« 26.5_2 | Main | 読了の対義語 »

Oct 14, 2007

読了

R0010800_2

読んでる間じゅう、閉め切った部屋の中なのに金木犀が薫ってくる気がしてならなかった。

| |

« 26.5_2 | Main | 読了の対義語 »

心と体」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

アラーキー・・

某ゲイ大の作家論で
好きな作家としてレポート出した
女子大生ってすごいと思いません?σ^^;

Posted by: まきねえ | Oct 15, 2007 20:21

そのころ高校生だったw僕は、"私小説写真家"なアラーキーには戸惑いを覚えてばかりでした。
「…ぅゎ70年代ダッセー!」みたいな視点も相まって。…でも、長いことずっと気にはなっていて、
93年だったかな?桑原甲子雄と共催の「ラヴ・ユー・トーキョー」展で一気に大好きになりました。

Posted by: USHIO | Oct 15, 2007 23:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了:

» 読了の対義語 [umblog]
…って、何だったっけ?ソレはさて措き、この順序で読み始められてよかったと思う。 [Read More]

Tracked on Oct 15, 2007 22:45

« 26.5_2 | Main | 読了の対義語 »