« 読みは当たった | Main | 斑尾準備 »

Jul 15, 2005

写真をもらってきた

去年は長野出張からの帰途に立ち寄る格好になった東中野健診センターの脳ドックだが、
今年は朝九時からの予約だった。

いつもの東京止まりの総武快速に普段着で乗り、混みようのない中央線快速下りで新宿へ。
同様に客をあらかた吐き出した中央線各停(つまり千葉や津田沼から直通の総武線各停)に
乗り換え二つ目の東中野へ着いた時点で、津田沼を出発してから一時間経っていなかった。
津田沼から各停に乗りっぱなしだったとして、新宿までがちょうど一時間くらいなのだ。
津田沼発に乗れれば座りっぱなしだったかもしれないが、まさしくラッシュアワーにあって、
あれだけの長距離を走って都心へ向かい通り抜ける間に停まる駅の数、ドアの開く回数、
乗り降りする人の数…を想像した時点で、"各停スルー"は却下した。快速が終わった零時
以降の深夜帰宅便の混雑だけでじゅうぶんだ。

肝腎の脳ドックは、コレで生涯五度目?の、MRIの騒音を枕にしたうたた寝から目覚め、
技師さんから"眠くなるワケ"を訊きだせたのが、まずは収穫だった。
「あの騒音の中に、"1/fゆらぎ"の波形が含まれているんだそうです。私たちも操作室で、
あれを聞いて眠くなることがあるんですよー(笑)」
因みに来月から新装置に更改されるそうだ。相変わらず羽振りが良いぞウチの健保組合w

…あれ?と思ったのはその後。本日はこれで終了、判定結果は後日郵送しますと言われた。
去年はこの後、上がってきた写真を見ながら、専門医と「あぁでもないこうでもない…」と
語り合ったことが印象に残っていたのに。写真のみで判定はできるとして、本人との面談
は行わないことに合理性があるとしてやり方を変えたのだろうか?解せないまま着替えを
済まし、会計に向かう。

やはり去年そうしたように、写真の貸し出し希望を申し出る。あっちこっちの主治医に、
念のためモニタリングしてもらう必要を感じるからだ。去年と同様に着払いの手続きを…
と言うと、受付の女性、困惑した面持ちで奥に控える事務方に内線を入れる…

やがて僕の前に白衣を着た女性が現れ言うには、午前の脳ドックを始めたのは今年からで
担当医が来て判定を行うのは午後、それが終わらないと写真は持ち出せないと。さらに、
写真の送付は原則として行っていないので、後日改めて取りに来てもらう必要があると…

できれば来週末の脳外科医の診察には持参したいが、来週いっぱいは動くことができない
ので、可能ならばきょう受け取りたい。去年は出張帰りの荷物を抱えていたため、大判の
写真を持ち帰れなかったので送付をお願いしたようだが、きょうなら持って帰れる…と、
こちらの事情を色々と訴えると、「…ならばなんとかしてみましょう」的手応えとともに
白衣の女性は奥に消えた。

小一時間ほど待たされた後、大判のビニール手提げ袋を渡された。
今朝MRIに入る前に問診した医師が判定したのだろうか?この場で何も言わないという
ことは、いつぞやのような一大事は起きていないということか?…といった疑問は、今に
なってふと感じること(苦笑)、手渡されたときはそれどころではなく我が耳を疑っていた
んだもの。
「この写真は差し上げます。ご返却の必要はありません」

空気を運んできた各停に東中野で乗り込み、座席端の壁とカラダの間に写真を挟んで、
津田沼まで揺られて帰ってきた。
自宅真ん前の老舗キッチンでアラビアータを食べる傍ら、写真入り手提げ袋を立てかけて
おいた。

MRI_050715_132301帰宅して、初めて取り出す。MRI写真が三枚、MRAが二枚。
明かりにかざしてみる。

…初めて「何てことはない」と感じた気がした。

もちろん素人だから、新たな疾患がどうのこうの…なんていうのは
判るはずもない。そうじゃなくて、「特徴のあるアタマだよなぁ」
くらいには感じたが、それ以上でもそれ以下でもなかった…みたいな。


…考えてみたら「独りで見る」のは初めてだ。これまでは、必ずその場に医師や看護師がいたし、
手術直後に見たときは、そこに家族もいた。

|

« 読みは当たった | Main | 斑尾準備 »

心と体」カテゴリの記事

習志野 / 船橋 界隈」カテゴリの記事

Comments

写真持ち出せないって?今どき全部デジタル処理だろうからそんなことないですよね?まあ柔軟に対応してくれた方ではないでしょうか。

昨年の長野出張ってアレですか?(笑)

Posted by: くコ:彡 | Jul 16, 2005 01:14

まぁ、手元に写真がきたので結果オーライなんですが、確かに解せない点が多いです。
何らかの"バックアップ"を取っていたから待たされたのか、あるいは渡されたものがバックアップだったのか…
それに、「もらえる」とは思ってもみなかったので、文字どおり"何も言えない気分"です(苦笑)

長野出張のことって、何かMLに書いたっけなぁ?…って紐解いてみてみました。そしたら…
新幹線車中でメールをDLしたら、「暴君ハバネロ携帯ストラップ」を紹介するH本さんの書き込みを発見、
脳ドックを終えた足で渋谷の特設キオスクまで買いに走ったことを思い出しましたw

Posted by: USHIO | Jul 16, 2005 08:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真をもらってきた:

» 十日ぶりに [umblog]
明日、会社へ戻る。写真を撮ったり遠くへ飲みに出かけたり入院したり…アッと言う間に [Read More]

Tracked on Jul 24, 2005 21:26

» 今年ももらった [umblog]
去年六月に撮ったとき、翌月に装置が更改されることは聞いていた。 MRI室の中に [Read More]

Tracked on Jun 02, 2006 17:24

» ゆらゆら [umblog]
07:30@神田佐久間町 この三年来、毎年今頃の時期に受診している脳ドック。きょ [Read More]

Tracked on Jun 29, 2007 20:09

» 1 fゆらぎとfMRI - Google 検索 [umblog]
1 fゆらぎとfMRI - Google 検索 アクセスログから辿った、誰かによ [Read More]

Tracked on Aug 09, 2009 22:29

« 読みは当たった | Main | 斑尾準備 »