« 年は越さないようだ | Main | 見届ける、味わう »

Nov 30, 2005

今夜で見納めかもしれない

Daiei_051129_203101Daiei_051129_203001

今月に入ってから閉店時刻が一時間半繰り上がり21時半になったが、店仕舞いの30日だけ
は18時で店を閉じてしまうのだった…。

Daiei_051129_211801最も足繁く通った3Fのサトー無線は一足早く20日に閉店
しており、広大な"開かずの間"を創り出していた。

売りつくす覚悟とか悲壮感とか、
買いつくす熱気とか高揚感とか、

2Fでも1Fでも、それらは希薄だった。

「昼も夜も晴れの日も雨の日も、27年間ありがとうございました」

この貼り紙にだけは、何だか正視に耐えない感情が
立ち上ってくるような気がした

B1の食品や日用品の売り場では、いたるところで
まるで20年前にTVで見た"レニングラードの市場"
的様相を呈していた。

その一方で、特定の商品が夥しく陳列されていたり。


なぜかよく目に付いたのが「キレイキレイ ハンドソープ 詰替用 200ml」だった。


Daiei_051129_212302Daiei_051129_212901

今夜で見納めかもしれないオレンジ色に光る月。
レストラン棟の方をよく見ると、撤去用と見られるイントレが、すでに高く組み上げられていた。

|

« 年は越さないようだ | Main | 見届ける、味わう »

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

ブラスバンドな中学生の頃、勉強のために習志野文化ホールでクラシックコンサートを見て、そのパンフレットにあった「銀座アスターにてライチ無料」という広告に釣られて、何も知らない中学生は「ライチってナンダ?」と無料ライチを食すただそれだけのために銀座アスターに乗り込んだことが思い出されたよ。恐いもの知らずっつーか(苦笑)。当然ソレが出てくるまで30~40分ぐらい待たされたっけなぁ。

Posted by: 柳 暖簾 | Nov 30, 2005 14:09

> 暖簾さん

えーっと、感慨に耽らずともよさそうですよ(笑)
レストラン街ビルにある旭鮨の店員によると、あそこの飲食店の方はひとまず安泰らしいですから。
揚州商人のような"ダイエーの店子"とは違って"サンペデックのテナント"ゆえ、そうなる道理だとか。
同じ理由で、ユザワヤに面した反対側にある洋服の青山も「ダイエーが閉店した後も営業続けます!」
って幟を立ててアピールしてます。

でもまぁ、そうは云っても、真中に構える文化ホールの下が丸ごと灯が消えてがらんどうになるワケ
で、通行人以外の人が今まで以上に集わなくなる気配濃厚ですから、先行き明るいとは言い難いです。

ただし、後ほど帰り着いたら判明するであろう謎が一つ。「"コム・サ・イズム"はどうなるのか?」
サンペデック正面玄関周りの一角を引き締めてきたこのお店、ここのところ小幅なディスカウントは
していたけれど、あくまで"周りに合わせている"といった風情で「閉店売りつくし」に奔走している
ようには到底見えなかったんです。扇情的なPOPの類いも一切無し。もしかしたら"別テナント"の
ケースなのかも。…でも仮にそうだとして、このテのお店が"幽霊屋敷"で店を開き続けるだろうか?
とか、そもそも入口がダイエーと一緒だったじゃないか、とかなので、恐らくは…

因みに揚州商人は、ダイエーが終わった18時以降も「生き延びて」、通常どおり明朝4時に店仕舞い
するそうです。

Posted by: USHIO | Nov 30, 2005 18:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今夜で見納めかもしれない:

» 見届ける、味わう [umblog]
津田沼に帰り着いたのは、ダイエー津田沼店最後の閉店時刻をとっくに過ぎた21時前 [Read More]

Tracked on Dec 01, 2005 00:41

» おわりのあと [umblog]
一昨夜、ポスターと棚だけを残しコムサは蛻けの殻になっていた。 いっぽう揚州商人 [Read More]

Tracked on Dec 03, 2005 19:16

» In Progress_7 [umblog]
21:06@谷津一丁目 きょうがプレオープンだと知ってはいたが、つまりはナニ、1 [Read More]

Tracked on Mar 12, 2008 23:53

« 年は越さないようだ | Main | 見届ける、味わう »