考慮の外だが、新型AF−Sテレコンの方はちょっと気に
なって、製品画像を見てみたところ、なんと、Ai連動ガイドがしっかり付いている。予想外で何だか嬉しい。とりあえず、
現行AF-S単焦点唯一のDタイプであるAi AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF)との互換性を捨ててないということだから。
…って、現行TC-20E IIではAF撮影ができないと書いてある。新型でも同様だとすれば見込み違いかw…いずれにせよ、
絶版のAF-S Dタイプレンズとの互換性が保たれているところは、旧き良きNikonの面目躍如か。
…これが新型のAF-S Dタイプレンズ登場の布石だったりすると、もっと嬉しいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 10, 2009

えどがわドラマーと市川から望める押上と_2

今朝は、西船橋で進行方向左側のドア脇の一角に立つことができた。快晴ではなかったけれど、富士とスカイツリーの揃い
踏みを捉えることを期待しながらGX200を取り出す。焦点距離72mm、絞り優先オート、-0.7EV、絞り開放、フォーカス∞固定、
ISO400に設定して待ち構えたが、果たしてガスタンクの背景に現れたのは、薄っすらと屹立するスカイツリーだけだった。

電車が市川を出て速度を上げ始める。フォーカスを10mあたりに固定し直し、迫りくる堤防の土手を狙いすまして身構える。

…前のめりに佇む彼が見えた!…と思った刹那にシャッターを切るべきであった。

間合いを計ってから切ると、このカメラでは手遅れになることを改めて思い知らされた朝だった。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Dec 09, 2009

えどがわドラマーと市川から望める押上と

朝の八時前後、江戸川鉄橋に差し掛かろうとする総武線電車の窓から線路すぐ脇の堤防の土手に目を遣ると、「えどがわ」
と書かれた看板のちょうど前あたりに、一人の青年が線路の方を向いて佇んでいることがある。彼の前にはスネアドラムが
一本立てられ、スティックを手にした彼がやや前のめりに身構え…と見えたところまでで、僕はその前を通り過ぎてしまう。

彼は其処で、ドラムの稽古をしているのだろう。だが、土手のすぐ横にはマンションが建っているから、電車が鉄橋を渡る
タイミングを見計らい、その轟音に紛れ込ませて思いっきり自分のビートを刻んでいるんだろう…と、勝手に想像している。

よく晴れたきのうの朝、さほど混んでいない電車が本八幡を出ると、ドア脇の一角を占めて立っていた僕はふと思いついて
カバンからGX200を取り出し、何とか彼の姿を写すことはできないだろうか…と設定をイジりながら、何気なく窓外を見た。

ゆっくり近づいてくるガスタンクの向こうに富士が大きく見え…その右に、まったく唐突に、スカイツリーが並んで立っていた。

江戸川を渡って線路が大きく左へカーブした先からは進行方向右側を気にするようにしてきたが、まさか、こんなところで
左側に見えるようになっていたとは露知らず、不意打ちに現れたその光景を写すことはできなかった。

…気を取り直そうとする間もなく電車が鉄橋に差し掛かる。しかし、其処に彼は立っていなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2009

丸ノ内線 赤い - Google Image Search

丸ノ内線 赤い - Google Image Search

アクセスログから辿った、誰かによるイメージ検索結果。僕の鉄塔淀橋線とブレブレの赤い電車が引っ掛かっている
のは嬉しいけれど、川越の町の一角で朽ち果てようとする444は痛ましい。…これが撮られてから三年あまり経った
今、果たしてどうなっているだろう。僕が撮った782は、ブエノスアイレスの地下を走っているらしいが。

Marunouchisen_akai_2

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Dec 07, 2009

冬の新玉

Dsc_1658_2
15:58 on December 6th
1/30, f2, ISO200, Nikon D700 with Ai Nikkor 24mm F2S

東ニスバラシキ出物アレバ、行ツテオロオロタメツスガメツ…サウイフモノニワタシハナリタイ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 06, 2009

nikkor 14-24 - Google Image Search

nikkor 14-24 - Google Image Search

アクセスログから辿った、誰かによるイメージ検索結果。…どうして、17-Mile Driveの510ブルが引っ掛かったのか
不思議だが、どうやらキャプションの"Nikkor"と"14:24"を拾ったためらしい。

Nikkor_1424_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 05, 2009

後藤哲朗氏特別講演会

R0011296_2
15:54@中野サンプラザ14階クレセントルーム
1/50, f3.5, ISO100, RICOH GX200 @50mm

お開きのとき、「おさわりだけはご勘弁ください…」と言いながらご開帳となった、アポロ15号に搭載されたマットブラックの
フォトミックFTNと、ウェディングケーキ入刀よろしくそれに殺到する人々に揉まれながらシャッターを切った失敗ショットに
偶然写っていた、ご開帳直後で白手袋脱ぎかけの後藤氏。…僕以外にも、Nikon製じゃないカメラの人がいてるw

R0011295_2
15:54@中野サンプラザ14階クレセントルーム
1/50, f3.5, ISO100, RICOH GX200 @50mm

※初出時、後藤氏のお名前を誤記していた。
冒頭、「きょう、皆さんはこの講演を撮影できないことになっているそうですが、私は皆さんをコレで撮らせていただきます」
と言って後藤氏が取り出したのが、ブラックのFアイレベル。パシャ、パシャパシャと、ココでいきなりウケを取る。

「"偶数ヒトケタ機"の悲劇」に関しては、自らが初めて中心となって手がけたF4で多くのプロの支持を失ったことを率直に
認めていた。ただし、それはEOSに比べAF性能が劣っていたから…とかいうことではなくて、当時、EOSによってCanonが
打ち出した「数多く撮ってそこから選んでください。そのために歩留まりを上げました」という、新しいワークフローコンセプト
に負けたからだという。次のF5ではその点も取り込んで挽回し、そして、最後のFヒトケタになるかもしれないF6に至って
初めてプロフェッショナル・ユース大前提という束縛から解き放たれ、思いっきり自由に造り込めたということだった。

デジタル一眼レフの撮像素子の上に無数に並べられたマイクロレンズは、中心部と周辺部とで曲率を変えてあるらしい。
たとえ同じSONY製の素子を使っていてもNikon製品向けは、その特性を二ッコールレンズに最適化させているとのこと。
このハナシをしていたときのスライドショーに映っていた大小二種類の素子を指して後藤氏が言ったコトバが印象深い。
「大きい方が35mm、小さい方がAPS-Cですね」

「技術と信頼性は、これまでもこれからもNikonに課せられた使命。その上でさらに、"使って心地よい"カメラを生み出す
ことで写真文化に貢献してゆきたい」という結びで、講演は締めくくられた。

講演が予定の時間を大幅に超えたため割愛された質疑応答に代わって挨拶に立った、創業七十有余年のフジヤカメラ
社長によれば、終戦直後、サンプラザが建っているあたりは進駐軍の接収地で、そのおかげで商いが続けられたらしい。
…そうか。戦中は陸軍中野学校があった界隈だからか。中二の頃に読んだ「中野区の歴史」には、綱吉の時代には
「御犬小屋」があったと書いてあった。

因みに後藤氏は、少年時代は鍋屋横丁の近所にお住まいで、当時通ったカメラ屋が今でも健在だという。

| | Comments (0) | TrackBack (14)

Dec 04, 2009

そういえば…

ダイソンの“羽がない扇風機”「Air Multiplier」が発売延期。時期は未定に - 家電 Watch

ダイソンは、当初11月2日に発売を予定していた羽のない扇風機「Air Multiplier」について、発売時期が
延期になったことを認めた。発売時期は現在のところ未定という。
今回の延期は、日本、およびアメリカが対象。延期の理由についてダイソンは「出荷前の最終品質チェック
の段階で、技術的再検証が必要な箇所が判明したため」とコメントしている。

あら、そんなことになっていたとは知らなかった。PL法関連か何かで、日米に特有のハードルがあるということなのか。
ひょっとして…あれか?ダース・ベイダーやバルタン星人の声まねができるモードが追加されて発売されるとか(違

なお発売当初は、ビームスやヤマギワなどセレクトショップに販路を限定。Amazon.co.jpなどネット通販
大手や量販店など、一般ルートでの販売は来年を予定している。

どのみち来年だ。来年

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 03, 2009

アタリ

R0011291_2
大仏せんべい
岡崎松光堂 奈良市下清水町1058番地 電話0742-22-2293

…やはり、せんとくんバージョンもあるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2009

女子社員の社内履き - Google Image Search

女子社員の社内履き - Google Image Search

アクセスログから辿った、誰かによるイメージ検索結果。…はぁ?三年半あまり前のこのエントリーには、"女子社員"
などというキーワードは出てこないのだが。閑話休題。近所ならば履いたまま出かけることもあるこの置き靴の革底は、
さすがにフロアカーペットや地面と馴れてきた。しかし靴自体のコシは、相変わらずシッカリとしている。

Joshi_shanaibaki_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2009

サンヨー ズバコン - Google 検索

サンヨー ズバコン - Google 検索

アクセスログから辿った、誰かによるテキスト検索結果。…キャンディーズのCMについて書かれたページがいくつかヒット
しているが、記憶にない。いずれにせよ、CMそのものの動画はないようだ。ウチにあった1973年式ズバコンの画像も
なかなか見つからない。真っ赤なプラスチックの短い懐中電灯みたいな、あのリモコン。

Sanyo_zubacon_2

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« November 2009 | Main | January 2010 »