« コルテオを上書き | Main | Nikkor 55mm f1.2 - Google Image Search »

May 07, 2009

和製英語だったのか

「最初のアットマーク(@)は1536年」:@の歴史 - WIRED VISION

なお、アットマークというのは日本での通称で、正式名称は単価記号。
英語ではat signと呼ぶ。国によって様々な名称があり、「かたつむり」
(イタリア語、エスペラント、ウクライナ語など)、「サザエ」(朝鮮語)、
「ねずみ」(台湾の中国語)、「小さな犬」(ロシア語)、「ゆれる猿」
(オランダ語)、「猿の尻尾」(ドイツ語)「ミャウ(猫の鳴き声)マーク」
(フィンランド語)、「シナモンロール」(スウェーデン語)、「ニシンの
巻いたもの」(チェコ語)などがある

「@」のことをアメリカ人が何と呼んでいるかなんて、これまで頓着したことがなかった。
それはさて措き、各国(語圏)で、この記号の見た目から生じたであろう呼び名がこれだけ
好き勝手に存在するのだから、初めてこれを見た日本人が、もしも「ナルト」と名づけて
いたとしても、それを責めることはできなかったんじゃなかろうか…

|

« コルテオを上書き | Main | Nikkor 55mm f1.2 - Google Image Search »

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/44935316

Listed below are links to weblogs that reference 和製英語だったのか:

« コルテオを上書き | Main | Nikkor 55mm f1.2 - Google Image Search »