« えどがわドラマーと市川から望める押上と | Main | 面目躍如か »

Dec 10, 2009

えどがわドラマーと市川から望める押上と_2

今朝は、西船橋で進行方向左側のドア脇の一角に立つことができた。快晴ではなかったけれど、富士とスカイツリーの揃い
踏みを捉えることを期待しながらGX200を取り出す。焦点距離72mm、絞り優先オート、-0.7EV、絞り開放、フォーカス∞固定、
ISO400に設定して待ち構えたが、果たしてガスタンクの背景に現れたのは、薄っすらと屹立するスカイツリーだけだった。

電車が市川を出て速度を上げ始める。フォーカスを10mあたりに固定し直し、迫りくる堤防の土手を狙いすまして身構える。

…前のめりに佇む彼が見えた!…と思った刹那にシャッターを切るべきであった。

間合いを計ってから切ると、このカメラでは手遅れになることを改めて思い知らされた朝だった。

|

« えどがわドラマーと市川から望める押上と | Main | 面目躍如か »

心と体」カテゴリの記事

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

コンデジのイイヤツは「GT-R」ですが、デジイチの安いヤツは「安いF1」なんですと。
どんなに「安いF1」でも「GT-R」よりは「速い」です。

買って半年が経とうとしているD40、やっとクセが掴めてきました。
デジタルだろうとやはりクセがありますね。
やはり四の五の言わずに撮らなくちゃと自答。

Posted by: 柳暖簾 | Dec 14, 2009 18:16

僕の経験では「明るく写り過ぎる」クセがあると思いますね、F1もGT-Rも。
いずれにせよ、撮りながらそのクセに馴れてゆくのも楽しみの一つですが、
もうワンランク速いGT-Rか、あるいは往年のEMみたいに手軽なF1が出てくれないものかなぁと。

Posted by: USHIO | Dec 14, 2009 18:49

その「手軽なF1」ですよ、D40は。
今でもシルバーボディなら新品が手に入りますよ。
http://shop.nikon-image.com/front/ProductVBA150AJ.do

Posted by: 柳暖簾 | Dec 15, 2009 18:40

D40は確かに「お手軽なF1」なのかも知れませんが、「往年のEM」とは似て非なるものだと思うんですよね、僕は。
どういう意味かと言うと、つまり、"造り込み"への力の入れ方が全く違うんです。…特にファインダーが。
素晴らしいですよEMのファインダーって。廉価機だからといって手を抜いていない。
当時のニッポンの…というか、ニコンのモノ造りの為せる技ということであって、D40に限らず、DX機の多くのファインダーは
"手抜き"だと思います。
…って、まぁD700にしたって大して見易くはないんですけどねw

Posted by: USHIO | Dec 15, 2009 20:18

D40のファインダーを見にくいとは思ったことがない(笑)のですが、
手抜きは、そうかもしれません。AF合致LEDなんて、何故あんなに小さくする必要があるのかと。
機能的にも色々と限られた機種ですが、でも機能の上限を知った上で
撮るに際してどうすればいいのかを考えるのも楽しいです。
※最近ですけどね。使い切れるようになったのは。

少なくともあのタイムラグのないシャッター(ボタン)と、
メニューで何を表示していようとそこからシャッターを押しさえすれば撮れる
というニコンの設計思想が好きです。
高感度の荒れの少なさについては…比較する現行機種を持っていないので何とも。

Posted by: 柳暖簾 | Dec 16, 2009 14:59

D100に始まり、D70~D50~D70sまでブラッシュアップされてきたCCDを用いていて、写りが素直で無理がない…というのが、
D40の定評ですよね。おまけに「瓢箪から駒」なのか「密かに仕組まれた上位互換」なのかはさておき、非Aiレンズでも使えるし。
そういったこともあって、D40がお手軽、かつ、いいカメラだということはまったくもって同感なんですが、今度、どこかのカメラ屋で
D80(絶版か)とかD90のファインダーを覗いてもらえば、僕の言ってることが分かるかもしれません<余計なお世話かw

Posted by: USHIO | Dec 16, 2009 18:34

ソコまで言われちゃと昼休みにビックカメラに参じてD3000、D5000、D90、D300S、D700、D3S、D3Xのファインダーを覗いてきました…
が、僕には優劣が判りませんでした(苦笑)。
2台あったD700の1台のファインダーが暗くて、こりゃなんじゃと店員を呼んだら単に故障でした。

しかしD3のアノ重さと、被写体を削り取るかのようなシャッター音と、ブラックアウトの短さ(コレは当たり前)はスゴいね。

D40の強みは軽さ小ささだと思ってます。先ずは手に持って外に撮りに出ようという手軽さがナイト。
でもコンデジはシャッターのタイムラグがNG。
因みに息子の剣道の試合では1日で大体300枚以上は撮ります。300回以上のシャッター毎にタイムラグのフラストレーションを感じてたら
撮ること自体が苦痛になるでしょうね(最近はAFすら切ってます)。
連写性能はハッキリ言って劣ってますから、ブラックアウトを考えたら連写しようとすら思いません(笑)。

Posted by: 柳暖簾 | Dec 17, 2009 13:25

>僕には優劣が判りませんでした(苦笑)。

…あの、ひょっとしてメガネを作り直した方がいいんじゃw

閑話休題。
現行フルラインナップを舐め尽くしたとは、そらまた、有意義なお昼休みでしたね。
そうですか。どれもこれも似たり寄ったりでしたか。
…じゃ、F4と比べてみたら?w

Posted by: USHIO | Dec 17, 2009 20:55

う~ん、老眼が進行しつつあることは否定出来ないのです(苦笑)。
そもそもF4を導入したのもフォーカスエイドを使えるということが大きな理由のひとつでしたし。

D40を買った時に「DX機のファインダーは見づらい(でしたか『ひどい』でしたか)」と貴殿に指摘されましたが、
僕は今に至るまで別に何とも思わないのですよ。

僕はファインダーの見え方については寛容なのでしょうか。
F2からF4に変わった時は若干明るくなったかな。でも有意な差はないな、と。
そしてF4からD40に変わった時、まぁ明るくなったなとは思いましたか。そして同時にピントの山を掴みづらくなったなとも。
でもいくらMF時でもシャッターを切る以上は電源を入れてますしフォーカスエイドは使いますから、ピントの山についてはどうでもいいやと。
もしそれ以上気になっていたのなら、僕の性格ですからきっと騒ぎ立てていた筈でしょ(笑)。

貴殿が気になって僕が気にならないファクターって何だろう。
暗順応の個人差?アイポイントの違い?
少なくとも某掲示板ではファインダーの見え方云々についてが話題になったことはありませんので
ハッキリ「手抜きだ」などと最上段から断罪できるほどのことでもないような…(苦笑)。

Posted by: 柳暖簾 | Dec 18, 2009 14:46

このエントリーのコメント推移を追っているのは、今のところ世界に二人きりのようなのですがw

お気を悪くなさいましたね。ごめんなさい。

…きっと、僕の方が神経質なのでしょう。そのくせ言葉遣いには無神経でした。
確かに、「手抜きだ」と言い捨てるほどのことではないですし、元々そんなつもりもなかったのですが、気がつくと
些か勇み足になっていましたね。

個人差という点に関しては、たぶん僕は小さいものが見え辛くなっているのかもしれません。
てゆーか、夏に眼鏡屋で「いわゆる老眼がはじまってますw」と宣告を受けましたし(爆)

ご存知のとおり、僕はこの三十年ほどの"写真人生"において、"F中級機"(FE、FE2、FM3A)を使った期間が長い
のですが、十年ほど前にAPS一眼pronea 600iに寄り道したとき「なんて小さいんだろファインダー像が」と感じた
ものでした。
http://umblog.air-nifty.com/umblog/2009/03/pronea-600i---g.html
いちおうペンタプリズムが使われていたらしいのですが、この頃からすでに各所に"コストダウン"の影響が及んで
いたのでしょうし、そもそも物理的に小さなフォーマットに35mm判と同程度の0.8倍前後の倍率("視野率"じゃなくて)
をかけられた像を覗き込むわけですから「小さい」のは当たり前であって、それに馴染めるかどうか、あるいは
それを使いこなせるか否か、それだけであって、それで何を写すかということが本義なわけですからね。
ただ、その後D70s(ペンタミラー)でデジタル一眼に手を染め、「やっぱり小さい。はぁ、この程度なのか」と致し方なくw
受け入れた僕が、D80(当時のフラッグシップD200と同等のペンタプリズムを組み込んだ)に乗り換えたときの衝撃は
今でも鮮明です。…もちろん、プラシーボもあったのでしょうがw
逆に、現在のD700のファインダーの見え方に対しては、前にも書いたように実は満足しておらず、DK-17Mで拡大して
使っているのは、これまたご存知のとおりw

とにかく、「35mm判フィルム一眼レフ」の頃のような、見易くてピントの山も掴み易いファインダーを備えた、軽くて小さい
デジタル一眼レフ(なおかつFXフォーマット)を、ニコンに待望しています。こないだのサンプラザの後藤さんの講演会の
とき、もしも質疑応答の時間があったら、そんなことを口走っていたかもしれませんw

Posted by: USHIO | Dec 19, 2009 12:59

えっ?小さかった?やはりアイポイントの差かなぁ。
今度、防湿箱の肥やしとなりつつあるF4と見比べてみます(覚えてたら…:-P

どちらにしても、それまで視野率100%にこだわってFヒトケタを使い続けてきた僕が
D40では文字通り憑き物が落ちたように何もかも受け入れるようになってしまった…
のは、そりゃそんだけ丸くなりゃローガンにもなりましょう(笑)。

Posted by: 柳暖簾 | Dec 21, 2009 18:37

> そりゃそんだけ丸くなりゃローガンにもなりましょう(笑)。

…使い回し利きそうだねいいねこのフレーズ(爆)

Posted by: USHIO | Dec 23, 2009 00:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference えどがわドラマーと市川から望める押上と_2:

« えどがわドラマーと市川から望める押上と | Main | 面目躍如か »