« SynClock Ver1.00 | Main | 仮復旧 »

Dec 26, 2007

凄まじき還暦

R0011188

感性のバケモノになりたい 十文字美信 ISBN978-4-7630-0730-8 C0072

四半世紀前、FEのユーザ登録ハガキを投函して送られてきた「新 ニコンの世界」という
分厚い冊子で紹介されていたこの写真家の、作品はともかく名前だけは記憶に残っていた。
…何となく、その名から連想されるような"流麗たる写真"を勝手に思い描きながら手に
取って軽く打ちのめされた僕は、コレを買うのを一週間ばかり躊躇っていた。

「僕が写真を好きな理由は、一度シャッターを切ったら、二度と同じ写真は撮れないからだ。
撮り直しは出来ないのだ。したがって、恥ずかしくても前を向いていくしかない。」

と言って撮り続けた四十年間の圧巻。団塊と呼ばれてきた世代の人々の凄まじさを改めて。

|

« SynClock Ver1.00 | Main | 仮復旧 »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 凄まじき還暦:

« SynClock Ver1.00 | Main | 仮復旧 »