« May 2006 | Main | July 2006 »

Jun 30, 2006

午後出勤

Tsudanuma_060630_124401

明け方四時前、両手の猛烈な痒みで目が覚める。
昨夜より好転してはいるが、治りきったわけではない。午前半休をもらう。
自宅前の病院の皮膚科は本日休診だったので、市役所そばの病院まで足を延ばした。
…が、例によって対症療法、一日二錠の抗アレルギー薬と塗り薬を処方されたのみ。
一過性のものであるならば、ソレで御の字とするしかないか。
…この特急に乗り込みたいところだが、向かう先は真反対だ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 29, 2006

見直したワシアヒルと立体マダラ

先日の京都往還、700系のぞみの車中で僕は、W-ZERO3で幾度となくインターネット
接続を繰り返した。一旦アクセスポイントに繋がってしまえば、推定ふわわkm/h以上で
走っている状態でもセッションが途切れないというのは聞いていたし、実際にそういう
場面もあった。だが、それもハンドオーバーが何とかうまく繰り返された場合であって、
小田原から先は一転してキツくなった。…箱根の下をくぐり、窓外に製紙工場の煙突が
立ち並び始めたかと思うと今度は茶畑が流れゆき、続いて由比辺りの海岸沿いに出て…
と目まぐるしく駆け抜ける静岡県東部では、圏内と圏内を継いで渡り歩くことが難しく
うまく電波を掴まえることが叶わなかった。

Continue reading "見直したワシアヒルと立体マダラ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 28, 2006

Orange_2

Rhodia_060627_122501Rhodia_060627_122601

…コレでは間違い入らない。          コッチで正解らしいがすぐに千切れやしないか心配。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 27, 2006

Orange

Omikan_060627_122901

…じゃなくて、宇和島のミカン。
有難いことに、同僚の実家から毎年会社へ送られてくる。
年が明けたミカンには手を出さない僕にとって、まさしく初物。
おそらくハウスものだが、温室栽培っぽくないナリと味がした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2006

やはりBugあり

先ほど軽い気持ちで書いたのが、まるでウソから出たマコトみたいになってしまった。
今回はバックアップ/復元を四回続けて繰り返すと二進も三進も行かなくなるという、
"フツーの人"ではまず経験しなさそうな作業中に遭遇する現象らしい。まぁ…メーカーでは
そんなケースなんか想定していなかったと思われるから仕方がなかろうw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2006

1.04a

104a_060625_230802104a_060625_231401

またもや「更新中」の三文字が化けたが、手順どおりに(miniSD経由で)無事アップデート完了。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jun 24, 2006

SALE

Feet_060624_220701

久々に「ゴールドウィンファミリーセール」へ。最後に行ったのは五反田TOCだったし、
平和島TRCに来たのは去年の二月以来のことだ。
ナマ足でも装具履きでもイケる27センチの靴とTシャツ数枚に加えて、思わぬ収獲は
数年ぶりに買ったブルージーンズ。丸井のGAPに行かずに済んで安上がり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 23, 2006

大家逃げだす

確か春先のことだったろうか。昨冬ダイエーが撤退した後、がらんどうなままのサンペデック
の大家である日本生命が"入札方式"で店子を募集するも、賃料が高額でなかなか借り手が
つかない…といった噂話を耳にしたのは。

野村がどうのこうの…とかいうハナシは、数日前、駅の雑踏の中か電車内で小耳に挟んだ。

そしてきょう、僕の大家であり、やはり今後のサンペデックの動向に注目している兄から、
大家が逃げだすことになったと知らされた。

全面リニューアルには賛成だが、この雲行きだとあと一年くらいはかかりそうな気配だ。
…なんだかんだ云って、ひょっとすると都市伝説が伝説でなくなる事態もありうるかw

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Jun 22, 2006

Cutaway

Cutaway_060622_183601

昨秋新調した左足用短下肢装具。いつしか底張りの踵部分が千切れ、気になっていた。
今朝、出社してから装具を外し置き靴に履き替えながら…、ふと思い出した。きょう木曜は、
市川リハビリ病院へ週に一度装具屋さんが出張ってくる「装具外来」の日だったと。
電話を掛けて確認すると、きょうは予約患者が少なく、いつもより一時間早く14時過ぎに
装具屋さんは帰ってしまう予定とのこと。
午後半休の開始時刻は13時45分。どんなに精一杯急いでも到着は15時を越えてしまう。
これではお話にならない。時間休暇の設定がない就業規則を疎ましく思いつつ、丸一日の
休暇を当日申請する形を取って午前中いっぱい働き、昼食を終えるとすぐ会社を出発した。

Continue reading "Cutaway"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 21, 2006

気移り

東京タワーは、僕にとって特別なランドマークだ。港区の仕事場を渡り歩いて二十年近く
毎日のように見上げてきたし、現在の会社は物心ついて初めてその姿を目にした地点
の真ん前にある。

いつの間にか大展望台を白く塗り替えられ、てっぺん近くに地デジアンテナを戴くように
なって大きく様変わりした出で立ちには、いまだに馴染めない。だが、見上げればいつも
そこにある。愛着が薄れることはないし、100点満点中…65点くらいだが、美しいと思う。

Continue reading "気移り"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 20, 2006

Scanning

Image

きのう帰宅したらまるで誕生日プレゼントのように届いていたスキャナをきょう開梱した。
…が、それだけでは収まらず、ドライバをインストール、…だけでは飽き足らず、本体を
セットアップ…までで思い留まることもできず、スライドファイルから一枚だけ見繕って
きて、スキャンした。全工程滞りなく運んだ。…この一枚を選び出す作業を除いてはw

数百カットものコダクロームスライドに向き合ったのは、それこそ十数年ぶりのことだった
ろう。まさに"色褪せないグラフィティ"がそこにあった。気が遠くなるのを何とか堪えた。

で、たまにはいいじゃないスか♪…ということで、写っているのは1988年4月の僕だ(爆)

耽りたくなんかない。距離を置きたい。…てゆーか、この距離はもう埋めようがない(苦笑)

こんな道具を手に入れてしまうと、今後またこのようなココロの惑いに身を委ねることに
なりかねない。あくまで、これからフィルムに収めるもののために使ってゆきたいと思うw

わざとマウントの枠を残してトリミングしてみた。撮像面をフルサイズで取り込めるという
売り文句に偽りはなかった。入力解像度は試しにフルの3200dpi。ごく少々の補正をして
取り込んだ後、Photoshop Elements 4.0でさらに微補正…というより、結果的に元画像に
近い状態に戻した格好。「Web用に保存-中高画質」で800*600にしたつもりが、なぜか
取り込み原寸(4376*2984)のまま保存された。修練しよう。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

Jun 19, 2006

息つく間もなく

Tower_060619_205501

降って湧いた格好の頼まれシゴトに終始した一日を終え家路に就く。
昼休みがキチンと取れたのはまだ幸いだった。
人の頼みに応えるというのは嬉しいもの。
祝いごとは昨夜済ませてもらったしw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 18, 2006

T-MAX

Tmax_060618_204502

…といっても、一年後には乗っていてやろう(お…と今でも思っているヤマ発製500のこと
ではなく、その昔使い慣れた400でもなければ、初めて手に取る100だ。FM3Aに初装填
することになるフィルムは、おそらくコレだ。

一年前にカルチャーショックを覚えた船橋のさくらやで売られていたのは、ごく限られた
種類のフイルムだった。キオスクにあるホットドリンクウォーマー状のガラスケース二棹の
それぞれに、コダックとフジのリバーサルが閑散と並べられているのが目に留まった。
「盗難防止装置つき」とか書かれたシールが貼ってあったから、扉を開けたら「ビー」とか
いう音を立てたのだろうが、結局、その音を鳴らすことはなかった。

もしもその中にコダクローム64があったなら、当然ながらそれを選んでいたはずだ。
だが、その発色があまり好みではなかったエクタクロームにも、知らぬ間に世に出ていた
エリートクロームとやらにも触手は伸びず、非常に評判の高いフジクロームVelviaに対しても
「…またいつか、こんどね」という感じで及び腰。
ネガフィルムは?、モノクロは?…と、売り場のごく限られた一角を二周りほどしてようやく、
保冷されていない棚の上にネガフィルムが慎ましく積まれているのを見つけた。
ここでも本当は、T-MAXが発売されるまでの定番で、ヨドバシでは「40枚撮り巻き」も入手
できたTri-Xの姿を探したのだが、それもなかった。今やマニアックな筋となった商品など
ここでは望むべくもない、…のかと思いきや、T-MAXの400がない代わりに、P3200という
初めて目にするフィルムが積まれていたりする。

あれから一年経ち、銀塩市場のより一層の縮小化を実感したのも船橋という地ならではの
ことか。…尤もあのとき、ここへフィルムを買いに来る己れを想像することなどできなかった
のだが。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Jun 17, 2006

背中押し

待ち構えていた出物を押さえた。
…てゆーか、ショップのメルマガという投網に見事に絡め獲られた格好かw

| | Comments (3) | TrackBack (3)

Jun 16, 2006

Withdrawal

【イラク陸自、20日すぎに撤退発表へ 】
イラク南部サマワに駐留する陸上自衛隊の撤収をめぐり、英政府が今月20日に
サマワを含むムサンナ県の治安権限を多国籍軍からイラク政府に移譲すると伝えて
きたことが16日、分かった。

第何次隊なのかは知らないが、駐留が始まってから、もう二年以上は経っているだろう。
このまま無事に任務を終えて戻ってきて欲しい。

"彼の地の名前"を耳にして戸惑うことがなくなる日を待っている。

NHK度の濃いTV視聴傾向の結果、民放ニュースや新聞や政府高官らが呼び慣わす
"サマワ"という名前は、僕にとって耳馴れないこと極まりないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 15, 2006

迷惑メールの迷惑3

さっき、兄のauケータイにC-mailを送った際、またしても迷惑メールの迷惑を蒙った。
自宅近所にできた料理屋の店名を問うたメールに、メモってあった電話帳から住所・電番
もコピペし返信!…してから思い出すのだ、間髪いれずエラーメールが返ってくることを。

「…宛てに送信されたメールは、文面にURL・電話番号が含まれる為ブロック機能により
破棄されました。au」

…すべて漢数字と長音符に打ち替え、ブロックを掻い潜った。

おかげで、C-mail経験値がまた上がった。こないだは、マンションのエレベータで目撃した
【緊急事態】を報せるため、背に腹は代えられず、生まれて初めて"絵文字"を用いたw

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 14, 2006

Being Advanced ?

Notready_060614_200501_0001

今年度中に私鉄・バスも「スイカ」になるらしいと聞いてはいたが、思っていたより
導入が早まったのか、それともそれは僕の単なる思い込みで、計画どおりなのか?

この、傾斜したセンサー部を備えた改造自動改札機は、ここ神谷町だけでなく霞ヶ関にも
並びはじめた。着実に、何かが変わりつつある。
東京駅では先週から券売機周辺の大改装工事が始まった。その喧騒を嫌ってのことなのか
サムライwが現れなくなったのが大きな変化だが、自動改札機はまだ従来型のままだ。

因みに記事によればSuicaとは、Super Urban Intelligent CArdという意味も込めた
造語だそうだ。知らなかった。「スイスイのスイカw」だけじゃなくて、高度な技術やら
逞しき商魂やら何やら…を、そんなにも思い入れたっぷりに表現した呼び名だったとは。
E電の轍を踏まなくてよかったね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jun 13, 2006

PRETZ

Pretz_060613_183801

100円お菓子ボックスの引出しを開けたらコレが目に留まり、すかさず100円玉を投入。
左京区は下鴨西本町の芹生中京区は新京極通四条上ル中之町546のスタンド
食した「えんまめ卵とじ」を思い出したからだ。

もちろん、ソレと同じものであるはずがないが、その記憶を取っ掛かりに選んで大正解。

…ビールをくれ、いま、すぐw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 12, 2006

Bug?

…確か、金曜の夜更けのことだったと思う。しつづけ、ふと
このBlogを開くと…、我が目を疑った。その時点で最後に投稿していたはずのエントリー
の代わりに、全く身に覚えのない"日記"が、トップページに掲げられていたからだ。

電車の中で"何か"を貪り食う"例の女性"をまた見かけた…とかいう内容の、女性と思しき
見知らぬ投稿者からの投稿だった。投稿日は2005年の10月中旬。そんなシロモノが、なぜ
突然目の前に現れたのか、さっぱり訳が分からない。携行していたSigmarion3で自ら投稿
した記事一覧を検索してみたが、もちろん僕はそんな投稿はしていなかったし、その日に
この謎の日記が挿入されているわけでもなかった。…ますますもって面妖な心持ちになる
よりほかなかった。

内容をぱっと見るに、イカガワシイ目的のコメントスパムの類いではなさそうだったのが
まだ救いといえば救いだった。…が、深読みしたり原因を考察したりするより、とにかく
早くソレを消してしまいたかった。己れが全く与り知らぬ言辞が素知らぬ顔でそこにあり、
人目に晒されていることが何より居心地悪くて仕方がない。ホテルの一室で僕はカフカの
「変身」の主人公になったような気分を味わうのだった。ただ、大きく違うのは、あれが
朝から始まるつくり話だったのに対し、これは、深夜の京都で現実に起きている出来事だ
ということだった。

今にして思えば、そのエントリーの"Permalink"をクリックするとか、ココログスタッフ
宛てにバグレポートするためのネタ集めなどしておけばよかったのかもしれない。だが、
そのときは「何とかしたい」でアタマがいっぱいいっぱい。とりあえず、最後に投稿した
にも関わらず表示されないままだったエントリーの編集画面を開き、保存してみた。
…何ごともなかったかのように謎の日記は消え、元どおりの僕のBlogになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 11, 2006

Terminal

Terminal_060611_175701

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Stand_2

Stand_060611_130701Stand_060611_133801
Stand_060611_134401Stand_060611_141001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Stand_1

Stand_060611_125901
Stand_060611_130201Stand_060611_130202
Stand_060611_131701Stand_060611_132401

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Yasaka

Yasaka_060611_101501_0001Yasaka_060611_105101
Yasaka_060611_105201Yasaka_060611_110601_0001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 10, 2006

Serho_3

Serho_060610_200101Serho_060610_203901
Serho_060610_205702Serho_060610_214802

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Serho_2

Serho_060610_185202
Serho_060610_185501Serho_060610_191401
Serho_060610_192501Serho_060610_193301

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Serho_1

Serho_060610_181001
Serho_060610_182301Serho_060610_182302
Serho_060610_183601Serho_060610_184101

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sosui

Sosui_060610_142502

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Toshoku_11

Toshoku_060610_140401_0001
Toshoku_060610_134301Toshoku_060610_134401
Toshoku_060610_134801Toshoku_060610_140001_0001

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tenmangu

Tenmangu_060610_120901Tenmangu_060610_121201
Tenmangu_060610_122101Tenmangu_060610_122401

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wandering

Wandering_060610_114601_0001Wandering_060610_120002

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Gardens

Gardens_060610_103002Gardens_060610_104201_0001
Gardens_060610_104601Gardens_060610_110202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 09, 2006

Manganji

Manganji_060609_212201

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_10

Toshoku_10_060609_210101Toshoku_10_060609_210102
Toshoku_10_060609_210701Toshoku_10_060609_211401

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_9

Toshoku_09_060609_163901Toshoku_09_060609_174001
Toshoku_09_060609_181702Toshoku_09_060609_185101

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_8

Toshoku_08_060609_150201_0001Toshoku_08_060609_150601
Toshoku_08_060609_151301Toshoku_08_060609_152801

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_7

Toshoku_07_060609_145301Toshoku_07_060609_145601
Toshoku_07_060609_145801Toshoku_07_060609_150001

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_6

Toshoku_06_060609_130701
Toshoku_06_060609_125401Toshoku_06_060609_125501
Toshoku_06_060609_125502Toshoku_06_060609_125601

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_5

Toshoku_05_060609_120201Toshoku_05_060609_120401
Toshoku_05_060609_121901Toshoku_05_060609_122301

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_4

Toshoku_04_060609_100601Toshoku_04_060609_101601
Toshoku_04_060609_102801Toshoku_04_060609_103101

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_3

Toshoku_03_060609_095301

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_2

Toshoku_02_060609_094401Toshoku_02_060609_094601
Toshoku_02_060609_094602Toshoku_02_060609_094603

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Toshoku_1

Toshoku_01_060609_092901Toshoku_01_060609_093101
Toshoku_01_060609_093102Toshoku_01_060609_093201

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 08, 2006

Delayed

Delay_060608_083501_0001

運転見合わせを知ったのは、津田沼駅に着いてから。
とはいえ、十分ほどで運転再開。
二十分の延発となった四本前の電車に揺られ、いつもより五分程度の延着で済んだ。
途中、車掌がこまめに状況をアナウンスしていた。
全て東京折り返しとなった列車一本一本を慎重に捌くため、
途中駅で数分ずつ停車した。
終点間近の地下区間では、トンネル内の立ち往生を避けるべく、長めに駅に留まった。
…全て、車掌のアナウンスで折り込み済みだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 07, 2006

Banking

ワシが翼を広げたような鼻先とあるが、やや"アヒル度"が薄れた程度がいいとこだ。
「『速さ即ち美しさ』とかなんとかいうのはウソ八百だ」とまで思い詰めてしまうほどの
相変わらずのカッコ悪さw
これを創り上げた素晴らしい技術力や関係各位の苦労を否定する気は毛頭ないが、
幼い頃「♪ビュワーンビュワーンは・し・る」と唄いながら思い浮かべた超特急は、
こんな成りをしてはいなかった。図鑑の未来予想図に描かれていた分かりやすい流線型の
乗り物ともかけ離れている。…そして今、未来は現実となって目の前にある。

300系のぞみは大好きだ。正常進化として受け容れることができる。が、そこまでだ。
…あまりに速すぎるということは"罪作り"になるのかもしれない。

東名高速を走っていてキツい(=退屈なw)区間の一つ、静岡―掛川間にあるカーブが
高速化のネックの一つになっていたことは知らなかった。ここを減速せずに走るべく
自律的に車体をバンクさせるという。オートバイに乗る感覚に近いのかと夢想しかけたら、
そのバンク角は何と、わずか1度。これで東京―新大阪間が五分短縮になると云われても、
ソレが果たして凄いことなのかどうか、もはや僕には分からない…。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Jun 06, 2006

Neighbourhood

いつの間にやらImpressWatchRobotWatchなるサイトが新設されているのに気づいたのは
数日前。…きょうの昼下がり、antennaに上がったヘッドラインの見出しが目を惹いた。

千葉工業大学、新型レスキューロボット「Hibiscus」を発表

自宅から目と鼻の先のキャンパスの中で、こういう研究が地道に行われているのだな…と
ふと思う。…そういう感慨そのものが懐かしいような…何だか、ひっかかるものを感じて
ブックマークを漁ってみたら、一年ちょっと前の記事に行き当たった。

千葉工業大学、人を乗せてデコボコ道を踏破する「チャリべぇ」
~車輪と4脚のハイブリッドロボット

用途も仕様も造りもかなり異なるが、いちばん大きな違いは、そのネーミングセンスだw
…指導教授が替わったことによるものなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 05, 2006

Getting Home

Feet_060605_192501

自分で云うのもヘンだが目利きになったかw、きのうイオン津田沼で見繕ったこの靴は、
装具履きの左足に一度でいとも容易くスポッと収まった。先日ナマ足用を選んだときの
格闘
がまるでウソのように、汗一つかかなかった。
サイズは前回と同じ27センチだが、木型のまるで違う靴。いきなり足馴染みがよいので
もう一足、モンクではなく紐締めのタイプも買って、日替わりで履いてゆくことにした。

…ずっと以前はそうしていた。同じ靴を毎日続けて履いてはいけないのだ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jun 04, 2006

Taking A Walk

Footstep_060604_161801

通勤靴を見繕うつもり。
だから週末には珍しく装具履きだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 03, 2006

Re-Install

Trebuchetms_060603_204001

表示フォントを何とかしてみようとあれこれ格闘する。
「プロポーショナルフォントを使用する」にチェックを入れると"MS UI Gothic"が選択
できるようになり、よく見ると"Trebuchet MS"も設定できた。
…見映えはPC閲覧に幾分かは近づいたが、"Trebuchet MS"は表示されない。
さらに、何度か起動するうち「書き込みできません」とアラームが出て固まるようになる。
いったんアプリケーションを削除し、再インストールを試みるも、「SDカード空き容量無し」
と出た。以前の作業の際念のため退避させておいたファイル類の大掃除をし、復旧。

Continue reading "Re-Install"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 02, 2006

今年ももらった

Nyoirin_060602_152001

去年六月に撮ったとき、翌月に装置が更改されることは聞いていた。
MRI室の中にでーんと控える、まだ真新しいベッドつき巨大ドーナツは
予想以上に大柄に見えた。その直径は、出入り口の間口より明らかに
大きかった。ドーナツ正面のてっぺんには、大きく"SIEMENS"のロゴ。

「シーメンス」と補聴器のCMで自ら名乗っているが違和感ありあり。
「ジーメンス事件」で知った企業名だし、独語の発音規則からしても
「ジーメンス」が正しいはずだが、やはり事情があるらしい。

「…相変わらず五月蝿いんですが、音の感じが前とは変わったんですよ」
と問わず語りに撮影技師が云う。…まるで"きのうの続き"のように語るその口ぶり
から察するに、去年"1/fゆらぎ"の効能を僕に語ったあの技師なのだろうが、顔を
覚えていない。珍しいことだ。
「…でも、最後にちょっとビックリするかもしれません」

以前は、時計が刻むノッチのようだったアイドリング中のバックグラウンドノイズは、
クジラの鼾を間近で聴くが如き音色に変わっていた。…聴いたことはないがw
…確かに、あの削岩機風の音は、「線が細くなった」ような塩梅だった。
…撮影時間もやや短くなった気がする。

最後の仕上げのとき、予想外にもベッドの上を足元から順繰りに波動がやってきた。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Jun 01, 2006

Download/Install

Zipファイルを1回ダウンロードし、解凍。Cabファイルを片やSD、此方miniSDにコピーし
…ごにょごにょw…無事に動作している。やや軽い趣き。タブ4つまでは問題なく開ける。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2006 | Main | July 2006 »