« 摂氏二十四度 | Main | 病院と免許更新と »

Jul 07, 2009

あす

名曲『ステイン・アライブ』で心臓マッサージ:成功例が複数 - WIRED VISION

ディスコ音楽の古典的な名曲『ステイン・アライブ』が、また1つの命を救った。
米CNNが2日(米国時間)に伝えたところによると、マサチューセッツ州に住む女性が、
この曲のファンキーなビートに合わせて心肺蘇生法(CPR)を行なうことにより、心拍
停止状態の夫を蘇生させたのだ。
散歩中に夫が倒れたとき、この女性は非常に冷静で、昨年に米国心臓協会(AHA)が
作成した公共広告を思い出した。

AHAでは心肺蘇生法のトレーニングを受けていない人々に対し、心臓発作を起こした
人を助けるには、1分間に100回の速さで胸を圧迫するようにアドバイスし、『ステイン・
アライブ』のリズムが1分間に103拍で最適だと伝えていた。同様に重要なこととして、
過去50年以内に生まれた米国人の半数近くは、この曲をそらで覚えている。

「心と体」のカテゴリで、久々にシリアスなことを書こうとしていたら、この、心温まるネタに行き当たった。
これも何かの縁だろうか。

あす、久々に市川リハビリ病院へ行ってくる。何だかんだで一年と九ヶ月ぶり。…このときは、何となく
主治医に遠慮しているw

前々回、「出てきたときの割り切りを思い起こしてニュートラルに戻れた」気がしたことで、それから三年
近くやってこれた。装具を脱ぎ捨てて足の動きも幾許かは自由になって、重たいニコンを構えて写真を
撮れるようになって、酒はフツーに楽しめて…

それでもなお「踊り場に留まっている」感に苛まれる。それが、このところ強まってきている。もっと上手に
なりたいと思うココロと、それに応えようとするカラダの係わり合いが、ちぐはぐに感じられて仕方がない。

あすは、何を掴んでこようか。

|

« 摂氏二十四度 | Main | 病院と免許更新と »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あす:

« 摂氏二十四度 | Main | 病院と免許更新と »