« ペンタゴンへの途 その2 | Main | 実らず »

Sep 02, 2005

包装変更

Daifuku_050902_150201

港区は虎ノ門三丁目、岡埜栄泉の「岡埜の大福」。最後にお目にかかったのがいつだった
かは忘れたが、以前は、商標が印刷された透明なてらてらのビニール袋に包装されていた。
…今思えば、老舗御菓子司らしからぬポップさを醸していたとも受け取れるが、いかんせん
食べ難かった。

子供の拳大ほどで、大量の粉を皮の表面に纏った大福を、決して口が大きくないビニール
袋から取り出すと、辺り一面に粉が落ちた。粉が落ちないよう、ビニール袋から少し大福を
繰り出して口に運ぶと、こんどは唇の周りが白くなった。

この新しい包装では、裏返して包装紙を開くとそのままそれが受け皿代わりになる。大福を
まるごと心置きなく一掴みで大きく開いた口に持っていける。
…と見て取れたので、以前のように、後刻別室にて人目を憚るように食するのではなく、この
後すぐ、大口開けて二口で平らげたのだった(笑)

|

« ペンタゴンへの途 その2 | Main | 実らず »

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 包装変更:

« ペンタゴンへの途 その2 | Main | 実らず »