« 自己暗示強化週間w | Main | アメ車好きか? »

Apr 17, 2009

コウガクキキノキキナノカ

【山田祥平のRe:config.sys】ネガは楽譜、プリントは演奏、そしてAdobeのDNGは
- PC Watch

「ネガは楽譜、プリントは演奏」というのは、写真家であり、音楽家でも
あったアンセル・アダムスが残した偉大な言葉だ。ここで改めて、DNGは、
あくまでもネガであり、リバーサルではないことを強調しておきたい。
つまり、現像済みのリバーサルフィルムが、鮮やかに発色し、そのままで
鑑賞できるのに対して、現像済みのネガフィルムは、そのままでは階調が
反転している上、カラーネガフィルムはオレンジ色のベースが絡んでいて、
実際の色がわからない。それをプリントにする段階で、色やトーンで演出
するのだ。だから、同じネガからでも、プリンター(デバイスとしてではな
く写真を焼き付ける人)のセンスや技術によって、まったく異なるプリント
ができあがる。

これは、高校生の頃にモノクロネガをプリントしたときの経験からも納得できる物言いだ。
そういった"演出"のプロセスを経た結果出来上がるのも「写真」なのだと思ってきたし、
今では、それをスキャナのドライバソフトやPhotoshop Elementsで行っていることも自覚
している。しかも、カラーネガやリバーサルであってもソレが自在だ。高校生当時は到底
考えられなかったことだ。

この"演出"は、銀塩写真(のデジタル化も含む)だけでなく、デジタルカメラで撮る写真に
ついても同様だと思っている。だから「"ネガ"としてのDNG」という、この考え方に与し
たいところもある…のだが、しかし、それにしても、次の下りは如何なものだろうか。

DNGの最新バージョンでは、カメラ・プロファイルと呼ばれる概念が取り込
まれるそうだ。これは、カメラの素性を記録したもので、本来なら自社の
カメラの素性を知り尽くしたカメラのベンダーが用意すべきものだ。カメラ
のベンダーが、撮像素子の特性などを正確に反映し、さらには、撮影時に使
われたレンズの特性などもいっしょに記録したデータを使うことで、データ
をより有効に扱えるようにする。

たとえば、歪曲などの収差や色収差などを抑制するために、カメラのレンズ
は、さまざまな工夫がこらされているが、収差はソフトウェア的に解決する
ものと割り切ってしまえば、恐ろしく明るいレンズが、低価格でできるかも
しれない。光学ファインダーをのぞけばバレバレだが、今後、カメラのファ
インダーがEVFに移行するようなことがあれば、ファインダーをのぞいても
収差に気がつかないで、仕上がりだけで満足してしまえるかもしれない。
DNGがやろうとしていることには、そういうテーマも含まれている。

「写真の撮影並びにデジタル処理を取り巻くスキーム」において、ひょっとしたら将来は
"単なる一つの"ディファクト・スタンダード足り得るものになるかも知れないモノに対し、
何もそこまで肩入れする必要はないと思う。ここで言う"割り切り"の先に続くことになる
のは「光学機器が滅びゆく道」じゃないのかと危惧するのは、果たして僕だけだろうか。

フィルムであれCMOSであれ何であれ、そこにしっかりと像を結ぶ光を目で見て捉えたいと
僕は思う。それを可能ならしめるレンズやファインダーというものを、大切に考えたい。

…とはいえこの僕も、すでにNikonのヴィネットコントロールの恩恵には浴しているハズ
なのだがw

12,326 steps 374.3 kcal 53.4 g

|

« 自己暗示強化週間w | Main | アメ車好きか? »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/44700772

Listed below are links to weblogs that reference コウガクキキノキキナノカ:

» デジタルカメラ 現像 [デジタルカメラ 現像]
デジタルカメラ 現像についての情報です。 [Read More]

Tracked on Apr 30, 2009 at 18:22

« 自己暗示強化週間w | Main | アメ車好きか? »