« 金箱3 | Main | 青ガエルとマッコウクジラと »

May 18, 2006

…そして手にする

Fm3a_060517_173401

五年前に思い描いていた組合せをついに手にする。数十コマ空撃ちし、操るマネをしてみる。
十年ちょっと前までは当たり前の所作だったのに、ソレが今やステキな違和感に転じている。
二十年前に買ったFE2とは大違い、今世紀になって造られた写真機ゆえ単体としては新同品。
だが、全速度ハイブリッドすなわちメカニカルのシャッターから漏れ聞こえるガバナー作動音は、
それよりさらに遥か昔、父から借りて使っていたminolta SR系のそれを彷彿とさせる。
ただのコレクションにはしたくない。

|

« 金箱3 | Main | 青ガエルとマッコウクジラと »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

10VALVES / YCMtg」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

おぉっ、買いましたか・・・ FM3Aですね?

デジタル一眼を使うこと2年・・・
デジタルならではの、利便性は捨てがたいけど、
写真の ”真”実を”写”すと言う言葉を使うのなら
銀塩ですよね。

僕も、欲しかったりします・・・

Posted by: hayabou | May 18, 2006 08:05

僕としては、電磁的な記録であれ化学反応の痕跡であれ、それが"現実の相似"であるならば、
そこに厳密な区別を見いだそうとは思いません…って、なんだかカタいですがw。
要するに「撮りたいものを撮りたい」とか「見たいものを撮りたい」とかいう風に思ってるん
でしょうね僕の場合は。

まず何より撮る行為そのものを楽しみたい。

それに現像・焼き付けにも一時期ハマったことがあるから、デジタルでそれに類する作業をする
のも苦になりません。
…尤も、かつて銀塩メインだった頃も最後は「撮りっぱなし」を旨としていた(撮ることだけで
充足していた又はメンド臭かった(爆)とも言う)ので、今回もそうなるかもしれません(苦笑)

Posted by: USHIO | May 18, 2006 12:54

FM3A… アコガレはしたものの、お値段びっくりの反動で買う事はありませんでした。そんなわしはminolta SR-T Superのカシャコンと言うメカシャッターと、minolta X-700のピシャっと言う電子シャッターを愛でています。メインはデジタルに移行しつつありますが…

Posted by: Ken | May 18, 2006 21:25

いいですねえ。
初期型のFM持っていますが
電池が無くなっても
なんとか動く気楽さがいいです。

ニコンサービスもって行って
オーバーホールしてみよっか。

Posted by: まきねえ | May 19, 2006 00:36

> Kenさん
当時、つくしの界隈のファミレスだか都筑だか揚州だかでそんなハナシをしましたよね>FM3A高い
FM3Aは、まさしく「カシャコン」とシャッターが切れます。低速だと「カシャ…じ~…コン」w
二十年選手のFE2よりも古色蒼然たる風情。でもそれが、演出された味わいとか洗練とかじゃなくて
「真面目に造ったらこうなりました…ハイ」という風に感じ取れて、なんだか小気味よいです。

> まきねえさん
あれ?デジ一の方はどうなさるんですか?w
…MFレンズ資産を活用するならD200…か、いっそのことD2Xとかですよっw…さ、キヨミズバンジー(爆)

Posted by: USHIO | May 19, 2006 12:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference …そして手にする:

» T-MAX [umblog]
…といっても、一年後には乗っていてやろう(お…と今でも思っているヤマ発製500 [Read More]

Tracked on Jun 18, 2006 23:20

« 金箱3 | Main | 青ガエルとマッコウクジラと »