« 分別(「フンベツ」に非ず) | Main | 聞き逃さなかった。 »

Mar 07, 2006

アッという間だったんだな2

チェルノブイリ事故20年、放射線なお許容の90倍

「あの頃から二十年」という区切りを、またしても意識させられる。今後も生きていく上で
幾度となく迎えることになる節目の一つなのだが、ついこないだまで「あの頃から十年」
が精々だった身体感覚から、まだ抜けきれていない。
「子供だった頃から三十年!」なら、もうそれは自明の理として受け容れるしかないが、
「あの頃から二十年」と思うたび、まだ馴れることのできない距離感そのものに対して、
気が遠くなりそうになる。

山手線の電車が二十年で総入れ替えになったというニュースを目にした去年の春
以来、折に触れて想いを馳せている1980年代のできごとの上を、"区切りという隈取り"が
また一つ、通り過ぎてゆくのを見送る。まるで、地球の自転を追い越して軌道を周回する
スペースシャトルが、夜の世界から昼の世界に追いつき、また追い越してゆく映像のような、
それに似たイメージが、頭の中を過ぎる。

軽い屈託の中で過ごした十代後半をようやく終え、まるで憑き物が落ちたような気分の
僕の二十代が始まったばかりの頃、まさしく冷や水を浴びせかけるように、チェルノブイリ
原発事故は起きた。だから事実上、"僕にとっての80年代"は、"チェルノブイリ後の世界"
に重なる。
ニュースで第一報を知って釘付けになった深夜以来、刹那的な気分に囚われる日々が
しばらく続いた。とはいうものの、得てして気分がそれほど長続きはしない性質なのだ。
にもかかわらず、その後数年間にわたって刹那的な行動は続き幾星霜…現在に至るw

自らの来し方にばかり想いを馳せるつもりではなかった。

「広島型原爆500発分の放射性物質が放出された」とあるのを読むと、あの夜の震撼が
甦ってくるようだ。現在でも人が立ち入れない石棺内部には、消火作業中に放射線病で
命を落とした作業員の遺体が、そのままになっていると聞いたことがある。

誰も、彼に会いに行くことはできないのだと。

|

« 分別(「フンベツ」に非ず) | Main | 聞き逃さなかった。 »

心と体」カテゴリの記事

1970's / 80's」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アッという間だったんだな2:

« 分別(「フンベツ」に非ず) | Main | 聞き逃さなかった。 »