« Santa Fe 侵蝕 | Main | フイルム »

Feb 16, 2009

エネリーク

充電池を身近にした三洋「エネループ」開発の原点 - IT PLUS

しかし実際に使ってわかったのは、コスト以前に、eneloopが使って快適な
電池だということだ。自己放電が少ないので、以前の充電池のように使う
タイミングを見計らって充電する必要がない。使い始めて2年以上、かなり
の頻度で充電しているが、いまだにへたる気配もない。eneloopで、私の中
にあった充電池の印象はがらりと変わった。

三年前あまり前、ダイエー撤退に先立ちサトー無線が店仕舞いしたとき叩き売りしていた
ニッケル水素電池の単三と単四を何組か手に入れていた僕は、eneloopの登場当初はその
存在に懐疑的だった。だが、放っておいたニッケル水素電池が自己放電によりアッと云う
間にカラケツになる現象を思い知らされるにつけ、それらは徐々にeneloopへと置き換え
られ、今残っているのはワイヤレスマウス用の単四2コくらいだったはずだ。
そのほか、リモコンや懐中電灯やモータードライブwなどなど、消耗した乾電池が次々と
eneloopへ代替わりしていった。

ところで先々週のある日家捜しをしていたとき、ちょっと気が遠くなりそうな思いをした。
…1ダースほどの金パナ単三乾電池が死蔵されていたのが露呈したのだ。

|

« Santa Fe 侵蝕 | Main | フイルム »

Photography」カテゴリの記事

習志野 / 船橋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/44085580

Listed below are links to weblogs that reference エネリーク:

« Santa Fe 侵蝕 | Main | フイルム »