« 朝錬 | Main | ゆく春2 »

May 09, 2005

ゆく春

きのう秋津辺りで鼻を擽られ、気も漫ろになるのを何とか堪えて朝錬会場へと歩を進めた。
きょう、予想どおり大使館隅の古木が薫っていた。
今年は太い枝を切り払われてしまったせいか、何だか薄く、水っぽく薫っている気がする。
…「掘りたてのタケノコの皮を剥いた匂いみたいな…」という喩えで、この薫りに対して
好感を示していた人とも、十二日ぶりに顔を会わせた。

|

« 朝錬 | Main | ゆく春2 »

タワー / 飯倉 / 蔵前 / 新宿 界隈」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゆく春:

» ゆく春2 [umblog]
クスノキの大使館隅の古木。 左側三分の一ほどが切り払われたにも関わらず、今を盛 [Read More]

Tracked on May 10, 2005 12:47

» 節分だったとは [umblog]
暦の上ではきょうから冬なのだった。迂闊だった。…とはいえ、地団駄を踏むほどでは [Read More]

Tracked on Nov 07, 2005 19:00

» まさに萌え~ [umblog]
会社を出た刹那、陶然。何と云われようと大好きだ。蓼食う虫も好き好きでいいのだw [Read More]

Tracked on May 13, 2006 00:45

« 朝錬 | Main | ゆく春2 »